「一口馬主」カテゴリーアーカイブ

残念ながら抽選ハズレたw

シルクの第1次募集、キーオブライフの16に申し込んでいたがやっぱり抽選ハズレ。まあ想定の範囲内ではあるが。

当選した方はおめでとうございます。活躍を祈ります。

キーオブライフの16は申し込んだときにはまだ250口にも達してなかったはずなので、もしかしたら大丈夫かなあ~などと思っていたのだが終わってみれば828口の申し込み数があった模様。

500口を超える出資申込みのあった場合は300口が過去3年の出資実績の多い人が優先されて、残りの200口が抽選。
つまり・・・キーオブライフの16の場合は828口の申込みのうち528口が残り200口を争う抽選というわけね。

ちなみにキーオブライフの16を抽選なく出資できるには出資実績886,000円が必要だったとのこと。

弱小出資者はこういうところでもハンデを背負うわけだ。

抽選になった募集馬の出資実績のボーダーラインがそれぞれシルクのサイトに掲載されているが、サマーハの16なんてボーダーラインが1060万円よ!?

3年で1060万円も出資できるって・・・お金のある人は凄いなあ・・・っつか、そういう人には社台HRとかサンデーRに専念してほしいものだと。

弱小出資者の居場所がどんどんなくなってくるじゃないか。

社台F、ノーザンF系のクラブは金がないと満足に出資もできないということか。

なんともはや┐(´д`)┌ヤレヤレ
 
 
 
 

 
 
 
 
運営側としてはたくさん出資してくれる人に希望の馬を優先的に出資してもらう、というのはクラブ法人だって営利企業なのだろうし、まあ当然の流れではあるのだろうとは思う。
 
安定して資金を集めて、より良い馬を揃えて更にたくさんのお金を集めるというのは重要なことなのだろうし。
 
 
しかし、こんなところで格差社会を感じさせられるとは。
 
 
できるものなら社台RHやサンデーRで一口も何10万~何100万なんていう馬に出資したいものだが、それができないから一口価格の安いシルクで一口始めたのになあ。
 
こうなったらDMMバヌーシーに鞍替えするか?さすがに一万口ならそう簡単に満口にはならんだろ。シナイケド
でも、マジで他のクラブも含めて出資できる馬を探してみようとは思っている。
 
こうやって一口沼にハマっていくのねwww
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

DMMバヌーシー

DMMのバヌーシーが注目を集めている。

実際に一口に参加する人がどのくらいいるのかはまだわからないが、コンセプトとしては従来からある一口馬主とはちょっと違ったスタンスのようだ。

自分も今年の2歳馬からシルクHCで出資するようになったが、今の段階でバヌーシーに参加しようとは思っていない。

実際に一口で2つ、3つと勝ち上がっていく馬を持つことはそう多くはないのだろうと想像しているが、そういう観点(=投資に見合うリターンは稀)で考えればバヌーシーのアプローチは決して悪くはないような気はする。
つまり、出資する人が求めているのはリターンではなく感動なのだということであれば、なかなか持つことの難しそうな高額の良血馬に出資ができるというのはアリなのだろうと思う。

ただ、自分としては1つ勝ちあがるのもなかなか大変であるからこそ、勝った時にはそれなりの配当も手にできるという喜びも欲しいけどな、、、と思うのだ。

バヌーシーは1万口、先日発表されたキタサンブラックの全弟が1口4万4000円ということは募集総額4億4千万円だ。

維持費などの追加の費用が掛からないとはいえ、これはそう簡単に回収できるものではないだろう。

有馬記念やジャパンカップの1着賞金が3億円だ。
投資という観点であればGIを2つ3つ勝って、ようやくリターンとしては満足のいくレベルという話になってしまう。

いくら入り口が低価格だといってもなかなか出資しようという気にはならないというのが、今現在一口を楽しんでいる人たちの感覚ではないだろうか。
 

特にこれまで競馬というものにそれほど興味のなかった人がそうしたものに出資してみようと考えるものなのだろうか。

バヌーシーがこれからどのような展開を見せるのか、外野から興味津々で見守ってみようと思う。
 
 
 
 

 
 
 
 
