有馬記念回顧とゴールドシップ引退とスクリーンヒーロー


[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード

遅ればせながら歓喜の第60回有馬記念回顧。

7.0 – 11.7 – 12.2 – 12.5 – 12.7 – 12.8 – 12.6 – 12.6 – 12.0 – 11.9 – 11.5 – 11.3 – 12.2

6枠の2頭が前に行くというのは大方の予想通り。
その2頭の鞍上がノリとルメールだったので極端な瞬発力勝負になるようなスローには落とさないだろうと思っていました。

全体の走破時計が2:33:0が示すように、昨年のように13秒台のラップが続くようなところはなかったものの大きくは緩まないゆったりとしたスローな展開。
先行して最後までしっかり脚を使える馬に有利な展開になりました。

勝ったゴールドアクターはテンから出していきスタート直後はハナに立ったものの、キタサンブラックがハナを主張するやすんなりと先頭を譲り、3番手の内にポジションを確保。

内心この場面で「よし、行ける」と思いました。あとは吉田隼人騎手が落ち着いて騎乗してくれれば少なくとも馬券にはなるだろうと。

やはりまだG1勝ちの経験はないジョッキーだけにその点だけが不安でした。

しかしそれも杞憂でした。
隼人騎手はゴールドアクターのことを本当によくわかっていて、スタート後も自信を持って出していきましたし、指示に素直に動いてくれることについて何の不安もなかったようです。

ゴールの直後、蛯名騎手と横山典騎手の二人が吉田隼人騎手に祝福の声を掛けていたシーンが関東の両ベテランが同じ関東の中堅を労っているようでとても良いシーンに見えました。

2着のサウンズオブアースは1周目のスタンド前で引っ掛かるような仕草を見せ、勝負どころのペースが上がったところでは前が詰まるなどあまりスムーズな競馬は出来なかったように見えましたが、最後はクビ差まで迫っているのですからやはり強い。

あの厳しい菊花賞の後、今年春から日経賞、天皇賞春と使われて今年5戦目。
菊花賞を勝ったトーホウジャッカルがまだ立ち直りを見せていないことを考えるとよく頑張っていると思います。
春まで休養してしっかり疲れを取れば来春の天皇賞ではやはりゴールドアクターの強力なライバルになるんでしょうね。

3着キタサンブラック。
自らペースを作り、終いもしっかりと粘りきっての3着。
菊花賞のレースはロスなく進めたからという理由からかリアファルよりも人気は下でしたがこちらもさすがは中山巧者、これで中山では重賞ばかりを使って[2.0.2.0]の成績ですから不当に低い評価だったような気がします。

1番人気8着と引退レースを飾ることはできなかったゴールドシップ。

それでも向こう正面では最後方から捲って3コーナーでは3番手の外まで押し上げました。場内盛り上がりましたね。やっぱりスターホースだなあと。
3番手集団の外にいたマリアライトがゴールドシップに並ばれたところで簡単には捲くり切らせないとばかりに動いていったところでついていけなくなってしまったのは往年の力には足りなくなっていた、ということでしょうか。
それでも最後までしっかり走り切って勝馬とは0.3秒差での入線ですから力は出し切ったように思えます。

来春からはビッグレッドファームで種牡馬入り。同じような個性的な産駒の登場を待ちたいと思います。

単勝1番人気はゴールドシップに譲りましたが連勝馬券では1番人気だったラブリーデイ。

秋4戦目、天皇賞秋を勝ち、ジャパンカップでも3着好走と疲れがあって当然と思われる状態で人気も背負うでしょうから馬券的にはノーマークにしたかった1頭ですが、枠順があまりにも良すぎたので押えてしまいました(笑)
掲示板確保の5着はよく走ったとも思えますが、あの枠順で今年G1を2勝、重賞6勝の実力を考えるとやはり余力はあまりなかったと考えるのが妥当でしょう。

有馬記念はどれだけ余力が残っているか、というのが大きなポイントだというのは今年も変わらなかったということだと思います。

3番人気リアファル。
3コーナーからずるずると後退したので何かあったのかと心配しましたが当日の発表では左肩跛行とのこと。
能力は高い馬だけに大きな怪我になっていないことを祈ります。

