根岸ステークスにロゴタイプ?

ども、ふぉんてんです。久しぶりに昼間の更新。

今週から東京開催、楽しみに待ってたホームグラウンドです。
中山までは1時間半くらい掛かりますが府中なら25分ほど。やはりこの差は大きいです。
毎週競馬場に行ってしまいそう(笑)

その東京開催第1週、日曜日は競馬場参戦の予定ですがメインは根岸ステークス。

何が出てくるのかなあと登録を見たらなんと46頭。多過ぎだよw
とりあえず収得賞金順に並べてみると

グレープブランデー、シルクフォーチュン、ロゴタイプ、アドマイヤロイヤル、マルカフリート、ゴールスキー、ワイドバッハ、キョウワダッフィー、ブライトライン、サトノタイガー、エアハリファ、ポアゾンブラック、フリートストリート、マルカプレジオ、キョウエイアシュラ、コスモソーンパーク・・・

ここまでで16頭。
以下、キクノストーム、レーザーバレット、ジョヴァンニ、タイセイファントム、サトノプリンシパル、エアウルフ・・・と続きます。

どの馬が出られるのかさっぱりわかりません。
週刊競馬ブックを見ればある程度わかるのでしょうが今週はちょっと忙しくてまだ見てません。
(忙しいと言いながら昼間にこれ書いてるのもどうかと思いますがwww)

ロゴタイプがダートを試すんですね。しかも1400m戦とは。
好走したら当然フェブラリーSということになるんでしょうか。金杯でもトップハンデを背負って2着と好走してますから復活の兆しは十分ですが果たしてダートは向くんでしょうか?
父ローエングリンは3歳時に500万クラスのダートで1勝を挙げていますが古馬になってJCダートと平安ステークスでは2桁着順に負けていますしどうなんでしょう?
母ステレオタイプは園田で2勝してるのでまったくダメということは無さそうな気もしますがちょっと微妙。
ロゴタイプ自身が芝でスパン!と切れるタイプとはちょっと違うのでいいのかもしれませんが、それ言うとゴールドシップなんてダートの鬼かもしれないし(笑)

登録馬を眺めて良さそうだなと思うのは武蔵野ステークスで鮮やかな差し切りを決めたワイドバッハでしょうか。鞍上武豊だし人気にもなりそうですが。
今度はオッズ的に妙味がありそうなのは武蔵野ステークスで1番人気を背負ってゴール寸前ワイドバッハに差されて2着のエアハリファかな。
今度はロゴタイプ、ワイドバッハがいるのでそれほど人気にはならないと思いますがどうでしょう。

まあ出走馬・枠順の確定を楽しみに。

・・・しかし、ロゴタイプがダートかあ。そういえばアジアエクスプレスってどうしてるんだろう?

[根岸ステークス] ブログ村キーワード

2015年第1回開催最終週の振り返り

ども、先週日曜日の中舘騎手の引退式にちょっと心動かされたふぉんてんです。
まさに個性派ジョッキーでしたね。
ツインターボのオールカマーやヒシアマゾンのクリスタルカップは本当に印象深いレースでした。

クリスタルカップ

中舘騎手 引退式

予想する側にとっては中舘騎手がいると展開も想定しやすくとてもありがたい存在でもありました。

アンカツが引退の時にも感じたけど、中舘騎手の引退でこれほど心動かされるとなると武豊騎手の引退の時には号泣してしまいそうな予感・・・(笑)

それはさておき簡単に先週の重賞の振り返りを。

まずは土曜日の京都牝馬ステークス。

逃げる馬が見当たらずペースが速くなるイメージはない、と言っておきながら先行馬たちを軽視した結果の大ハズレでした。┐(´д`)┌ヤレヤレ

道中のラップは
12.4 – 11.3 – 11.7 – 12.4 – 11.9 – 11.7 – 11.0 – 11.5

1000m通過が60秒ジャスト。牝馬限定戦とはいえこのクラスのマイル戦としてはやはり速いペースではなかったと思います。
外目の枠から思い切り良く先手を主張してハナを取り切ったのは内田騎手のファインプレイ。
ただ他の2~5番手で先行した各馬は8着以下に沈んでいることを考えると一団で進んだ先行集団は能力差もあるでしょうがストレスの大きなレースだったのかもしれません。

勝ったケイアイエレガント以外で掲示板に乗ったのは上がり33秒台のキレを使えた馬たち。
平均程度のペースで一団で進みキレ勝負の展開、という読みは当たっていたと思うのですがその展開で上位に来ると考えた馬が全然違っているのは能力や特徴を全く把握できてなかったということですね。

