「事前妄想」カテゴリーアーカイブ

キタサンがそれほど抜けているとは考えていない天皇賞・秋


 
さあいよいよ天皇賞秋、キタサンブラックが登場。

宝塚記念こそさすがに疲れがあったのか惨敗だったが、しっかりと休養を取ったここは負けられない一戦という覚悟で臨んでくるだろう。

と、、、思うが、果たして本当にそうだろうか。

すでにこの秋、天皇賞-JC-有馬記念で引退・種牡馬入りが発表されている。

今年は昨年ゴール直前でサトノダイヤモンドに交わされた有馬記念での雪辱が一番の目標なのではないか。
もちろん種牡馬の価値を高めるためにも高いレベルでのスピードと持続力が求められる天皇賞秋のタイトルも欲しいだろうが、有馬記念にピークを持っていくとするならここがメイチの勝負仕上げというわけにはいかないだろう。

もともと天皇賞秋は早い上がりが要求されるレース。
特にこの5年の勝ち馬には上がり最速か、先行して33秒台の上がりでまとめることのできる能力が求められている。

今年は先週の不良馬場の影響が残るようであればそこまで早い上がりは必要ないかもしれないが、それでもコース形態を考えればメンバー上位の上がりを使えなければ勝利するのはなかなか厳しいだろう。もともとキタサンブラックは図抜けた総合力で勝ってきており、ディープインパクト産駒のような秀でた瞬発力で勝負してきたわけではないのでここは簡単には勝てないのではないかと考えている。

 
 
 

 
 
 
それでも人気はキタサンブラック。ならば他の馬から考えたいところだ。ではキタサンでなければどの馬がいいのか。
 
リアルスティールか、ソウルスターリングか、サトノアラジンか。
 
 
いや、どうせならもう少し捻ってみたい。
 
現在、ちょっと穴っぽいところでおもしろそうだなあと考えているのはステファノス。
そしてそこそこ人気にはなりそうだが連系馬券で穴狙いの軸馬としておもしろそうなのはグレーターロンドン。
 
ステファノスは昨年と一昨年の天皇賞秋でともに上がり最速の脚を繰り出し2着3着。今年の春には大阪杯でも2着するなど、2000mのGIは香港も含めて[0.3.2.2]と相性が良い。
(2度の着外は皐月賞の5着と初めての海外遠征だったQEⅡ世Cの10着)
天皇賞秋はベストの舞台と考えていいだろう。前走のオールカマーではいつもより前目の位置取りから2着とまだまだ衰えはない。
 
一方グレーターロンドンは常に早い上がりを使えるのが如何にも東京コース向きで、初のGI出走となった安田記念でも最後はしぶとく伸びて4着、前走の毎日王冠でも最速上がりで3着に伸びてきた。
時計のかかる馬場になったときの適性がどうかに心配な点はあるが、これまで馬券圏内を外したのが安田記念の4着だけと脚質のわりに堅実に走っているのは能力がある証左。
ここはまだそれほど人気にもならないだろうし期待してみたいところだ。
 
もしグレーターロンドン、ステファノスの2頭でワンツーだったら馬連はまあまあの好配当になるんじゃないだろうか
 
 
だが、他にもGI勝ち馬はサトノクラウン、ネオリアリズム、マカヒキ、ワンアンドオンリーといるし、春にはGI馬の器と思わせたシャケトラもいる。
もちろんキタサンブラック、ソウルスターリング、リアルスティール、サトノアラジンの各陣営も当然勝ちに来るだろうし、実際どの馬が勝っても驚けない。
 
明日、明後日の追い切りもしっかりチェックしておきたいところだ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

秋華賞、紫苑ステークス組から狙いたいが


 
秋華賞の登録馬を眺めている。

フルゲート18頭に25頭の登録。
現在、収得賞金1400万円のアロンザモナ、サロニカ、ブラックスビーチが抽選対象で1/3の席を争うことに。
1100万円以下のシーズララバイ、ミスパンテール、テーオービクトリー、ブライトムーン、マナローラは除外対象。

トライアルで優先出走権を取ったのはラビットラン、カワキタエンカ、リスグラシュー、ディアドラ、カリビアンゴールド、ポールヴァンドル。

あとは春の実績馬アエロリット、レーヌミノル、モズカッチャン、ファンディーナといったあたりが主力か。
 
 

京都の内回り2000mといえば内枠の先行馬が有利というのが定説だが、秋華賞に限って言えば何故か差し馬が過去10年で8勝、2着4回、3着7回と意外にも逃げ・先行を大きく凌駕している。

3歳牝馬最後の1冠、先行馬が有利な京都内回りという条件が鞍上の意識を前へ前へと行かせて予想外に早いペースになることが多い、ということだろうか。
また枠順もなぜか内枠と外枠に好走馬が集まっており、ちょうど良さげな中枠が意外に不振なのも特徴。この辺は覚えておきたい。

