「一口馬主」カテゴリーアーカイブ

ヴェロニカグレースは15日金曜日に帰厩予定


 
シルクからメールが届いていて、ヴェロニカグレースは金曜日に帰厩するとのこと。
いよいよ次走が近づいてきた感がある。
帰厩して3週間ほどでレースだからやはりノーザンファーム天栄で乗り込みは十分にこなしてきているということなのだろう。

特にどこか悪いところがあるとか疲れが溜まっているとかで放牧されていたわけでもないのでそれも当然か。

次にすんなり勝てるようならそのあとはまた少し間が開きそうだが、勝てなければ東京のセントポーリア賞とかゆりかもめ賞とかフリージア賞あたりになってくるのだろうか。

できれば重賞を使う前に500万を勝ち上がってくれると嬉しいのだが。

いい結果が出ることを楽しみに待とう。
 
 
 
 

 
 
 
 
ふと年明け以降の3歳(現2歳)500万の芝の中距離レースってどのくらいあるのかが気になって1,2回中山と1回東京の番組表を見てみた。
 
1月 8日 中山/平場・芝2000m←ヴェロニカグレース出走予定
1月21日 中山/若竹賞・芝1800m
1月28日 東京/セントポーリア賞・芝1800m
2月 4日 東京/ゆりかもめ賞・芝2400m
2月17日 東京/フリージア賞・芝2000m
2月24日 中山/水仙賞・芝2200m
3月11日 中山/平場・芝2000m
 
こうしてみると1月8日に勝てなくても意外にレースがあるなあと。
ローテーション的にはフリージア賞、3月11日の平場戦あたりが狙いになってくるだろうか。
 
もし次走で勝ち上がったら少し間をあけて3月17日のフラワーCか。
まさか2月11日の共同通信杯は骨っぽい相手も出走してくるだろうし使わないだろうw
 
2回中山までに勝てなければ3回中山のミモザ賞とか山吹賞あたり。
このくらいまでに勝ち上がれなければフローラSを使ってオークスへ、というのは難しくなってくるんだろうな。
 
 
まずはどうか無事に。そしてできれば重賞戦線で好走できるようになってくれますように。
 
 
(デビュー前は一つ勝ってくれれば良いと思ってたけど、だんだん欲深くなってくるw)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

香取特別があったか


 
おぉ、気がついたらマイネルクラースが今週の香取特別・中山ダ2400mに登録してるじゃないか。年明けの成田特別・中山ダ2400mじゃないかと思っていたらこんなとこにもこの距離が(笑)

前々走のれーすぶりを見てこいつは強い!と思い、前走思いっきり買ったら見事に裏切られた(笑)

今度はさすがに人気を落とすだろうと思って出走メンバーを眺めているが、、、

あれ?そんなに人気落とさなさそうなメンツ。う~ん・・・

スタート後の行き脚があまりつかないのでどうしても後方からのレースになるのだろう。
前走のように向こう正面で動くと終いの伸びがないというのはわかったが、東京と違って中山は直線が短いので果たしてそれで届くのか。

なんとも微妙だ。

中山の場合はいっそ3角あたりで捲りきってしまえばそのまま流れ込むことは珍しくないが、前走の結果を考えると鞍上もそういう戦法は取りにくいんじゃないか。
それほどペースが早くなるようなメンツにも思えないし、どんなレースをするのだろうか。

今回も応援はしたいが、馬券はちょっと買いにくいぞ。

 
 
 
 

 
 
 
 
先週のシルクの更新でヴェロニカグレースは今週中に帰厩予定とあったがそろそろ美浦に戻ったのだろうか。
 
今週帰厩だとレース前の追い切りは来週と再来週の2回か。どの程度の仕上げで出走できるのだろう?
 
