第34回ジャパンカップ 予想


おそらくはこのレースがメンバー的には今年一番ハイレベルの一戦。

G1勝ちがあるのは外国馬含めて12頭。
どの馬から買っても理由付けはちゃんとできそうなメンバーじゃないでしょうか。

実質的に今年の有馬記念みたいなものかとw

なので好きな馬、今年お世話になった馬を重視して印を打ちます(それでいいのか?w)

◎イスラボニータ
◯スピルバーグ
▲エピファネイア
△ジャスタウェイ、アイヴァンホウ、ジェンティルドンナ、ハープスター、フェノーメノ

馬券はイスラボニータとスピルバーグからの馬連流しとイスラボニータ、スピルバーグ、エピファネイアの3連単BOXで。

展開はサトノシュレンが逃げて離れた2番手をジェンティルドンナ、その外にエピファネイア、その直後にイスラボニータ。
そんな1コーナーの入りを想像しています。
ペースは平均で縦長とはいえない程度にバラけた隊列。

淡々と流れて直線での瞬発力勝負。もちろんある程度スピードの持続力は要求されますがそれ以上に瞬発力が秀でていないと勝負にはならないと考えています。

と一応展開的な理由付けをしてそれに見合ったレースができる最有力の2頭がイスラボニータとスピルバーグであろうと。。。

ま、皐月賞と天皇賞秋で本命にとってきっちり期待に答えてくれたのでこの2頭と運命を共にしようというのが本音ですが(笑)

そんな馬券を考えています。

先週のマイルチャンピオンシップの繰り返しになる福永が騎乗する馬が福永から乗り替わった馬に負ける馬券(エピファネイア→ジャスタウェイの馬単)もシャレで買おうかとも思ってますがwww

明日は始発電車に乗って東京競馬場に向かいます。
天気も回復してきてますし、楽しい一日になるはず!

皆さんにも良いジャパンカップデーになりますように!

[ジャパンカップ] ブログ村キーワード

[ジャパンカップ2014予想] ブログ村キーワード

第1回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス


いよいよ明後日にジャパンカップ。ワクワクしますね。

その前に明日のメイン第1回ラジオNIKKEI杯京都2歳S。

これアレですかね?
去年まで12月の最終週に阪神でやってたラジオNIKKEI杯が重賞に格上げされたホープフルSに取って替わられたので、この時期にやってた京都2歳S(OP)がGⅢに格上げされてラジオNIKKEI杯という冠が付いたと、そういいう認識でいいですか?

第1回なのに新設重賞じゃなくてちゃんとGⅢの格付けがされてるのがちょっと変な感じですなw
ま、どうでもイイことですが(笑)

今年は頭数は8頭と少ないですがこれから歴史を重ねてクラシックへの重要ステップになっていくことを祈りましょう。

で、予想ですが。

金曜日の夜10時半の段階では7番ティルナノーグ1.6倍、1番フローレスダンサー6.9倍、2番エイシンライダー7.0倍、3番ダノンメジャー7.4倍、5番シュヴァルグラン9.6倍。

てっきりティルナノーグ→ダノンメジャー→エイシンライダーという順になると思ってましたが。
ま、前夜のオッズですからね。
きっと落ち着いてくるでしょうwww

で、やはりティルナノーグ、ダノンメジャーの2頭が強いかなと思うのですが両馬とも前走は後方からの競馬なのがどうなのよ。

逃げそうなのはエイシンライダー。
もしかしたら人気のないアイオシルケンあたりが和田騎手ですし思い切って逃げの手に出るかもしれませんが、それでも番手の後ろをシュヴァル、ベルラップ、フローレスあたりが固めてそれらを見るようにダノンメジャーとティルナノーグ。
そんな感じの隊列でしょう。

エイシンが逃げたら隊列は一団の短めで、アイオシルケンが逃げたら1頭大逃げで2番手以降はそれほど離れずに4~5馬身の圏内に固まっていく、そんな感じのイメージをしています。