正直なことを言うと、バヌーシーのレベルの楽しみ方なら各種競馬関連サイトなどがやっているPOGで十分じゃないのか?と思ったりするのだ。
 
POGで指名しているだけでも自分の馬のような気持ちで応援できるし、もっと言うならちょっと思い入れのある応援している血統の馬が活躍するだけで充分感動できるのが競馬ファンだと思うのだ。
 
コンセプトは面白いかなあとは思うけど、果たしてどのくらいの出資者が集まるのか。
 
予想外にこれまであまり競馬に強い関心のなかった人たちを取り込めるのか、または競馬歴の長いファンから夢の良血馬だからと出資する人が多く出てくるのか。
 
興味は尽きない。
 
 
自分の予想では、サンデーレーシングや社台RHなどの一口の単価が高額なクラブでも出資しているような人がぜひ持ってみたい血統馬だからと100口とかで出資するのかなあ、などと思っているが・・・
 
 
しかし、、、
キタサンブラックの全弟が4億4千万円、リアルスティールの全妹が3億2千万円、デニムアンドルビーの全弟が4億2千万円、、、なかなかの金額だよなあ。。。
それほどの超良血でなくとも1口の最低価格は1万円のようなので最も安い馬でも募集総額1億円だ。
 
初めての出資馬が募集総額1500万円の私にはなかなか手の出る案件ではないのだ(笑)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

アイビスSDはフィドーシアかなあ

新潟開幕週を飾るアイビスサマーダッシュ。

新潟が現在の左回りに改修され誕生した芝・直千、もうすっかり定着した夏の名物レースでありながら、秋のGI開幕戦スプリンターズSへのステップとしても重要な一戦。

と書いてから調べてみると、過去10年でアイビスSDをステップにしてスプリンターズSで馬券になったのは2013年の2着馬ハクサンムーンと2007年の3着馬アイルラヴァゲインの2頭だけだったw(両馬とも間にセントウルSを挟んでるし)

それほど重要ステップというわけじゃないのね。

どうも2004年にアイビスSD、スプリンターズSと連勝したカルストンライトオのイメージが強力すぎて。

でも当時はアイビスSDは連続開催の6週目だったし、スプリンターズSは泥んこの不良馬場だったからなあ。
 
 

今年はその新潟の直千の重賞に18頭がエントリー。

フィドゥーシア、ネロが人気、続いてアクティブミノル、レッドラウダ、レジーナフォルテといったところが上位人気。

別定戦だが負担重量は上が58kg、最軽量が51kgとハンデ戦のような様相を呈しているので過去ハンデ戦で好走しているようなハンデキャップホースには注意したいところ。

そういう意味では前走の韋駄天Sを勝っているフィドゥーシアは斤量も前走と同じ54kgだし中心視せざるを得ないかもしれない。
これで8枠にでも入ったら素直に軸に信頼か、人気だけど。。。

 
 
 
◎ デビュー戦を追い込み3着だったヴェロニカグレースはノーザンファーム天栄に放牧に出た。
ここまでデビューに向けて結構攻め込んできたので疲れが溜まっているのは間違いないとのこと。
 
調教師のコメントでは

「レース後に左前脚が少しモヤッとしたので、火曜日に念のためレントゲン検査を行いましたが、特に異常は見られませんでした。獣医の見解だと、おそらく若馬特有の疲れが出てきたのだろうということでしたし、ゲート試験合格後からデビューまで続けて使ってきた疲れがおそらく出てきたのだと思います。結果を残すことは出来ませんでしたが、直線はいい脚を使ってくれて初戦から目途の付くレース内容だったと思いますし、いい状態で出走することが出来れば自ずと結果は付いてきてくれるでしょうから、まずはしっかりと牧場で疲れを取ってもらいたいと思います。」

シルクホースクラブのサイトより

 
 
そうすると2戦目は秋の東京開催あたりか。
 
デビュー戦の終いの脚を見ると東京の長い直線は合っていそうな気がするし、しっかり疲れを取って万全の体勢で戻ってきてほしい。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

 

