「競馬場」カテゴリーアーカイブ

初めての阪神競馬場


6月3日から遅ればせながらの大型連休に入ったので、阪神競馬場へ行ってきた。

ぷらっとこだまを利用して東京駅 8:56発のこだま641号に乗り込み、のんびり旅行の始まりである。
あさイチからのぞみに乗って午前中から乗り込むことも考えたが、あまりイレ込んで行っても馬券でやられる気がしたのでw、土曜日はミュゼエイリアンが出走する鳴尾記念に間に合えばいいという気持ちで出掛けた。

ぷらっとこだまなら時間は掛かるがグリーン車を使っても新大阪まで12,000円だ。
東京から新大阪までの4時間弱、快適な車内でゆっくりと競馬新聞で午後のレースを検討したり、POG本を眺めて今年の2歳馬はどの馬を応援しようかと考えたり。

そんなことをしていれば4時間なんてあっという間である。
新大阪からJRと阪急を乗り継いで(やっぱり大阪駅でちょっと迷ったw)、仁川へ。

改札を出てすぐに阪神競馬場入り口のエスカレーター。
これは仁川駅というより阪神競馬場正門前駅と言ってもいいんじゃないの?と思いながらエスカレーターを降りるがそこからけっこう距離のありそうな雰囲気w

中山競馬場の船橋法典駅からの地下道もそうだけど、駅から競馬場へのアプローチってなぜかどこも同じ雰囲気だと思うのはそこを歩いている人たちが作り出すもんなのか。
初めてなのにいつも歩いているような気分で競馬場への道をしばらく行くといよいよ阪神競馬場だ。

これが自分にとってはJRA10場のうちの9つ目。残すは小倉競馬場。いつ行けるだろうか。

しばらく場内をブラブラと見てまわり、小腹がすいたので西ウイングのフードプラザにあるさぬきやで肉うどんを食す。

関西らしい薄口の出汁が旨い。
普段、府中や中山では蕎麦を食べることが多いが、こちらはやっぱりうどんだよなあとひとりで納得していると、目の前に田舎うどんとカレーの2つを持ったオバチャンが目の前に。
だれか連れの分も持ってきたのかと思ったが、おもむろに両方を順番に食べだした。
関西のオバチャンはパワフルである。これはうかうかしてると馬券でも負けてしまいそうだ。しっかり気合いを入れていかないと・・・

うどんを食べ終わった後は再び場内散策。

重賞があるので一般席に空きはないものと覚悟していたが、そんなこともなくいつでもどこかしら座ることができる程度の入り。土曜日はこんなもんか。

あちこち見てまわっているうちにメインのパドックが始まったのでパドックへ。

ミュゼエイリアン、人気はないが調子は悪くなさそうだ。
ペースも上がらなさそうだし、渾身の単勝馬券3000円を購入。オッズは30倍台(最終的には43倍)、これは新幹線代どころか宿泊代も軽く捻出できるなあ~とほくそ笑んでいた。

レースはご存知の通り、軽快に2番手追走も直線馬群にのまれて9着。

捕らぬ狸の皮算用とはこのことだったなあ。。。

しかし、自分には最終がある!と最終は4番人気の岩田マッカートニーからの馬連流しを敢行するもマッカートニーは後方からよく追い込んだが届かず3着。

ま、初日はこの程度勘弁してやろうとその日の宿舎のビジネスホテルへ。
 
 
 

 
 
 
 
日曜日はほぼ開門時刻に競馬場に向かった。
この日の阪神には重賞はなかったが東京では安田記念があるとあって朝からそれなりに人は集まっていた。
一般席をいちいち確保しておくのも面倒なので指定席へ。
 

 
さっそく1Rのパドックへ。
 
前日予想では穴狙いで小牧騎乗の15番エナジーハピネスから入ろうかと考えていたが、パドックをみる限り人気だが和田の8番ピカロに逆らうのは無謀に思えた。
 
そこでピカロから2番クレアチェイス、15番エナジーハピネス、6番サテンドール、16番ウインパソドブレ、13番ニホンピロメリーナへの馬連流し5点。
 
すると直線ピカロが楽々抜け出し、先行したサテンドールが粘りこみ馬連的中!で配当は17.3倍。
 
幸先の良いスタートになった。
 
続く2Rのパドックでは酒井6番バルコラベーロが良い雰囲気。
展開的にも先行なだれ込みが見込めそうなメンバー、人気も割れていて上位人気の組み合わせでもそこそこつきそうなので、バルコラベーロから相手6頭の3連複15点。
 
すると結果は1,2着に人気のワイルドフォックスとフィールドステイが入りバルコラベーロは3着。
それで21.1倍もつくのだからありがたい。
 
調子に乗って3Rもパドックで4番ワールドカーランド、9番クレオスをピックアップしてこの2頭から相手に3番メイショウトコシエ、7番サンマルエンパイア、8番プリンスオブペスカへの馬連を買ったが、ワールドガーランド11着、クレオス12着でチーン♪
 
