予想上手の馬券下手とはよく言いますが

オールカマーはショウナンパンドラが勝って「自分の予想もなかなかだね」と思いつつ、馬券的には全然ダメダメだったふぉんてんです。

なんで?前の記事ではこんなこと書いてるのに。

オールカマーは展開を考えるとショウナンパンドラかな~と

展開は想像していた並びとは少々違っていましたがショウナンパンドラの差し脚が活きるパターンに嵌ったにも関わらず馬券はハズしてしまいました。

なんで直前になってマリアライトを軸にしてしまったのか。
外枠はちょっと難しいよなあと思ってたくせに。バカバカ。

3着にも面白いんじゃないかと思っていた7番人気のミトラが入ってヌーヴォレコルトが2着に入って3連複5,030円なんてメチャクチャ美味しい配当だったのに。

精神的にダメージの大きな結果となりました、ハイ。

前半1000m通過が60.8とそれほど早いペースにも思えませんでしたが離して逃げたマイネルミラノは11着惨敗。

見かけ以上にキツイ展開だったんでしょうか。内を通れる先行馬に有利な馬場だったと思うんですけどね。

勝ったショウナンパンドラは秋華賞とは対称的に外から豪快に差してきました。

2着のヌーヴォレコルトは先行集団を見る中団からの競馬で、ミトラはそれと並ぶ位置からレースを進めキレでは1枚劣るとみた柴山騎手が早めの仕掛けに行ってこれが功を奏しての3着。

なんかペースや隊列は想像してたのとは違いましたが上位馬のレース展開は金曜日の予想にドンピシャでハマってたのに。

途中で軸馬を変えて上手くいくことってないなあと改めて思い知らされました。

神戸新聞杯はこんな予想してましたが(兄弟同日勝利が掛かる神戸新聞杯)、馬券はリアファルからの馬連流しで一番安いところで決まって一応の的中。
まあトリガミにはならない程度の回収でした。

直線に入ったところではバイガエシやレッドソロモンが一瞬イイ脚で伸びかけたのでその3頭で決まらないかとドキドキしたんですけどね。

なかなかそううまくはいかないものです。

今週は早くもG1スプリンターズステークス。

外国馬もいてまたまた難しそうな一戦です。
ビッグアーサーは現状だと除外になりそう。出られれば面白い1頭なんですが。

それと前走で惨敗したハクサンムーン。人気を大きく落とすようなら人気がない時の逃げ馬は要注意なので狙いたいところ。
また逃げずに番手に控えるようなら用無しだと思いますけどね。

どうなりますか。

[レース回顧] ブログ村キーワード

オールカマーは展開を考えるとショウナンパンドラかな~と

オールカマーは面白い出走メンバーになりましたねえ。

人気はヌーヴォレコルトにロゴタイプ、ショウナンパンドラあたりでしょうが、マリアライト、マイネルミラノ、タマモベストプレイといったところも侮れません。

中山では芝ダートを問わず好成績のミトラなんかは個人的にはとても面白いんじゃないかと思ってますがどうでしょう。あまり人気にもならないでしょうし。

展開的にはこのメンバーならメイショウカンパクが逃げる形でしょうか。
内からセキショウとマイネルミラノが続いてその直後に有力馬2頭ロゴタイプ、ヌーヴォレコルトという隊列が想像できます。

先週の中山芝は開幕週よりも逃げ先行に有利に変ってきているので、今週も同様であれば先行馬も揃っていることもあり淀みのないペースでレースが進みそうな気がします。

ただ今週からCコースに変わるので馬場状態がどうなっているかには注意しておきたいところ。
開幕週のように柔らかな馬場で差し追い込みが十分に届く状態なら騎手の心理もまた違ってくるので案外スローになることもあり得ますが・・・

人気2頭が先行タイプなので展開は差し追い込みに向く形になると考えていて、その点からは同じくG1勝ちがありながら人気的には少し落ちそうなショウナンパンドラが軸の狙いとしてはいいのかなあと感じます。

マリアライト、サトノノブレスといった差し馬を相手の中心にして、ヌーヴォ・ロゴの2頭を押えに、ミトラ、マイネルミラノあたりまで流す馬券、というように展開からは考えていますが。