また荒れるイメージは強いが、勝ち馬に限ってみれば1~3番人気馬から出ていて、過去10年で4番人気以下が勝ったのは2008年のブラックエンブレム(11番人気)のみ。
基本的には軸は上位人気馬からピックアップして、ヒモ荒れを狙う馬券戦略がもっとも確率が高そうだ。

となると軸はアエロリットか、リスグラシューか、ディアドラか。

自分は今のところはディアドラに一番魅力を感じている。
紫苑S、中山の2000mを後方から外々を回ってきて差し切ったレースぶりは着差がハナ差とは言え、強いものだったと思う。
あとは相手のレベルがどうだったか、という一点だろう。

春の実績馬がローズSに集まったこともあり、評価はあまり高くはないが1:59.8というタイムも翌週のレインボーS(1600万)が2:01.4だったことを考えると悪くない。

同様にハナハナの3着だったポールヴァンドルも中団の後ろを追走し前がポッカリ開いたとはいえ馬群から伸びてきたのは評価したいところ。
先行して坂上で先頭に立ち2着したカリビアンゴールドよりはこちらを上に評価したい。

 
 
 

 
 
 
ローズS組から相手を探すなら勝ったラビットランよりもよりも先行してキレ負けしたほうに妙味がありそうな気がする。
 
そうなると休み明け+22kgでまったく精彩を欠いたファンディーナや同じく+14kgの馬体重だったモズカッチャンが良いのかもしれない。
 
そうはいってもやはり勝ったラビットランの勝ちっぷりはあまりにも鮮やかだったし、さすがに無印にはできないが(笑)
 
 
あとは枠順と予想される展開での上げ下げ。
 
アエロリットのような強い先行馬もいるだけに、早い流れで底力勝負が求められるような展開になってくれるとおもしろいのだが。
 
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

炎の十番勝負2017秋


 
またグリーンチャンネルの炎の十番勝負の季節になった。早いものだ。

秋のGI12レースの勝ち馬を予想する企画だが、今の時点で2歳GIなんか当たりっこないし出走馬を読むことすら難しい。そのほかのレースだってそう簡単に当たるものじゃない。
それでもアレコレ予想するのは楽しいものだ。参加無料だし、万が一好成績だったら豪華賞品がもらえるから毎度参加しているが、満足に当たったことがないw

春の自分の成績は合計18ポイント。
1着を当てられたのは大阪杯のキタサンブラックだけで、あとは桜花賞のソウルスターリング3着、天皇賞春のサトノダイヤモンド3着、ダービーのスワーヴリチャード2着、宝塚記念のゴールドアクター2着でポイントが入っただけだ。

この秋はどのくらいポイントを稼ぐことができるだろうか。もちろん自信はないw
 
 
 

 
 
 
こういう企画は気軽に参加できるが勝ちに行くというよりも、ついつい応援している馬をちょっと無理かな?と思いつつあちらこちらに入れてしまう。
 
例えば問答無用でJCと有馬記念はゴールドアクターを指名するし、ホープフルSはルーカスを指名する。
菊花賞はスワーヴリチャードだし、マイルチャンピオンシップはグレーターロンドンだ。
 
本当は他のレースにもスクリーンヒーロー産駒を指名したいし、阪神JFはヴェロニカグレースを指名したい。
 
しかし、チャンピオンズCにヨヨギマックやウインオスカーを指名するのはさすがに無理があるし、トラストを菊花賞に指名するのも無謀だろう。
 
いつかこういうゲームで自分の出資馬やもっとたくさんのスクリーンヒーロー産駒を指名できるようになると、競馬がもっともっと楽しくなるんだろうなあ・・・などと妄想してしまう。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

桜花賞2017の展望?・・・サイン的なのも

JRAのCMで柳楽優弥が「細長い牛みたいなやつの右に土ってのと、カタカナのヒって字」などと言って馬鹿キャラ全開で頑張ってる桜花賞。(よくこの役を引き受けたな)

たぶんソウルスターリングが1頭抜けた人気で2番人気にアドマイヤミヤビ、離れた3番人気にリスグラシュー、ミスエルテ、カラクレナイあたりという感じか。

穴党としては人気の差ほど能力差があるのか?と考えたくなるが、チューリップ賞のソウルスターリングの走りと2着以下との着差を見ると逆らえないかと思ってしまう。

ただクイーンC勝ちアドマイヤミヤビも終始外を回してきての差し切りは強いものだったし、朝日杯から直行のミスエルテも取りこぼしはその一戦だけ。

この2頭はソウルスターリングとの直接対決は今回が初なので実際にどちらが強いかはまだわからないと思っていたほうが良いような気もする。
他にもアエロリットやカラクレナイ、ライジングリーズンなど初対決はいるし穴をあけるならこういったソウルスターリングと戦っていない馬なのだろう。