そんなレースで馬券買っちゃダメでしょという結果でした(笑)はい、反省。

続いて東海ステークス。

これは、、、といういうかこれも各馬の能力を全然分かってなかったという感じですね(笑)
コパノリッキー、こんなに強いと思ってませんでした。コパさん、ごめんなさい。
もう展開とかそういうの関係なく、各馬がこの日の力を出し切ったレースに思えました。
結果あの着差ですし、もうこのメンバーではコパノリッキーの力が抜けていたと。
本命にとったランウェイワルツは現段階ではまだ力が足りていませんでしたね。
これももう少し素直に馬券を考えるべきでした。

そしてAJCC。

ゴールドシップを当然の本命としてヒモ荒れに期待したのですが。

調子は良さそうでしたよね。
コースも向いているはず。なのにあの結果。
明らかに岩田騎手の騎乗ミス、というか岩田騎手はゴールドシップの特徴を全く理解していなかったのかなと思う騎乗でしたね。
そして中山の外回り2200mというコースもよくわかっていなかったのかもしれないと感じました。そんなに中山での騎乗経験が少ないはずもないと思うのですが。。。

あのスローペース、外回りの2コーナー奥から直線まで下り坂になっているコースの特徴、そしてゴールドシップの切れないけど長くどこまでも伸びると思わせる脚質を考えると明らかに仕掛けが遅すぎだったと思います。
単勝1.3倍の断然人気馬に乗る騎乗としてはお粗末すぎ。

馬を追う腕は確かですしカンも鋭い騎手だと思うので馬券を考えるときには重視せざるを得ない人ですが、思った通りクレバーな騎手ではないなとつくづく思わせるレースぶりでした。

対して勝ったクリールカイザー。
田辺騎手の好騎乗が光りました。
先手を取りながら向こう正面ではハナを取りに行ったラインブラッドと無理に争うこともなくマイペースをキープ。
4コーナーでは再び先頭に立つとその後は積極的にスパートを仕掛け後続を封じる競馬。
今回は一番上手く乗ったと思います。

何より東海ステークスのコパノリッキーから降ろされた同日に他場で重賞勝ちとか騎手としての意地を見せる騎乗だったな、と。

ま、本人はそんなことは考えてないんでしょうが(笑)

馬券的には散々な週末でしたが、いろいろと気づくことも多い第1回開催の最終週でした。
この辺をしっかりと自分のものにして次の東京開催、第2回京都開催に繋げたいところですね。

・・・ところで蛯名騎手、今週末も騎乗するみたいな記事も見かけるのですがしっかり休んで治すことも大事じゃないのかなあと心配してます。
今年もクラシックで期待できるお手馬もいるし応援している騎手の一人なので後々に悪い影響のないことを願います。

予想 東海ステークス

ども、ふぉんてんです。

2週間開催のメイン、東海ステークス。
2週間開催ってなんだよ!と文句を言いたい気もしますがJRAの人の入る中央4場に重点を置くという流れは変わらないのでしょうね。
中京地区のファンの方は残念でしょうし、去年の夏リニューアルオープンであんなに盛り上がった札幌開催も今年は確か1週少なくなっていたはず。
競馬法の関係もあるのでしょうがもう少し裏開催、ローカル開催も大切にしてほしいものだと思うのは私だけでしょうか。
ライブの面白さを伝えるイメージCMやってるならもっと全国の競馬ファンがたっぷりとライブで競馬を楽しめるような開催日程を組めないのかなあ~と。。。ブツブツ

ま、それはそうと東海ステークス。
G1フェブラリーステークスを目指す馬たちの前哨戦という位置づけなんでしょうが3日後には南関のG1川崎記念もあるのでホッコータルマエはそちらに向かうようですね。

ここでも人気になるコパノリッキーは前々走のチャンピオンズカップでは痛恨の出遅れで惨敗。
今回は鞍上を武豊騎手にスイッチして万全の体勢で臨んできました。武騎手もこの馬で今年最初のJRA・G1勝ちを狙っているでしょうからしっかりとスタートも決めて上位に食い込んできそうです。

展開的にはコパノリッキーが逃げて番手にニホンピロアワーズ、連れてインカンテーション、ナムラビクターといった上位人気馬も先行タイプが多いのでけっこうタフな厳しいペースになる可能性が高いと思います。

本命に推したいのは◎ランウェイワルツ。
前走ポルックスステークスはグリーンチャンネルの先週の結果分析でタイムランクAに指定されてましたし(笑)そこで先行集団の後ろから差して2着ならここでも勝負にならないでしょうか。
斤量も人気上位馬よりは軽い55kgで出られますしあっと驚く場面を見せてくれると信じます。