ゴールドシップ引退ということで多くの観客が集まった中山競馬場。
引退式にもとてもたくさんのファンが残って、最後の勇姿を見送ったようですね。

いつ走るかわからない気分屋と言われましたが、いつも自身の力を出しきる走りは見せてくれていたと思います。

要はレース展開が彼の出せる能力にハマるかハマらないか、ということだけがポイントだったと思います。

実際、阪神・中山が得意で京都・東京が苦手という評価になっていた時期もありましたが、阪神・中山のほうが彼の得意な展開になることが多かったというだけで、G1は阪神、京都、中山の3場でそれぞれ2勝しているわけですし、東京でも重賞勝ちはありました。

本当に強い馬だったと思いますし、愛されて然るべき馬だったなあと。ファンが多いのも頷けます。

 
 
4歳になってモーリスがマイルG1を3勝し、ゴールドアクターも有馬記念を制覇。
 
春には3歳馬のミュゼエイリアンとグァンチャーレが重賞制覇してクラシック出走を叶えました。
 
ダート路線には重賞を狙えそうなプロトコルやクライスマイルという馬も出てきていますし、今年の2歳戦最初の勝利もウインオスカーが決めてくれました。
 
繁殖牝馬に恵まれていたとは言えないスクリーンヒーローがこんなに活躍馬を出してくれるとは正直想像していませんでした(笑)
 
まだ牝馬路線には活躍馬は出ていませんが、今年のモーリスやゴールドアクターの活躍を見ると成長力の高さを感じますし、いつか牝馬路線でも活躍馬は必ず登場してくれると思っています。
 
 
来年の2歳世代からは種付け頭数も増えているのでだんだんと全馬追っかけるのは厳しくなっていきますが、これも嬉しい悲鳴。
 
長く応援している血統が活躍してくれることの嬉しさを堪能した一年でしたし、来年以降もこれはきっと続いてくれるんだろうなあととても楽しみにしています。

ゴールドアクター!


[有馬記念] ブログ村キーワード

今日は東京競馬場、パークウインズ東京で有馬記念を楽しんできました。

朝、地元の調布駅から京王線に乗車。
競馬場線に乗り換える東府中駅には特急は東京開催がある時以外には停車しないのですが今日は中山開催にもかかわらず特急が停車していました。

毎年のことですが馬の走っていない東京競馬場にもとても多くのファンが集まっていました。
少なくともヴィクトリアマイルの時よりも多くの人が集まっていたと思います。有馬記念恐るべし。。。

結果は皆さん御存知の通り、我らがスクリーンヒーロー産駒のゴールドアクターが快勝!
こんなに嬉しい年の瀬は記憶にありません(笑)

事前に予想の記事を投稿することはできませんでしたが、当然のようにゴールドアクターから馬券を購入。

有馬記念

吉田隼人騎手がどれだけ落ち着いて騎乗できるかが勝負の分かれ目、と思っていましたが想像以上に落ち着いた騎乗で完璧と言える騎乗だったと思います。

G1初勝利ですがおそらく彼はかなり自信はあったと思います。

ゴールドアクターという馬の操縦性の高さもあるでしょうが、力むところもなく好位を追走し直線でお手本のように前を行くライバルを捉え、後ろからの追い込みをきっちりと抑えこむ完勝でした。

終わってみれば昨年の菊花賞3着馬、2着馬のワンツーに3着には今年の菊花賞馬。

有馬記念と菊花賞の親和性の高さを思わせる結果でした。

本当に幸せな有馬記念でした。

 
 
これで今年の年度代表馬はモーリスか、はたまたラブリーデイか。
意見は大きく別れることになるでしょうね。
 
いっそスクリーンヒーローに年度代表馬の称号を与えたい、そんなことを思う今年の活躍だったと思います。
 
来年は一層の活躍を期待したいと思います。
 
 
スクリーンヒーロー、バンザイ!
 