さすがにソウルスターリングをハズした馬券ばかりを買うような穴狙いはしにくいが、3着以下に負けることも想定した馬券は押さえておきたい。じゃなきゃ穴党とも言えないし、そういう馬券が買えないならケンするのが正しい穴党のあり方とも思う。

といいつつ、ソウルスターリング中心の馬券を買ってしまいそうだが。。。
 
 
 

 
 
 
単勝1倍台の断然人気馬が負けた桜花賞というとレッツゴードンキが勝った2015年が記憶に新しいが、この時の人気馬ルージュバックは後方からの競馬をするタイプ。
 
抜けた人気馬が追い込み脚質のときは得てして逃げ先行馬が穴をあけるという典型的なパターンだったが、今年のソウルスターリングは好位でレースをするタイプ。
行く馬がいなければ逃げても良さそうなタイプだけに大崩れは考えにくい。
 
ならば狙うのはソウルスターリングと同じように先行するのではなく、直線に賭けて道中死んだふりをしている追い込み馬か。
 
週末は雨予報なので果たして追い込みが効くのかわからないが、カラクレナイやライジングリーズンは外せないと思っている。
 
 
 
まだ水曜日なのでサイン的なことを探してみると・・・
 
翌週、皐月賞の行われる前日に公開となる映画・名探偵コナンのタイトルが「から紅恋歌」となっているので、ヴィクトリアマイル勝ちの時にコイウタが入った2枠にカラクレナイが入ったら、ちょっと買ってみたいなどと思ったりもしているw
 
ちなみにコイウタがVMを勝ったときは2着にアサヒライジングを連れてきているので、カラクレナイ→ライジングリーズンという馬券を押さえたくなる。
 
さらにちなみにコイウタ-アサヒライジングはクイーンCでもワンツーを決めているので、クイーンC組も3連系馬券では組み入れたいところ。
 
というわけでカラクレナイが2枠に入ったらカラクレナイ-ライジングリーズン-アドマイヤミヤビの3連複は買っておこう。けっこう付くでしょ。
 
 
ただ映画の公開が翌週というのがサインとしては弱い気がするがw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

ジャパンカップ(2016)の展開はどうなるだろう?

木曜日、東京の朝は積雪がありそうだという予報ですが、外国馬はちゃんと追い切りできるのかな?

もっとも外国馬は追い切りでも軽いキャンター程度に留めることも珍しくないから影響はあまりないでしょうか。

ジャパンカップの出走馬はアルバートがステイヤーズSに回り、トーホウジャッカルも金鯱賞、トウシンモンステラ、ジャングルクルーズも回避の見込みで17頭立てになりそうな様子。

外国馬は眼中にないというファンが多く、実質14頭立てと考えれば良いくらいに思っている人もたくさんいそうです。(私もその一人だったりしますがw

netkeiba.comの予想オッズではリアルスティール、キタサンブラック、ゴールドアクターの3頭が拮抗した人気で単勝オッズ4倍前後、少し差が開いてディーマジェスティ、シュヴァルグラン辺りまでが単勝10倍以下の人気になっています。

ま、早くからステイヤーズSに向かうと発表されていたアルバートよりも、ワンアンドオンリーやイキートスの人気が下だったりしますからあまりあてにはできませんがw
 
 

出走各馬のこれまでの位置取りを眺めると人気になりそうなキタサンブラック、ゴールドアクター、それとサウンズオブアースあたりが前に行きそう。
武豊キタサンブラックが逃げるとなると、むやみに競りかけるのはいなさそうではあるものの全体に仕掛けは早くなりそうな気もします。
キタサンにあまり楽に逃がせるとどうぞ勝ってくださいというレースになってしまうので、各ジョッキーもその辺は何らかの動きをするはずだとは思います。

ただ、前走は番手に控えて直線で抜け出す競馬をしていますし、どんな展開になるかはやはり武豊の動き方次第といったところでしょうか。
 
おそらく前走の武豊騎手はスローの瞬発力勝負でどのくらいの脚を使えるのかを計っていたと思います。
それを踏まえてどういったレースを作るのか、馬券を考える側もその辺をアレコレ考えることが正解に近づく道ではないでしょうか。

瞬発力勝負になりやすい府中の2400m。
 
どちらかと言えば消耗戦に持ち込みたいキタサンブラック、ゴールドアクター vs 瞬発力勝負に勝機を見出したいリアルスティール、といった構図を想定しています。

枠順確定、楽しみですね。
 
 

 
 
もちろん自分の馬券はゴールドアクター本命以外あり得ないのですが、3着までに入ってくれれば的中という馬券も買うとは思うので(できればお金は減らしたくないw)展開はじっくりと考えることになると思います。
 
ただ、実際には昨年有馬記念の1~3着馬に3歳世代3頭がどう挑むか、そんな馬券になるのかな~と思ってたりもしますが。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村