向こう正面3コーナー手前からシュヴァルグランが動いていって前を捕まえに行く、直線入り口で先頭に立つと振り落とされた先行馬の脚が止まってきたところでダノンとティルナの本命馬2頭がシュヴァルグランを捕まえに行く、そんな想定です。

自分で動ける有利さとしぶとさを買って本命◎はシュヴァルグラン。

対抗◯ダノンメジャー、▲ティルナノーグで。

馬券は5,3,7の馬連BOXと3連単BOXで。

馬連3-7で決まったら3倍程度しかつかないでしょうからこれは元返しで。
ティルナノーグが3着に負けたら儲かる、そんな馬券で。

上手いことハマってジャパンカップの軍資金ができるよう祈ります(笑)

[ラジオNIKKEI杯] ブログ村キーワード

第34回ジャパンカップ 枠順確定


ジャパンカップ枠順が確定しましたね。

1枠01番ジャスタウェイ(栗東・須貝 福永)
1枠02番アイヴァンホウ(ドイツ・J.カルヴァロ F・ミナリク)
2枠03番ジェンティルドンナ(栗東・石坂 R・ムーア)
2枠04番エピファネイア(栗東・角居 C・スミヨン)
3枠05番ヒットザターゲット(栗東・加藤敬 武豊)
3枠06番ハープスター(栗東・松田博 川田)
4枠07番アップウィズザバーズ(カナダ・M.ピアース E・ダシルヴァ)
4枠08番デニムアンドルビー(栗東・角居 浜中)
5枠09番イスラボニータ(美浦・栗田 蛯名)
5枠10番ワンアンドオンリー(栗東・橋口 横山典)
6枠11番トーセンジョーダン(栗東・池江 P・ブドー)
6枠12番タマモベストプレイ(栗東・南井 津村)
7枠13番ディサイファ(美浦・小島太 G・ブノワ)
7枠14番サトノシュレン(栗東・村山 川島)
7枠15番スピルバーグ(美浦・藤沢 北村宏)
8枠16番フェノーメノ(美浦・戸田 岩田)
8枠17番アンコイルド(栗東・矢作 戸崎)
8枠18番トレーディングレザー(アイルランド・J.ボルジャー K・マニング)

ジェンティルドンナは内目のいい枠に入ったんじゃないでしょうか。
すっと好位が取れそうな枠です。
ジャスタウェイはもう少し中よりの方が良かったかなあ。。。

逃げそうなのはサトノシュレン。

外国馬3頭はどれも中団・後方から競馬をするタイプのようですし、もう少し内枠が良かったでしょうが他に先手を主張しそうなタイプもいないのですんなりハナを取れそう。

ただ内からジェンティルドンナやイスラボニータあたりが少し出していくようだと外から気合をつけて先頭に立つようなパターンになってそこそこのペースで流れるかもしれません。

でもおそらくハナはすんなりサトノシュレンで決まって番手にタマモベストプレイ、その後ろの馬たちの位置取り争いが着順には影響が大きそうですね。

1コーナーの入りがどんな隊列になるかをしっかり考えておきたいです。
(ま、それはどのレースでも重要なんですがw)

それにしても目移りする馬が多くて悩みますね(笑)

[ジャパンカップ] ブログ村キーワード

東京スポーツ杯2歳S 回顧


東京スポーツ杯2歳Sはハラハラするレースになりました。

事前予想の印は◎1番サトノクラウン、◯2番アヴニールマルシェ、▲7番マイネルシュバリエ、△3番グリュイエール、8番ジャストドゥイング、☆9番クラージュシチーでしたが現地で買ったのはこんな馬券。