素晴らしい一年をありがとう。

師走ステークス 予想


[師走S] ブログ村キーワード

土曜日中山のメイン、師走ステークスがオッズが割れていて面白そうですね。

この記事を書いている13:18現在で1~3番人気がすべて単勝5倍台、馬連1番人気でも10倍とどこからでも狙えそうな感じです。

ダート1800mなので基本内枠の先行馬を重視というのがセオリーですが、5枠の2頭が逃げたいでしょうし、大外のトミケンユークアイもできれば逃げを打ちたいタイプ。
内枠に入ったニシケンモノノフも好位キープで積極的な競馬になりそうな枠順ですし、ペースはそこそこ流れて中団から差してくる馬に展開は向きそうな気がします。

1番人気ですが5.1倍となかなか良いオッズのついているランウェイワルツでイイかなという気がします。

相手には内で脚を貯められそうなソロル、外から前を見ながら仕掛けどころを図れそうなキクノソル、内で楽に先行できそうなニシケンモノノフとダブルスター、スタミナ比べの展開になればしぶとく脚を伸ばしてきそうなモズライジンの5頭に流してみたいと思います。

馬連で8-5.15.2.1.7の買い目で遊んでみようと思います。

 
 

 
 
阪神メインの阪神カップは昨日のエントリーで書いたようにダイワマッジョーレ本命で。
 
馬連2-4.5.7.12.14.16.17の馬連7点で。
 
有馬記念はいろいろと考えていますが、やはり有馬記念ですし一番応援したいゴールドアクター本命で馬券を買おうかと思っています。
単勝と馬連流しか3連複1頭軸流しか。
 
「ゴールドはゴールドでもゴールドアクターだ!」という実況に期待したいと思います。

穴党大好き、阪神カップ


[阪神カップ] ブログ村キーワード

さあ、穴党の大好きなレース・阪神カップの季節がやってまいりました。

第2回以降、3連単の配当は毎年10万円超、第1回も8万円超の配当となっている下位人気馬激走レースです。

昨年は的中できてないと思いますが個人的にも比較的相性の良いレースという感触を持っています。頑張るぞ~!

阪神カップもリピーターの多いレースで2013,2014年はリアルインパクト、2011,2012年はサンカルロ、2009,2010年はキンシャサノキセキが連覇しているほか、2012,2013年にはガルボが連続2着となっています。

この辺に毎年毎年荒れる要因がありそうですね。

阪神カップはG2とは言え2歳G1並の賞金ですから前走にスプリンターズSやマイルチャンピオンシップなどのG1を使ってきたような馬も出走してくるわけです。

ところがこれらG1で求められる能力と阪神内回りの1400mで求められる能力はまったく違うので前走G1で大敗していたような馬が馬券圏内に入ってきて荒れる、そういう特徴のあるレースなのだろうなあと、だからこのコースを得意としている馬が何度も馬券圏内に好走するのだろうなあと、そう思うわけです。

というわけで今年も阪神内回り1400mの得意な馬を探していくのが得策じゃないかと思います。

すると浮上してくるのは昨年3着し同コースの阪急杯を今年の春に勝っているダイワマッジョーレ。

テイエムタイホーやマイネルアウラートも前走阪神内回り1400mのOP・準OPを勝っているので適正はありそうですが、重賞実績を考えるとダイワマッジョーレに分がありそう。

近5走では前々走スワンSで5着しているものの他は2ケタ着順3度を含む着外となっていますし、オッズ的にも妙味はありそうな気がします。

枠順も1枠2番とロスなく進められそうですし、直線前がうまく開いてくれれば昨年同様の馬券圏内は十分にあるのではないでしょうか。

相手には先行しそうな人気薄を中心に流し馬券、そんなふうに考えています。

アクティブミノル、クラレント、テイエムタイホーなんかが面白そうかなあ。
外枠ですがマイネルアウラート、スマートオリオンも抑えたいところです。とにかく荒れる前提で馬券は組み立てようかと。

人気になりそうなビッグアーサー、ロサギガンティアあたりは1枚も買わない予定。ウリウリは押えてしまいそうだけど(笑)ト、イイナガラ ビッグアーサーヲケスノハ、ムボウナキモスル。

 
 

 
 
土曜日には名物レース・中山大障害もありますね。
人気は障害入りして5連勝中のサナシオンでしょうか。
いずれのレースも逃げて圧勝。これに逆らうのはお金を捨てるようなものでしょうか?
 
