「日記」カテゴリーアーカイブ

北海道上陸

久しぶりに北海道の実家に来ている。

実家にはインターネット環境がないのでパソコンは持ってきていない。なのでこのブログもスマホからの更新、ちゃんとできるだろうか?

今週末の出馬も確定して土日の競馬を待つだけだが、せっかく北海道まで来たのだからと土曜日は日高の牧場を訪ねようと予定している。

とはいっても実家からはなかなかの距離なのでそう幾つも回れるというわけではないが..

とりあえずレックススタッドに行ってスクリーンヒーローには会いたいなあ。

日曜日にはルーカスの出馬が確定した。楽しみだなあ。

他にも日曜日は小倉の新馬戦にカノウムスビというスクリーンヒーロー産駒がデビュー。荻野極が鞍上だ。どのくらいの人気かわからないが、人気薄でも上位に持ってきてくれる騎手なので期待してしまう。

札幌では2歳未勝利にスタートレイン、3歳未勝利にピティヴィエ、新潟のNST賞に久々のプロトコルがスタンバイ。

札幌記念もあるが、個人的には他にたくさん注目したいレースがあって、忙しい日曜日になりそうだ。馬券、あまりやられないように抑えめにがんばろう。

モーリスの全弟、ルーカスがいよいよ始動

札幌記念は登録13頭、メンバー的にも今年はちょっと一枚落ちる感じで盛り上がらないなあと思うのはここ数年GI馬の参戦が当たり前のようにあったからだろうか。
 

ヤマカツエース、マウントロブソン、エアスピネルあたりが人気の中心となるようなメンバーではそう思ってしまうのも仕方がないか。
 

ちょっと前にはネオリアリズムとかリアルスティールの名前が出走予定馬の中にあったようが気がするのだがそれらがいないのは残念。せっかく現地参戦なのになあ。
 

こうなると楽しみは当日の新馬戦芝1800mにモーリスの全弟ルーカスがデビューすること。

兄が偉大過ぎて人気が先行しがちになるだろうから馬券を離れて(←ここポイントw)応援したい。
 
あ、でもせっかくだから単勝馬券は記念に買っておこうか。
 
グリーンチャンネルの今日の調教、または今週の調教でルーカスは取り上げられるだろうか。追い切り映像を見るのも楽しみである。

 
 
 
 

 
 
 
 
その新馬戦には他にも藤澤和雄厩舎や松田国秀厩舎、昆貢厩舎の期待馬が出走予定らしいが、人気はルーカスが被るんだろうなあ。
 
新馬戦って血統と調教タイムくらいしか予想の材料がないから、オッズが偏り過ぎる傾向は強いよね。だから基本あまり馬券は買わないんだけど。いつも応援馬券くらいで。
 
 
今年の2歳馬では勝ち上がっているスクリーンヒーロー産駒はJRAではまだスターリバー1頭だけなので、ルーカスには続く今年の産駒大本命としてがんばってほしいもの。
 
モーリスの全弟ということで注目度は高く陣営のプレッシャーも相当のものだと思うが、慎重な堀調教師がこの時期から出走させるからにはそれなりの期待と考えがあってのことだろう。
 
距離も1800mでおろすのだから兄とは違った距離適性を見込んでいるのだろう。
 
クラシック戦線を賑わすことができるか。期待したいと思う。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

人気というのはおもしろい

今週の重賞は関屋記念だけかと思っていたがエルムSもあったのか。
しかもエルムSにはヨヨギマックの登録があるじゃないか、除外対象みたいだけどw

 

関屋記念に出走予定のウインガニオン、さすがに今度は1番人気だろうと思っていたがnetkeiba.comの予想オッズだと2番人気。

逃げ馬だからこれまでの3連勝はすべて展開が向いた、と思われてるのだろうか。

展開が向いただけでオープン3連勝で重賞勝ちまではできないと思うけど。それもその3戦が新潟、東京、中京といずれも直線の長い、どちらかというと差し馬有利なコースでのものだけに4連勝も十分にありそうな気がするのだが。
 