馬場状態には十分に注意して馬券を組み立てたいところですね。

そのためにも土曜日のレースをしっかりチェックして、できれば重賞の軍資金も稼いでおきたいところです。

だいたい返り討ちにあうのが落ちですがw

ところで地方馬はもうオールカマーには出走しないのでしょうか?
そろそろレース名を変更しても良いような気がする。。。

[オールカマー] ブログ村キーワード

兄弟同日勝利が掛かる神戸新聞杯

いまだに神戸新聞杯というと2000mのイメージが残るふぉんてんです。

過去の神戸新聞杯で記憶に残るのはキョウエイボーガンの勝った1992年。

この年の春のクラシックではミホノブルボンが皐月賞、ダービーの二冠を逃げ切り、秋は果たして本質はスプリンターのブルボンが三冠馬となれるかが注目されていた年。

そこにキョウエイボーガンが神戸新聞杯を逃げ切り勝ちして菊花賞に名乗りを上げたので展開的に面白いのが出てきたな、と思ったものです。

実際、菊花賞でも大逃げを打ってミホノブルボンの三冠の邪魔をした、という評価をされて批判されたりもしてましたね。

でも、これはその前の京都新聞杯でミホノブルボンにハナを譲って完敗していたので、本番でああいう作戦を取るのは陣営としては当然だろうと思ったりもしましたけどね。

中長距離になると序盤スローに流れるレースが多いので、キョウエイボーガンのようにレースをいいペースで引っ張る馬がいると見る立場としては面白いと思うんですけどね。

ツインターボとかメジロパーマーとかサイレンススズカとかホワイトフォンテンとかタップダンスシチーとかカブラヤオーとかアイネスフウジンとか。。。

ディープインパクトのように豪快に追い込む姿もカッコいいですが、ハナから緩いペースにすることなく逃げて持てる能力をすべて出し切るレースをしてくれる馬が好きです、はい。

エイシンヒカリなんかもっと強くなってワクワクさせてほしいなあ。。。

さて、前置きが長くなりすぎ、しかも横道に逸れてしまいましたが。

今年の神戸新聞杯はリアルスティールが注目を集めますが脚質は差しタイプ。

直線の長い阪神外回りでもありますし、前に行く人気薄の馬が穴を開ける展開になりませんかね?セントライト記念のように。

実績的にはリアルスティールで断然だと思いますが、他はあまり差のないメンバーのような気がします。

他に上位人気に支持されそうなのはキロハナ、アルバートドック、ティルナノーグ、マッサビエルといったところでしょうか。

前に行きそうなところだと内枠のサンライズセンスやレッドソロモン、リアファルなんかが先行しそうです。

各馬の前走を見るとリアファルが逃げるんでしょうか。

それにしても各馬ともガリガリ先行したいタイプでもなさそうなのでさほどペースは上がらないような気がします。

リアファルが逃げてそのまま押し切り、異父姉のマリアライトもオールカマーに出走しますし東西で同日姉弟重賞制覇なんてないですかね?

ちょっと期待したいところです。

できれば人気薄のサンライズセンスとの行った行ったで。

人気のリアルスティールが骨折休養明けだけに波乱の結末、というのも十分に可能性はあるんじゃないかと。

まあ、リアルスティールのほうは同日に中山で全兄弟のブロディガルサンが芙蓉ステークスに出走するので同日兄弟オープン勝ち、というほうがずっと可能性は高そうな気がしますが・・・穴党はそれではツマラナイわけで。

そんな金曜日の予想とも言えない希望的展開予想でした。

[神戸新聞杯(GII)] ブログ村キーワード

爪切りどこにありますか?

おはようございます。
シルバーウィークも終盤、如何お過ごしでしょうか。ども、ふぉんてんです。

3日間開催の最終日、中山競馬場に行ってきました。

朝は少々出負けして到着したのは大荒れの1Rが終了した10時20分頃。
中央門から地下のベンジャミンプラザへと通じる通路に入ると何故かサンダーバードのお出迎え。

1

2

3

どうしてサンダーバードなんだろう?と思いつつ、最初の放送があった頃は夢中になった番組だったのでちょっとテンションが上がりました。

子供の頃、サンダーバード2号のプラモデルを買ってもらって遊んでいたことを思い出します。

今、新シリーズが土曜日の夕方に放送されているのは知っていますが、JRAは何かコラボでもしてるのでしょうかね?
そんなことを思いつつスタンドに向かうと想像以上の人の数。JRAの発表によると総入場人員は33,212人。

体感的にはもっとたくさん居たような、まるでG1がある日のような賑わいでしたがセントライト記念の日っていつもこんなに来てました?
前日予想では2レースと6レースが狙いのレースだったのでそそくさと2レースの馬券を購入。
が、狙ったコイキは終始後方のまま、直線で少し押し上げたものの10着惨敗。
前日、芝の1200mと1600mで人気薄のマツリダゴッホ産駒がともに2着3着になってたので狙い目だと思ったんだけどなあ・・・

