「日記」カテゴリーアーカイブ

サトノクラウン有馬記念出走、7月デビューから10戦目になるヒダルマ


 
サトノクラウンが有馬記念出走を正式に決めたようで良かったなあ。
クラウンが出走しなければファン投票上位10頭のうち出走するのが3頭しかいない状況だったから。
ま、3頭が4頭になったところでファン投票っていったい何よって話ではあるがw
1頭でも増えたのは良かったと思う。

だが、これからもこういうことは多くなるんだろうな。
直前に香港国際競争があるし、これからもそちらへ出走するという馬も続くだろうし。

有馬記念も今年で62回目。そろそろ現在の状況に合わせて何か形を変えることも必要なのかもしれない。
 

あ~、だから有馬記念のあとにホープフルSの開催を組んだのだろうか。将来への布石として。

JRAにそんな先を見た動きを指揮できる人材がいるのかは知らんが。
 
 
 
 

 
 
 
 
出走馬も確定して今週はスクリーンヒーロー産駒が大挙14頭の出走。ヒェ~
 
土曜日が中山で4頭、中京で3頭、阪神で2頭。
日曜日は中山で3頭、阪神で2頭。
 
ずいぶん多い。
 
楽しみなのは土曜中山5R新馬戦のケンガ、仲冬Sクライスマイル、高山特別マイネルザウバア、妙見山特別ミスズスターあたりかな。
 
 
 
土曜中京1Rのヒダルマはもう10戦目。使われ過ぎだろ。森秀行厩舎らしいといえばらしいが・・・
7月9日のデビュー以来、中1週→中2週→中1週→連闘→中4週→中3週→中1週→中1週→中1週というローテーション。
ちょいちょい掲示板には乗ったりしてるが、預託料くらいは自分で稼げ!と言わんばかりの使われ方でちょっとかわいそうだ。
 
ヒダルマの馬主の所有馬を見ると1年に1頭くらいのペースで持ってるっぽい。
そんなにたくさん自分の馬を出走させたければ自分で1頭持つんじゃなくて一口でたくさん持てよと思うが、これも価値観なんだろうなあ・・・
 
それにしても不憫だ。
新馬や2戦目を見た時は成長してくれば未勝利くらいは勝ち上がれるかもしれないなと思ったが、こんな使われ方じゃ成長も促せないだろう。馬自身がまさに火だるまになって駆けているようなものだ。
 
地方競馬にはこういうのもたくさんいるんだろうなあ・・・
 
 
 
あとウインベラシアスがここにきて初ダート。
逃げてどこまで、という競馬が続いているがダートで変わり身を見せてくれるだろうか。
 
 
 
 
スクリーンヒーロー産駒以外にも香取特別にマイネルクラースが、ディセンバーSにグレーターロンドンと応援している馬が出走。頑張ってほしい。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ヴェロニカグレースは15日金曜日に帰厩予定


 
シルクからメールが届いていて、ヴェロニカグレースは金曜日に帰厩するとのこと。
いよいよ次走が近づいてきた感がある。
帰厩して3週間ほどでレースだからやはりノーザンファーム天栄で乗り込みは十分にこなしてきているということなのだろう。

特にどこか悪いところがあるとか疲れが溜まっているとかで放牧されていたわけでもないのでそれも当然か。

次にすんなり勝てるようならそのあとはまた少し間が開きそうだが、勝てなければ東京のセントポーリア賞とかゆりかもめ賞とかフリージア賞あたりになってくるのだろうか。

できれば重賞を使う前に500万を勝ち上がってくれると嬉しいのだが。

いい結果が出ることを楽しみに待とう。
 
 
 
 

 
 
 
 