TSPO2S

これと同じ3頭の3連単BOXも各100円で持ってました。

ラップは
12.7 – 11.1 – 11.6 – 12.4 – 12.5 – 12.7 – 12.3 – 11.0 – 11.6

マイネルシュバリエが引っ張る流れで1000m通過が60.3。
13頭一団で進む若干スローの展開。

上位人気馬がどれも終い切れるタイプの馬ですし、まだクラシックに向けてレースを覚えさせたい段階だけに積極的に引っ張る馬がいないレースになりました。

そうなると瞬発力に秀でた馬となるわけですが。。。

◎を打ったサトノクラウンも◯アヴニールマルシェも直線見事に前が壁になっていて「これ割ってこれるのか?」と見ていましたが、さすがムーア騎手、北村宏騎手。

先に1頭分空いたスペースから北村騎手が先頭に踊り出るとその後からムーア騎手がやはり1頭分のスペースから鋭く伸びて差し切り勝ち。
3着には外を回して直線入り口で先頭に立ったソールインパクトが人気薄ながら粘り切りました。
すぐ近くまでクラージュシチーも追い上げていたので3着に上がってくれと応援したんですけどねw

アヴニールマルシェは好位の内で、サトノクラウンは更にその後方の内で脚を貯めて瞬発力を活かしました。
対してソールインパクトは終始外を回してきて直線で一旦先頭ですから一番強い競馬をしたように思います。
人気はありませんでしたが今後要チェックかな、と思います。

クラージュシチーは前走の未勝利戦で派手な勝ち方をしていたので人気になりましたがもう少し前の位置取りで競馬ができれば、というレースでした。
注目のハービンジャー産駒。終いは上位の脚を使っていましたので今後に期待したいところです。

3番人気に推されたグリュイエールは序盤に掛かっていました。直線は内から伸びてきているように見えましたが伸び切れなかったのはその分もあるのでしょう。
折り合いが付くようになればまた違うレースも出来そう。

4着にきたエミネスクは終い一手に賭ける後方からの競馬。
直線はしっかり伸びてきていましたからレースのペースがもっと上がりそうなときには要注意だと思います。

この3日間開催は2重賞を両方とも的中できたのでなかなか良かったです。

いよいよジャパンカップ。
枠順が出るのは14時くらいでしたっけ?
またじっくり予想を楽しみます。

[東京スポーツ杯2歳S] ブログ村キーワード

マイルチャンピオンシップ 回顧


ども、遅ればせながらマイルチャンピオンシップの回顧をしようという ふぉんてん です。
もうみんなやってるから今更私のレース解説的な回顧は不要でしょうから私の馬券回顧ということで。

もうね、どうしても絞りきれなくてバラバラ買ってしまいましたよ。

MCS

ちょっと出掛ける用事があったので東京9Rの投票をするときに一緒に買いましたw
東京9Rはハズしてるので買い目は隠します。自信あったんだけどな(笑)

マイルチャンピオンシップは終わってみれば印◎-▲-△で決まったのですからもっと自信を持って◎から買っていればなかなかの儲けになったと思うのに。
土曜日からちょっと予想がズレてる感じだったので思い切っていけませんでした。

惜しいことした(笑)

ただ内にホウライアキコがいたのでミッキーアイルが逃げるにしてもけっこう早めのペースになって消耗戦の展開という予想はまあまあ良いところついてたんじゃないかと思っています。

あまり儲からなかったけど、とりあえず的中は出来たので良しとしましょうw

翌日は東京競馬場に行って東スポ杯2歳Sは現地で観戦してきました。

その回顧はまたのちほど。

後藤騎手の復帰後初勝利も目の前で見られたし楽しい一日でした。
私はそのレースは馬券を買わずに見ていたのですがカボスチャンが先頭に立った時には思わず「そのまま!」と声援を送ってしまいましたw

後藤騎手が先頭でゴールした時の場内のおめでとうという雰囲気、とても良かったと思います。

たまにWebやSNSなどで後藤騎手の初勝利を祝う人たちをdisってる人なんかも見かけますが、素直に良かったなと思えることを良かったと表現できることは素敵だなと思いましたよ。

今日にはジャパンカップの枠順も決まるのかな?楽しみに待ちましょう。

[マイルチャンピオンシップ] ブログ村キーワード