同じように6レースでは前日ダートの1800mで共にハーツクライ産駒が勝ってたのでエビスシハーブを狙ったのですが中団から直線まったく伸びずに10着。

やれやれと思いながら少し馬券を休んで場内をウロウロしていると。。。

インフォメーションのお姉さんに「爪切りどこにありますか?」と尋ねているオジサンがいました。

何故、爪切りがある前提の質問なのか。そして競馬場で爪切りが必要になる状況ってどんな状況なんでしょうか。

競馬場ってこういうちょっと不思議なオジサンをちょいちょい見かけるのでそういう人を観察するのもなかなか楽しいものです。

自分たちが陣取っていた前の席には朝からパンをツマミに缶チューハイを飲んでる人がいましたし、まるでパジャマのような服を着てスリッパで競馬場内をウロウロしているオジサンがいたり。。。寝室かよw

そんな面白可笑しいオジサンを見ているうちにセントライト記念の時間が近づいてきました。

スクリーンヒーロー産駒応援隊の私はパドックにミュゼエイリアンの姿を見に行きました。

4

あいかわらずチャカチャカと少し落ち着きのない様子は健在で状態はなかなか良さそう。

これといった逃げ馬も見当たらないメンバーだし、鞍上ノリなのでこれはおそらく逃げるだろうなあと。

5頭いる重賞勝ち馬のうちの1頭なのに500万条件を勝ち上がったばかりの馬よりも人気がないなんてずいぶん舐められたもんだなあと。

展開的にはかなり恵まれそうなのでこれは全然狙い目だろうと馬券を購入。

5-1

いや~、ハマりました。願わくば頭で来てほしかったところですが、まずまず良しとしましょう。

信じるものは救われる。

勝ったキタサンブラックはパドックで背が伸びたなあ、脚長くなったような気がするなあと思ってみてました。こちらも6番人気と不当に低評価。リアルスティールやダノンプラチナを抑えてスプリングステークスを勝っているのに。
絶対狙い目だよねと思いヒモの1頭に取り上げました。バンザ~イ!
なぜか場内に花畑牧場の販売ブースがあったのでお土産に生キャラメルとチーズを買って帰りました。

6

7

競馬って楽しいですねえ・・・

[中山競馬場] ブログ村キーワード

ローズステークス 予想

シルバーウィーク、怒涛の5連休、如何お過ごしでしょうか。

ども、ふぉんてんです。

私も今日から5連休、のつもりでいるのですが会社の人間には通じてるのだろうか?
もしかしたら普通に呼び出される気もして・・・

でも、月曜日は中山に行くから会社からの電話には出ないもんねwww

そんなことはさておき、ローズステークス。

桜花賞馬、オークス馬揃い踏みです。

秋華賞のステップとしてはローズSが王道だとは思いますが、意外にこんなにメンバー揃うのは珍しいのではないでしょうか。
ショウナンアデラが捻挫で回避してしまったのは残念ですが。秋華賞、間に合うでしょうか。捻挫って軽度の骨折よりも時間がかかりそうなイメージですからね。

さて。
1番人気は当然のようにオークス馬ミッキークイーン。

阪神の外回り1800m。
だいたい力通りの決着になるコースですが、意外にもローズステークスは1着には1~2番人気馬が来るものの、2~3着には人気薄が来ることも多いレースです。

この世代の牝馬限定の重賞では前掛かりのレースになることはほとんどなく、このレースもメンバーを見渡すとまずスローの展開になると思われます。

桜花賞のようにレッツゴードンキがハナを奪ってそのまま逃げ切るか、スローの一団になって瞬発力勝負のディープインパクト産駒向きのレースになるかのいずれかになるかなあと思います。

枠順を見ると内目の4番、5番に先行しそうなシングウィズジョイ、プレミオテーラーが並んでいます。
一方、逃げも打てるレッツゴードンキは真ん中より外目の10番枠。

ゲートを好ダッシュしたらレッツゴードンキがハナを奪う可能性は高いと思いますが、折り合いさえつけばハナにこだわるタイプでもないので枠順の並びを見ると、シングウィズジョイとプレミオテーラーが楽に逃げ、番手で行きそうな並びだと考えます。

当然ペースはスロー。2頭が雁行していけば後続は巻き込まれまいとして離れた位置で抑えこんで見た目よりもスローになる展開になるのではないかと思います。

能力と展開を考えての印は

◎       8番ミッキークイーン
◯    10番レッツゴードンキ
▲        4番シングウィズジョイ
☆        3番アンドリエッテ
△1     5番プレミオテーラー
△2  12番ディープジュエリー
穴        6番ライトファンタジア
×       13番トーセンビクトリー

となりますが、馬券の買い方には工夫が必要かな、と。

◯▲△1△2穴のワイドBOXでもけっこういい配当がつくのでまずはこれを買って、◎から前に行きそうな人気薄の▲△1穴への馬連3点で遊んでみようかと思っています。

△1のプレミオテーラーは前日オッズでは単勝80倍台なのでなかなか面白いのではないかと。。。

ローズステークスはそんなふうに考えています。

当たりますように(-人-)。

[ローズS] ブログ村キーワード