ふと年明け以降の3歳(現2歳)500万の芝の中距離レースってどのくらいあるのかが気になって1,2回中山と1回東京の番組表を見てみた。
 
1月 8日 中山/平場・芝2000m←ヴェロニカグレース出走予定
1月21日 中山/若竹賞・芝1800m
1月28日 東京/セントポーリア賞・芝1800m
2月 4日 東京/ゆりかもめ賞・芝2400m
2月17日 東京/フリージア賞・芝2000m
2月24日 中山/水仙賞・芝2200m
3月11日 中山/平場・芝2000m
 
こうしてみると1月8日に勝てなくても意外にレースがあるなあと。
ローテーション的にはフリージア賞、3月11日の平場戦あたりが狙いになってくるだろうか。
 
もし次走で勝ち上がったら少し間をあけて3月17日のフラワーCか。
まさか2月11日の共同通信杯は骨っぽい相手も出走してくるだろうし使わないだろうw
 
2回中山までに勝てなければ3回中山のミモザ賞とか山吹賞あたり。
このくらいまでに勝ち上がれなければフローラSを使ってオークスへ、というのは難しくなってくるんだろうな。
 
 
まずはどうか無事に。そしてできれば重賞戦線で好走できるようになってくれますように。
 
 
(デビュー前は一つ勝ってくれれば良いと思ってたけど、だんだん欲深くなってくるw)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

香取特別があったか


 
おぉ、気がついたらマイネルクラースが今週の香取特別・中山ダ2400mに登録してるじゃないか。年明けの成田特別・中山ダ2400mじゃないかと思っていたらこんなとこにもこの距離が(笑)

前々走のれーすぶりを見てこいつは強い!と思い、前走思いっきり買ったら見事に裏切られた(笑)

今度はさすがに人気を落とすだろうと思って出走メンバーを眺めているが、、、

あれ?そんなに人気落とさなさそうなメンツ。う~ん・・・

スタート後の行き脚があまりつかないのでどうしても後方からのレースになるのだろう。
前走のように向こう正面で動くと終いの伸びがないというのはわかったが、東京と違って中山は直線が短いので果たしてそれで届くのか。

なんとも微妙だ。

中山の場合はいっそ3角あたりで捲りきってしまえばそのまま流れ込むことは珍しくないが、前走の結果を考えると鞍上もそういう戦法は取りにくいんじゃないか。
それほどペースが早くなるようなメンツにも思えないし、どんなレースをするのだろうか。

今回も応援はしたいが、馬券はちょっと買いにくいぞ。

 
 
 
 

 
 
 
 
先週のシルクの更新でヴェロニカグレースは今週中に帰厩予定とあったがそろそろ美浦に戻ったのだろうか。
 
今週帰厩だとレース前の追い切りは来週と再来週の2回か。どの程度の仕上げで出走できるのだろう?
 
天栄の坂路で14-13の調教を続けているのでそれなりに仕上がってきているとは思うが。
 
そして今度の鞍上は誰になるのか。引き続き戸崎か。最近はちょっと調子落ちにも見えるのでもしそうなら少々心配。
 
しかし、クラシック路線に乗せたいと考えているならころころと騎手を変えるのもどうかと思うし悩ましいところ。
 
気になるなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ターコイズSの展望


 
土曜日にはターコイズS、牝馬限定のハンデ戦、しかもまぎれの多い中山のマイル、これが荒れないでいつ荒れるの、今でしょ!的なレース。ナンダソレ・・・

重賞に格上げされて今年で3回目、今年からGⅢの格付けが与えられるが条件は2006年からずっと変わらない(それ以前は距離が1800mだった。個人的にはその時代のイメージが強くていまだにマイル戦というのに馴染んでないのだがw)

過去10年で見ても馬連万馬券が5回、2桁人気馬が馬券圏内に入ること5回、3連単の最も安い配当が14,740円、1番人気馬の成績は[2.1.1.6]、重賞となった2015年には11番人気→16番人気→15番人気で決まって馬連54,690円、3連単2,954,680円と荒れに荒れているレース。
つまり穴党がよだれを流して参加するレース。その割に自分は当てた記憶があまりないのだが(-_-;)
確かコスモマーベラスが馬券になったとき(3年連続馬券になってる)に1度取ったような記憶はあるが、もう10年以上前だし。