天栄の坂路で14-13の調教を続けているのでそれなりに仕上がってきているとは思うが。
 
そして今度の鞍上は誰になるのか。引き続き戸崎か。最近はちょっと調子落ちにも見えるのでもしそうなら少々心配。
 
しかし、クラシック路線に乗せたいと考えているならころころと騎手を変えるのもどうかと思うし悩ましいところ。
 
気になるなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ニューワールドレーシング


 
今週のGⅠ・阪神ジュベナイルフィリーズは登録23頭。回避がなければ1勝馬12頭のうち7頭が出走可能で5頭が除外。ということで検討は出走馬が確定してからになるが、、、

札幌2歳S勝ちのロックディスタウンが人気するのかな?
前走のメンバーレベルを考えるとそれほど力が抜けているようにも思えないが、馬体は大物感あるし馬券的にはちょっと悩ましいタイプw

明日の調教と各馬の前走映像をじっくり見て決めたいが、時間あるかな?
 
 
 
 

 
 
 
 
アッゼニが短期免許を途中で投げ出したり、キセキが皮膚病で香港で隔離されてたり、平野優騎手が今月いっぱいで引退して調教助手になるとか(小島太一はまだかw)色々と週明けから話題もあるが、新しい一口クラブ「ニューワールドレーシング」もここにきて急に注目を集めている。
 
ハナズでおなじみのマイケル・タバート氏が立ち上げる一口クラブ。
 
今年の7月にニューワールドレーシングオーナーズというオーナーズクラブを立ち上げているが、今度はその一口クラブ版といったところか。
 
オーナーズクラブは馬主資格を持つ個人馬主向けの1/10の一口馬主制度だが、今度は募集口数40口という大口の一口クラブ。
 
サンデーRや社台RH並みの高額一口クラブなので自分には今のところ縁のないクラブだが、オーナーズクラブのように入会金・会費無料とかなのだろうか?
 
初年度の募集馬ラインナップはフランケル産駒2頭が目玉になっているが、それ以外はニューワールドオーナーズと同様に日高の馬を中心に募集するようだ。とても良いことだと思う。
 
ノーザンファーム・社台ファームばかりじゃやはり興行としてもつまらない。
 
日高からも活躍する馬が出てきてこそ、競馬はもっともっと面白くなるだろうし。ぜひ成功してほしいものだ。
 
・・・と言いながら自分はノーザンF系のシルクで一口やってるわけだけどw
 
 
しかし、今年はワラウカドに始まり、DMM、そしてニューワールドレーシングと一口クラブの話題提供が多い。
 
もう何年も前からサンデーRやキャロットといったクラブ馬主の活躍馬が目立つようになったがここにきてそれに拍車が掛かっている感が強い。
 
ロードカナロア以来あまり活躍馬の見当たらないロードも今年の2歳馬の勝ち上がり率はとても良くなっているし、シルクの2歳馬も同様。
 
一昔前の一口クラブはサンデーRの一人勝ちという状況からずいぶんと幅広くなってきたように思う。
もっともそれとてノーザンF系クラブの躍進が大きいという面はあるが、今後日高の活性化を謳うニューワールドレーシングが活躍馬を出してくれば、それに刺激を受けてターファイトやユニオン、ローレルなどももっと元気になってくるんじゃないだろうか。
 
 
 
な~んてことを考えていると、そろそろファンディーナ(ターファイトC)の復活もあるかな?などと思ったりw
ただファンディーナって人気先行タイプなのでオッズ的にはあまり妙味はないんだよなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ヴェロニカグレースの次走予定


 
金曜日のシルク更新、ベロニカグレースの次走予定が1月8日(月)の500万・中山芝2000mと発表された。
やっぱりそこだよね、という感じ。すんなり勝ち上がってくれると嬉しいが。そこで取りこぼすと次は東京のセントポーリア賞かゆりかもめ賞あたりになるのだろうか。
東京での走りを見てみたいとも思うが・・・まずは無事に出走してほしい。

1歳馬の更新もされていてサトノジュピターの16、ラックビアーアレディトゥナイトの16ともにまだ坂路や周回コースでの調教はしていない様子。
両馬とも馬体の成長待ちといった感じだ。小さめなことは承知の上で出資したがもう少し大きくなってくれるといいが。。。

 
 