そして前走の中京記念で1番人気だったブラックムーンは4番人気。前走も抜けた人気ではなかったが複軸は外さないんじゃないかという雰囲気はあったような気がするけどね。

人気というのはおもしろいなあと。
 

ま、レースを迎えて実際のオッズがどうなるかはわからないが、上位人気もオッズは割れそうなので馬券を検討するのは楽しそうではある。
どの馬からでも入れそうな感じはするし。
 

パッと見はマルターズアポジーがいるし、マイネルハニーもいるし、ウインガニオンもいるし先行勢にはなかなか厳しそうな展開になりそうで、おまけに新潟の外回り、差し追い込みに目が行くのは仕方がないのかなとは思うメンバーだけど。

意外とこんな時に前が楽な流れになってしまうのも展開の難しいところだが、その辺は各馬の鞍上の性格も考えてみたりして予想していきたいところ。
このところ長めの距離で逃げてきたマルターズアポジーがハナを取れずにノリのクラリティスカイあたりがハナ取ったりしたらどうなるだろうかw

楽しみなレースである。
 
 
 
 

 
 
 
 
気になるところではウインオスカーが岩手のクラスターカップに登録があって、JRAの出走予定馬にしっかり入ってるのだが、本当に出走するのだろうか?
 
相手なりにそこそこやれるところはあるのでもしかしたら出走してもそこそこやれるかもしれないが、準オープンの身で交流G2はなかなかハードルが高いと思うが。
 
9月中山のながつきSに向かうという話もあるようだし、いったいどちらなのか。
 
両方使う、という可能性も考えられるが。。。
 
 
 
休養中のトラストは9月3日札幌の丹頂Sで復帰予定らしい。
意外と早く戻ってくるのね。昨年11月から使い詰めだったし、しかも春はG1を3連戦という厳しいローテーションだったのでもっとゆっくりするのかと思っていたが。
 
まさか菊花賞に向かうのだろうか。
 
もしそうなら少々古い話だが3歳春に弥生賞→スプリングS→皐月賞→青葉賞→ダービーと使われ、秋には京都新聞杯→菊花賞と使われたステージチャンプ並みのハードな使われ方なんじゃないかと思うな。
 
ダイナアクトレスの初仔だったのでかなり入れ込んで応援していたのだが、ついにGIには手が届かなかったなあ・・・
 
 
やっぱり、調教師とか馬主って馬の成績には大きな影響を与えるよな、、、トラストにはもっとゆったりと使って大きなところを取ってほしいと思っているが。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

残念ながら抽選ハズレたw

シルクの第1次募集、キーオブライフの16に申し込んでいたがやっぱり抽選ハズレ。まあ想定の範囲内ではあるが。

当選した方はおめでとうございます。活躍を祈ります。

キーオブライフの16は申し込んだときにはまだ250口にも達してなかったはずなので、もしかしたら大丈夫かなあ~などと思っていたのだが終わってみれば828口の申し込み数があった模様。

500口を超える出資申込みのあった場合は300口が過去3年の出資実績の多い人が優先されて、残りの200口が抽選。
つまり・・・キーオブライフの16の場合は828口の申込みのうち528口が残り200口を争う抽選というわけね。

ちなみにキーオブライフの16を抽選なく出資できるには出資実績886,000円が必要だったとのこと。

弱小出資者はこういうところでもハンデを背負うわけだ。

抽選になった募集馬の出資実績のボーダーラインがそれぞれシルクのサイトに掲載されているが、サマーハの16なんてボーダーラインが1060万円よ!?