相手にはチャンピオンズカップでは8番人気ながら2着した◯ナムラビクター。
中京コースは2戦して1着、2着と得意にしていますし逃げるコパノリッキーを目標にレースを出来そうでここに来て充実期を迎えている点からも有力だと考えます。

3番手に▲コパノリッキー、以下インカンテーション、マイネルクロップ、ニホンピロアワーズ、大穴でグランプリブラッドまで押さえたいと思います。

◎の単と馬連流しで。

当たりますように。。。(-人-;)

[東海ステークス] ブログ村キーワード

予想 アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)

ども、ひねくれた展開予想で京都牝馬ステークスをハズして深い反省モードのふぉんてんです。
速いペースになるイメージがないと言いながら逃げ馬を軽視する馬券を買うとかまったく「らしくないなあ」と。
今年の重賞もこれで負け越しに転じてしまったのでしっかり巻き返したいと思います。

・・・ま、穴狙いだとハズレ先行は仕方が無いんですけどね。的中率より回収率!

というわけでAJCC。

ここも逃げ馬不在のメンバー。2枠4番に入ったパッションダンスが逃げるような展開になりそうですがスロー必至でしょう。
そしてこのメンバーに入れば◎ゴールドシップは1枚も2枚も上の存在。
解せない大敗もある馬ではありますがここは頭で狙いたいと思います。

断然人気のゴールドシップから入るからには相手には人気薄を。

前走準オープンですが今回と同じコースのグレイトフルSを勝った◯マイネルディーン。
前走の中山や札幌など時計の掛かるコースでは着実にメンバー上位の上がりを使えるタイプですし中団の内でロスなく進めて直線でうまく外に出せれば2着は可能じゃないかと期待したいです。
オッズも単勝60倍台と絶好(笑)

もう1頭の相手には大外ですが▲ショウナンラグーン。
前走の万葉ステークスは菊花賞5着が評価されて1番人気に推されましたがスローペースに差し届かずの4着。
成長途上の4歳馬ですが一叩きされて調教は絶好、上積みは十分だと思いますしそれほど隊列が長くなるとも思えない今回のメンバーなら外差し馬場も手伝って上位に来てくると考えました。
こちらは単勝22倍の6番人気。

ゴールドシップからこの2頭への馬単を元返し馬券に押さえて、本線の馬券はゴールドシップを1列目に、2列目に馬単の相手の2頭、3列目に◯▲に加えてパッションダンス、エアソミュール、フェイムゲーム、クリールカイザーを置いた3連複・3連単で勝負したいと思います。

まずはこれで今年の重賞成績を五分に持っていきたい!(笑)

そして東海ステークスで勝ち越しに!というのは難しいでしょうか。。。
東海ステークスの予想はまたのちほど。。。m(__)m

[アメリカジョッキークラブカップ] ブログ村キーワード

予想 京都牝馬ステークス

おはようございます。
朝の家事を終えて競馬モードに入ったふぉんてんです。ああ、充実の休日。

さて今日の重賞は京都牝馬ステークス。

京都の芝コースはどんな状態でしたっけ?発表では既に良と発表されてますが差しは届くのかな?
先週の中山は外差し馬場になってきていた感じですが京都はよく見てませんでした(汗)
あとでしっかり馬場を確認したいと思いますが。。。

出走馬を見るとあまり逃げるようなタイプが見当たらず先行しそうなのも内からマコトブリジャール、ベルルミエール、ケイアイエレガントくらいでそれほど速いペースになるようなイメージはありません。
有力どころは中団に構えて差し比べといった感じでそれほど隊列が長くなることも無さそうな感じです。

ですがこういう時は思ったほどスローにはならず平均的に脚を使わされるペースになる雰囲気かと。

ここ数年は4歳馬の活躍が目立つレースですし休み明けですが4歳のダンスアミーガを軸に考えたいと思います。
昇級初戦の前走はスローで流れた短い隊列の瞬発力勝負で中団のままなだれ込んだというレース。
阪神の直線の坂では伸びあぐねましたが坂が終わってからの伸び脚には光るものがあったと思います。
直線平坦な京都コースならその脚質が活かせるのではないでしょうか。

相手にはこちらも休み明けのアロマティコに期待。終いは確実に脚を使えますし京都では1.1.3.2の成績。1600mの距離は1ハロン短い印象もありますがここまで人気を落としているなら狙ってみたいところです。

以下、目下の充実ぶりは目を引くウリウリ、安定して好走しているキャトルフィーユ、先行しての粘り込みが期待できるベルルミエール。

4-16,14,8,7の馬連4点で。

[京都牝馬ステークス] ブログ村キーワード