今年はラビットランが人気になるようだがオッズはまったく勘案しないほうが良さそうなレースなので、単純に展開が向きそうな馬を中心に予想を組み立てるのが正解への近道だろうと思う。
なので枠順が決まるまではあまり検討しても意味がないとは思うが事前にどんなタイプが出てくるのかだけはチェックしておきたい。

登録17頭でフルゲートは16頭なのだが回避馬もいそう。

特に逃げ馬というタイプもいなく徹底先行というタイプもそれほど目につかない。
過去のレースの位置取りや今回の鞍上を考えると、人気薄の中ではペイシャフェリスやディープジュエリーなんかが内枠に入ったら要チェックに思える。
 

そんなメンバーなのでペースはあまり上がりそうにもない。
ならば瞬発力比べを想定して、中山や阪神のような上がりの掛かるコースで上位の脚を使ってきている馬もチェックしておいたほうが良さそうだ。

その視点だと人気だがローズSを最速上がりで差し切ったラビットランはやはり無視するわけにはいかない。
他には中山のスピカS(1600万)で2番手で先行しながら上がり2位で押し切ったワンブレスアウェイも浮上するか。

人気薄からなんとか捻りだすなら稍重の忘れな草賞で最速上がり36.0で追い込んだハローユニコーンと思ったが、こちらは翌日のディセンバーSにも登録があってそちらに使う可能性が高そう。残念w
 
 

ハンデ戦なので斤量に目をやると、前走1600万勝ちで昇級戦となるがチューリップ賞2着のあるミスパンテールが53kgというのは恵まれたんじゃないだろうか。

またフロンテアクイーンも1600万条件の身だが福島牝馬Sを54kgで2着しているのに今回の斤量53kgというのは楽に見える。
 
 

現状で馬券候補になりそうなのはペイシャフェリス、ディープジュエリー、ラビットラン、ワンブレスアウェイ、ミスパンテール、フロンテアクイーンといったところか。

これに調教をチェックして加えるものを検討して、枠順を見て印の出し入れすれば良いだろうか。
 
 
 
 

 
 
 
 
2回に1回馬券になっている2桁人気馬。
 
昨年は比較的順当に決まっているし、それなら今年は荒れるだろうと思っているがどの馬がその役を担うだろうか。
 
先に挙げた6頭の中ではペイシャフェリスがその大役を果たすんじゃないかと思っているが、堀厩舎のサザナミとか手塚厩舎のアッラサルーテなんかも出てくればちょっと惹かれる。
 
このあたりのリーディング上位に名を連ねる厩舎が12月に出してくる人気薄って不気味だからなあ・・・
 
あとは牝馬戦だしやっぱりノーザンファームの馬は気になる。アールブリュットとかバンゴールなんて全然人気もなさそうだが厩舎も尾関厩舎に戸田厩舎。
レースが終わって「マジか~」なんて言わされそうな存在ではある。
 
 
てなこと考えてると全然絞れなくなって困るのだがw
 
ま、それも楽しからずや。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

朝日杯フューチュリティSの展望・・・なのか?


 
今年の漢字は「北」になったそうで、それを聞いた競馬ファンはみんな「有馬記念はやっぱりキタサンブラックなのか」と思ったんだろうなあ。

でも、キタサンブラックって3歳秋以降、休養明け3戦目は必ず前走よりパフォーマンスが落ちてるので、今度は4着以下になると睨んでるんだがそれは穴党の願望がすぎるだろうか。
天皇賞春秋連覇してるし大阪杯も勝ってるし2年連続年度代表馬はあげるから、有馬記念は大穴を演出する4着とかになってくれないか。
 