馬柱を見ると人気どころは前に行って強い馬ばかりのようなので穴を狙うなら道中控えていって平地の脚で未勝利を勝ってきたエイコーンパスなんかが面白そうな気がします。
 
といってもヒモの1頭、というところなんでしょうね。
 
こちらは馬券は買わずに観戦になりそうです。

第60回有馬記念の枠順を見て


[有馬記念] ブログ村キーワード

有馬記念の枠順が決まりましたね。

クリスマスイブの夜、いわゆるクリぼっちを楽しみながら枠順を確認しています。

ゴールドアクター、4枠7番に入りました。
真ん中より内目の枠で先行馬のアクターにはなかなか良い枠ではないかと。

ヒットザターゲットが1枠2番。
内に入ると人気薄でも好走するタイプなのでこの枠はとても良いのではないかと思います。ジャパンカップ大敗、7歳馬という高齢、人気になる要素はありませんから面白い存在かと。

逃げると予想されるリアファルは6枠12番。その内、6枠11番に先行タイプのキタサンブラック。

どちらかというと後方に控えるタイプの多いメンバー構成ですが、キタサンブラックの出方によっては序盤にそこそこ流れる展開になるかもしれません。楽しみ(^^)

追いきりの動きがとても良く見えたルージュバックは7枠13番。
有馬記念のコースは外枠は不利と思われていますがルージュバックはもともと後方から行きますからそれほど大きな不利になるとは思えません。
外枠が嫌われて人気を落とすようなら狙い目としてはなかなか良いのではないかと思います。

ラブリーデイ。自分のイメージではこの馬が一番人気じゃないかと思うのですがどうでしょう?
絶好の2枠4番。

有馬記念では天皇賞、ジャパンカップで力を出し切ってお釣りのない馬は人気になりがちだけど凡走することも多いということを考えると、ラブリーデイは人気を背負ってくれて馬券圏外になるタイプの筆頭じゃないかと思ってたのですが、この枠は大きな助けになりそう。
嫌いたいのですが切り難い枠になってしまいました。悩ましい(笑)

注目のゴールドシップは8枠15番。

これまで有馬記念には3回出走して7枠13番、7枠14番、7枠14番でそれぞれ1着、3着、3着。外枠がそれほど大きな不利になるとは思えません。引退レースを飾れるでしょうか。
当然馬券からは外しにくい1頭です。

4連勝中のアルバートは3枠6番。
ロスなくレースを進められれば一気のG1奪取もありそうな枠に入りました。
モーリスと同じ堀厩舎。
ラブリーデイの戴冠を阻止すれば同厩舎のモーリスが年度代表馬の可能性も高まりますから陣営も力が入ってるんじゃないでしょうか。

ワンアンドオンリーも4枠8番と真ん中の好枠。ダービー馬ですが昨年の有馬記念こそ13着に負けていますが中山では弥生賞2着、皐月賞4着の実績。
直線に急坂のある阪神でも神戸新聞杯勝ちがありますし、けっして中山コースが向いていないわけではないと思います。復活があっても不思議ではないと思います。

拾いたい馬は多数(笑)悩ましい有馬記念ですが、ゴールドアクターを軸に据えてどんな馬券を買おうかなあと今からとても楽しみです。
 
 

 
 
最近、Amazonのプライムビデオにハマっています。
 
試し期間に解約するのを忘れて意に反してAmazonのプライム会員になってしまったのでせっかくだからプライムビデオを見倒してやれと(笑)
 
fireTV stickというのを買うと家のテレビで見られるのでなかなか良いです。
↓これ

 
まんまとAmazonの策略にハマってる気もしますが、これだけいろいろなのが見られるのなら年会費3900円はかなりお得な気がしてきました。他にもいろいろプライム会員のサービスもあるわけだし。。。
 
罠だな、うん、罠だwww
 
 
ちなみに今、気に入って見てるのがワカコ酒というアニメ。
1話、2分の短いアニメですが、、、面白いです。お酒好きな方、是非に(^^)