 
 

 
 
 
 
今日の中山メインはステイヤーズS。
 
ここは人気でもアルバート中心にせざるを得ない。
アルゼンチン共和国杯は58.5kgを背負って0.7差4着。明らかに次を意識した仕上げだったと思う。3連覇は濃厚だと考える。
 
問題は相手。フェイムゲームが筆頭だが馬連の相手1点でいくか、紛れを期待して人気薄を絡めるか。
 
おもしろいのはおそらく前に行くだろうグランアルマダとシルクドリーマーの2頭と考える。
馬券を買うならアルバート1着固定でグランアルマダ、フェイムゲーム、シルクドリーマーの3頭に流す3連単6点くらいだろうか。
 
 
阪神メインのチャレンジカップは3歳馬2頭が人気になっているが、あの泥んこ馬場の菊花賞のあと。疲れが残っているほうに賭けて◎モンドインテロ、〇デニムアンドルビーで馬連ワイドを。
 
2頭軸3連複流しでもいいか。人気2頭が両方飛んで変なのが食い込んでくることに期待して総流しでもいいかもしれない。
 
 
いずれにしても・・・今日はあまりやる気のない日だったりする。
 
 
葉牡丹賞のジェネラーレウーノの好走に期待してテレビ観戦の一日。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

シルク、第1回追加募集


 
シルクの第1回追加募集のリストが発表された。第1回ってことは第2回もあるんだよな。

なかにスクリーンヒーロー産駒が1頭、ロイヤルクリッパーの16・牝、美浦・武市厩舎。
一口28,000円なり。

う~ん、誘われるw

この世代はもう2頭出資しているし、自分のお小遣いの範囲では年に2頭が身の丈に合ってると思っているので、これ以上は出資できないがいつかはスクリーンヒーロー産駒も一口持ってみたいものだ。

1歳世代で出資しているのはサトノジュピターの16・牡、美浦・金成厩舎。父ハービンジャー。鹿毛。

ハービンジャー産駒は昨年まではいまいちの印象だったが今年はGⅠ馬が3頭誕生するなど一気にブレーク。
ヴェロニカグレースもハービンジャー産駒だが2戦目ですんなりと勝ち上がってくれたし、これからもっと活躍馬が出てきそうな感じがするので楽しみにしている。

10月19日にノーザンファーム早来に移動したのでもう1ヵ月以上、どのくらい育成が進んでいるのだろうか。
11月1日のシルクの更新では馬体重が430kg、もう少し馬体を大きくしてほしいというのが目下の願い。
 
 

もう1頭の出資馬はラックビーアレディトゥナイトの16・牝、栗東・松永厩舎。父Australia。栗毛。

父Australiaはガリレオとウィジャボードの間に生まれた超良血で2014年の英ダービーを制している。
その初年度産駒が果たしてどんな活躍を見せるのか、その関心だけで出資を決めたようなものだw

こちらもノーザンファーム早来へは移動済みですでに1ヵ月が経過している。馬体重は前回更新時で436kgとこちらも小柄なのでもう少し成長してほしいところだ。
 
 
 
 

 
 
 
 
今朝、シルク・1歳馬12頭のノーザンファームでの調教動画がアップされていた。
 
残念ながらサトノジュピターの16、ラックビーアレディトゥナイトの16はまだ調教動画がない。
 
まだそこまでは育成も進んでいないのだろう。
 
初めての一口出資となったヴェロニカグレースはノーザンファームでの調教動画を見て決めた。
 
今年の3月のことだが、その時の印象はこの時期にしてはけっこういい動きなんじゃないだろうか?というものだった。
 
馬体や調教の良し悪しを映像や動画を見て判断できるほどの知見は持ち合わせていないが、できればそうした映像を見て出資も決められるといいのだが。
 
多くの募集馬がその頃にはとっくに満口になってしまっているのが悩ましいところだ。
 
それを思うとあの時期にヴェロニカグレース、よく満口にならずに残っていたなあ・・・と。
とてもラッキーだったのかもしれない。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!