どうも、ふぉんてんです。←久々w

気がつくと今年のJRA・GⅠはダービー、宝塚、秋華賞、JCと先週の阪神JFの5鞍しか的中していない。
的中率22.7%、だいたい普段のアベレージどおり。GⅠで情報が豊富に提供されるからといって、必ずしも当たりやすいわけではないということがよくわかるな。うむ。
 
 

残すところGⅠは3鞍。3つのうち1つくらいは当たってほしいものだ。
ホープフルSはルーカスから入ることは既に確定的なので、朝日杯と有馬は欲(=オッズ)に目をくらませることなく冷静に決めたい。

朝日杯フューチュリティステークス
軸はタワーオブロンドンかダノンプレミアムかステルヴィオの3頭からピックアップすることになるのだろうか。

ヒモはケイティクレバー、カシアス、ファストアプローチ、フロンティア、ケイアイノーテック、ダノンスマッシュあたりが候補になってくるか。

どんな枠順になるかはわからないが、おそらくハナに立つのはケイティクレバーで他馬がそれに競り掛けるというのもなさそう、ペースは落ち着いて直線の末脚比べになるという大方の予想通りの展開になるんじゃないだろうか。

となるとこれまでのレースでしっかりとした末脚を使っている馬に絞り込んでいくことになる。
出走各馬の前走のリプレイなどはまだチェックしていないが、馬柱から読み取れる数字だけで判断するなら、例えば上がり3Fを34秒台前半以内で出走馬中1~2番の脚を使ったことのあるタイプがいいんじゃないか。

そうなるとステルヴィオ、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、穴っぽいところではケイアイノーテック、フロンティア、ムスコローソあたり。

ダノンプレミアムは先行して堅実に速い上がりを使えるがこの視点に立つと1枚落ちる感じになる。そうはいっても軽い印にはしにくいがw
 

ケイアイノーテックなんかは新馬戦(阪神1600m)で5F通過が63.0というスローだったとはいえ3~4番手追走で33.5という最速上がりを使っている。
デイリー杯は0.6差3着に負けているので今回人気はかなり落としそうだが、馬体重+22kgと大幅に増えていたし今回絞れて枠順と展開がハマればおもしろい1頭じゃないだろうか。(条件付き過ぎかもしれないがw)
 
 
 
 

 
 
 
 
朝日杯FSが阪神外回り1600mで行われたのが2014年からの3回。
馬券になった9頭のステップは前走デイリー杯組3頭、京王杯組2頭、いちょうS(現サウジアラビアRC)1頭と重賞組が6頭で2/3を占めているが、いずれも2,3着。
勝ち馬はベゴニア賞(500万・東京芝1600m)からが2頭、新馬戦(京都芝2000m)からが1頭だ。
 
ベゴニア賞からの2頭は新馬戦を2着または新馬未勝利を連続2着し、未勝利・500万と連勝してここに臨んでいる。
 
今年はそういうパターンの存在はいないかと見てみると、ダノンスマッシュがまさにそのパターン。違うのは前走距離が1400mという点のみ。距離経験は大事だと思うが、連勝中の勢いには注意したい。
それを言うと人気のタワーオブロンドン、ダノンプレミアムも連勝中なのだが。
 
 
しかしこうやって出走馬を整理していくと段々とイメージらしきものはできてきたような気がする。
 
ま、毎週それなりにメインレースのイメージはできているはずで、それでもハズれてるだろと言われると申し開きのしようがないが。
誰か簡単な必勝法、教えてくれないか。(無い
 
 
しかし先週の阪神ジュベナイルフィリーズといい、今週の朝日杯フューチュリティステークスといいレース名ちょっと長すぎないか。
サウジアラビアロイヤルカップ的なGⅢ感が拭えないのだ。サウジアラビアRCのほうができたのは後だけど。
GⅠのレース名はもっと天皇賞!とか桜花賞!みたいな短いスッキリした名前のほうがいいと思う(あくまで個人の見解w
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!