3年で1060万円も出資できるって・・・お金のある人は凄いなあ・・・っつか、そういう人には社台HRとかサンデーRに専念してほしいものだと。

弱小出資者の居場所がどんどんなくなってくるじゃないか。

社台F、ノーザンF系のクラブは金がないと満足に出資もできないということか。

なんともはや┐(´д`)┌ヤレヤレ
 
 
 
 

 
 
 
 
運営側としてはたくさん出資してくれる人に希望の馬を優先的に出資してもらう、というのはクラブ法人だって営利企業なのだろうし、まあ当然の流れではあるのだろうとは思う。
 
安定して資金を集めて、より良い馬を揃えて更にたくさんのお金を集めるというのは重要なことなのだろうし。
 
 
しかし、こんなところで格差社会を感じさせられるとは。
 
 
できるものなら社台RHやサンデーRで一口も何10万~何100万なんていう馬に出資したいものだが、それができないから一口価格の安いシルクで一口始めたのになあ。
 
こうなったらDMMバヌーシーに鞍替えするか?さすがに一万口ならそう簡単に満口にはならんだろ。シナイケド
でも、マジで他のクラブも含めて出資できる馬を探してみようとは思っている。
 
こうやって一口沼にハマっていくのねwww
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

DMMバヌーシー

DMMのバヌーシーが注目を集めている。

実際に一口に参加する人がどのくらいいるのかはまだわからないが、コンセプトとしては従来からある一口馬主とはちょっと違ったスタンスのようだ。

自分も今年の2歳馬からシルクHCで出資するようになったが、今の段階でバヌーシーに参加しようとは思っていない。

実際に一口で2つ、3つと勝ち上がっていく馬を持つことはそう多くはないのだろうと想像しているが、そういう観点(=投資に見合うリターンは稀)で考えればバヌーシーのアプローチは決して悪くはないような気はする。
つまり、出資する人が求めているのはリターンではなく感動なのだということであれば、なかなか持つことの難しそうな高額の良血馬に出資ができるというのはアリなのだろうと思う。

ただ、自分としては1つ勝ちあがるのもなかなか大変であるからこそ、勝った時にはそれなりの配当も手にできるという喜びも欲しいけどな、、、と思うのだ。

バヌーシーは1万口、先日発表されたキタサンブラックの全弟が1口4万4000円ということは募集総額4億4千万円だ。

維持費などの追加の費用が掛からないとはいえ、これはそう簡単に回収できるものではないだろう。

有馬記念やジャパンカップの1着賞金が3億円だ。
投資という観点であればGIを2つ3つ勝って、ようやくリターンとしては満足のいくレベルという話になってしまう。

いくら入り口が低価格だといってもなかなか出資しようという気にはならないというのが、今現在一口を楽しんでいる人たちの感覚ではないだろうか。
 

特にこれまで競馬というものにそれほど興味のなかった人がそうしたものに出資してみようと考えるものなのだろうか。

バヌーシーがこれからどのような展開を見せるのか、外野から興味津々で見守ってみようと思う。
 
 
 
 

 
 
 
 
正直なことを言うと、バヌーシーのレベルの楽しみ方なら各種競馬関連サイトなどがやっているPOGで十分じゃないのか?と思ったりするのだ。
 
POGで指名しているだけでも自分の馬のような気持ちで応援できるし、もっと言うならちょっと思い入れのある応援している血統の馬が活躍するだけで充分感動できるのが競馬ファンだと思うのだ。
 
コンセプトは面白いかなあとは思うけど、果たしてどのくらいの出資者が集まるのか。
 
予想外にこれまであまり競馬に強い関心のなかった人たちを取り込めるのか、または競馬歴の長いファンから夢の良血馬だからと出資する人が多く出てくるのか。
 
興味は尽きない。
 
 
自分の予想では、サンデーレーシングや社台RHなどの一口の単価が高額なクラブでも出資しているような人がぜひ持ってみたい血統馬だからと100口とかで出資するのかなあ、などと思っているが・・・
 
 
しかし、、、
キタサンブラックの全弟が4億4千万円、リアルスティールの全妹が3億2千万円、デニムアンドルビーの全弟が4億2千万円、、、なかなかの金額だよなあ。。。
それほどの超良血でなくとも1口の最低価格は1万円のようなので最も安い馬でも募集総額1億円だ。
 
初めての出資馬が募集総額1500万円の私にはなかなか手の出る案件ではないのだ(笑)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!