ヴェロニカグレース、デビュー戦は7枠12番

ヴェロニカグレースは7枠12番。

開催最終週の芝コースということを考えると、この枠は良さそう。
血統的にはそれほど注目を集めるタイプではないと思うが、予想紙の印もそこそこついている。

これは調教時計がそこそこ良いタイムを出しているからか。

※画像はすべて日刊競馬

新聞の厩舎コメントは武市調教師が「飼葉食いが安定しないのが難点だが、十分に乗り込んだ。長く脚を使えそう」と。

シルクのHPでは「いい状態に仕上がったと思います。調教では水準以上の動きを見せていますし、初戦からいい競馬を期待しています」というコメント

若干ニュアンスが違うのはシルク会員向けへのリップサービスもあるんだろうなあと思いつつ、やっぱりそれなりに印もついてるし期待してしまう。

金曜夜23時の段階では単勝オッズ8倍の4番人気。

ダノンポピー、ナスノシンフォニー、プトラナの順で1~3番人気になっているが、複勝はコスモフェリーク、エイワファーストも売れていて、やや混戦模様。

ここは素直に単複の応援馬券を買って見守る。
 
 
 
 

 
 
 
 
中京5Rの新馬戦ではスクリーンヒーロー産駒ウインヒストリオンが4枠6番に入った。
 
金曜23時で単勝オッズ6.2倍の3番人気、複勝は2番人気に支持されている。
追い切りは栗東坂路で 51.9-38.2-25.7-13.2 という時計を出しているのでこれが評価されているのか。
 
TARGETのデータマイニングでは10位なので人気だからといって信用してもいいのかどうかと思っているが、やはり馬券的には軸に据えてワイド・3連複で少し買ってみようかと。
 
ちなみにヴェロニカグレースはTARGETのデータマイニングは堂々の1位。
それで4番人気だからちょっとオッズ的にも美味しいのかもしれない、などと良からぬ期待もしてしまうw
 
 
函館1Rにもスクリーンヒーロー産駒が2頭、ソウラセブンとヒダルマが出走するがこちらはあまり期待はしないほうがいいか。
 
ヒダルマに騎乗する短期免許で来たティータ騎手はどんな騎手なのか。
 
POGで指名しているカレンシリエージョが断然人気になりそうなメンバー、7頭立てという少頭数でもあるしここは馬券は考えずに応援に徹しようw
 
 
馬券勝負は日曜日に譲って、土曜日は新馬戦の応援馬券が中心になりそうだ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ヴェロニカグレース、出馬確定

ヴェロニカグレース、土曜福島5Rの牝馬限定芝1800に出走確定。

調教時計を見るとダノンポピー、ナスノシンフォニーあたりが強敵という感じ。
どのくらいやってくれるのか楽しみにしている。
一応、シルクホースクラブは福島がご当地馬主ということになるから、それに合わせてデビューを持ってきたという感じもしなくはないけどw、調教もそこそこの時計を出しているし案外いい勝負をしてくれるかもしれない。

一応、口取りの申し込みはしたのでもし権利が取れたら福島に行こうと思っている。
 
 
 
 

 
 
 
 
ヴェロニカグレース以外にも今週は応援馬が盛りだくさんだw
 
土曜日は函館1R、2歳未勝利にスクリーンヒーロー産駒のソウラセブンとヒダルマ、それにPOGで指名しているカレンシリエージョが、
 
同じく土曜中京5R、2歳新馬にスクリーンヒーロー産駒のウインヒストリオンが。
 
 
日曜日には函館5Rにスクリーンヒーロー産駒ジェネラーレウーノが、福島5Rに同じくスターリバーが、中京9Rに同じくナムラマルが、そして中京メインの中京記念にはグァンチャーレが出走する。
 
他にも日曜日には函館1Rにダイナアクトレス牝系のトランプが、福島9Rに同じくヒドゥンパラメータが出走予定。
 
都合、ヴェロニカグレースを筆頭に応援馬が11頭出走という大変な週末になってしまった(笑)
 
とても全部の応援馬券を買っている余裕はなさそうなのが嬉しい悲鳴とでもいうか、逆に冷静に判断できるなコレwという感じである。
 
 
来年には更にスクリーンヒーロー産駒のデビューも増えてくるはずだし(2015年の種付け頭数は一気に190頭とかに増えてたからな)、そろそろスクリーンヒーロー産駒だからという理由だけで馬券的には応援もできなくなってくるはず。
今週のように応援血統の多いときにどういう馬券をやるかというのはこの先のいい練習になる気がする。
 
 
まずは土曜日のヴェロニカグレースの新馬戦。
 
無事に走り切ってほしいし、願わくば勝てますように。そしてその時に口取り写真に入れたらハッピーだなあ・・・
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!