しかし朝から3戦2勝で気を良くして昼食へ。
 
どこにしようかとレストランを物色していると回転寿司を発見。
「へぇ~競馬場で回転寿司か。悪くないな」と入店。
 

 
店内でレース中継を見つつ、旅打ちの楽しさを堪能。
 
しっかり飲んで食べてから席に戻り、新馬戦を観戦(馬券は買わない)。パドックでも抜けてよく見えた新種牡馬ノヴエリスト産駒ヴァイザーの強さを確認して6Rのパドックへ。
 
ここは初出走ながら荻野極騎乗の4番タイセイレガシーが7番人気ながらやたらよく見えたので単勝と馬連流し。
 
道中は中団の後ろに構えていて、やはり経験馬相手に初出走では厳しいか?と思ったものの直線外から矢のように飛んできた。
 
思わず「極、極!差せ、差せ!」と叫んだがハナ差届かずの2着。
1番人気馬との馬連28.7倍は美味しかったが単勝も最終オッズは26倍ついてたので差し切ってほしかった・・・
 
しかし、今日イチの見せ場もできたし満足すべき状況。
 
続く7Rは1番人気のエンパイアブルーから、8Rもやはり人気のテーオーフォルテから馬連流しを買ったが、7Rは相手が抜け、8Rは軸が5着でサクッとハズレ。
 
この日は有馬温泉・古泉閣に宿泊の予定で宿に妻と午後4時の待ち合わせだったので、阪神競馬場での勝負はここで終了。
 
安田記念の馬券を買って場内をあとにした。
 

 
 
宿には妻よりも早めに到着。
 

 
先に部屋に通してもらい、部屋のテレビでレースを確認。
 
グレーターロンドンは残念ながらの4着だったが、初重賞がGIでこのレースぶりなら立派なもの。秋には天皇賞秋かマイルチャンピオンシップくらいなら勝てるんじゃないか?
 
宿のテレビでBS11が見られたので調子に乗って阪神と東京の最終も購入w
 
阪神は外したが、東京最終の三浦特別は人気だが厚く買った10-14の馬連510円が的中して安田記念の馬券代を回収して終了。
 
いや~、初の阪神遠征、予想外の好結果だった。
また是非遊びに来たい。
 
 
そのあとは温泉を堪能して、おいしい食事に満足して素晴らしい休暇のスタートになった。
有馬温泉、良いところだったなあ・・・
 

 

 

 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

ダービーと、ヴェロニカグレースと、阪神競馬場と


ダービーは想像した展開とは違ってスローのまま直線勝負になり、位置取りが結果を左右する形。
向こう正面で早くから動いたルメールと動けなかった他のジョッキーとの度胸の差?ペースを読む判断力の差?が明暗を分けた。

自分が思っていたのとはちょっと違った展開だったが、なんとか的中、今年最初の国内GI的中となった。
個人的には快勝とは言えないがw、何にしても的中したのはありがたいし、ルメールも藤沢和調教師もダービー初制覇、特に藤沢和調教師は定年までもうそれほど時間はないので勝てて良かったなと。

それにしても大外枠から後方待機、あの流れで3着に押し上げたアドミラブルの能力の高さは間違いない。
もう少し速いペースでレースを引っ張る存在がいれば、青葉賞馬初のダービー馬になっていたんじゃなかろうか。

ハナを取ったのが横山ノリ・マイスタイルだったのがアドミラブルには残念だったというべきか、自分でレースを動かすことができない点がダービー馬になるにはもう一つ足りないところだったというべきか。
 

とにかく2016-2017シーズンの競馬が終わり、今週からは2017-2018シーズンの競馬が始まる。
 
 
 

 
 
 
 
そんな来年のダービーを目指す一年が始まる今週5月30日(火)、愛馬ヴェロニカグレースが北海道のノーザンファーム空港から福島のノーザンファーム天栄に移動した模様。
 
夏競馬デビューに向けて動き出した。
 
牝馬だから目指すはダービー、ではなく桜花賞・オークスが大目標ということになるのだろうが、まずはデビュー、そして願わくば1勝を挙げられるように頑張ってくれるといいな。
 
できれば札幌記念の日に札幌競馬場に行く予定なので、その日に札幌でデビューしてくれたりなんかすると最高なんだがw
 
ま、一歩一歩着実に進んでいただければ。。。
 
 
 
話変わって。
 
今週末、初めて阪神競馬場に行く。
 
土曜日の昼ころ、新幹線で大阪入り。
鳴尾記念には十分間に合う時間に阪神競馬場に到着する、はず。(迷わなければw)
 
ミュゼエイリアンが登録してるから、出走することになれば気合い入れて応援!
 
で、土曜日はそのまま尼崎あたりに泊まって、日曜日も阪神競馬場に。
前半のレースを楽しんだら、その後は安田記念の馬券だけ買って有馬温泉に向かうという豪華な休暇を堪能する予定。
 
そのまま遅めのGWにひとり突入する。もし馬券が当たったら月曜日にはUSJにでも行こうかと思ったりw
 
阪神競馬場周辺で何か旨いもの、あるかなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

競馬場などへの未成年者の入場制限について


民進党が競馬場などへの未成年者の入場を制限する法案の原案をまとめたというニュースに呆れ果てている。

ギャンブル依存症の防止のため、とかいう理由らしいが原案をまとめた作業チームとやらは競馬場になど足を踏み入れたこともないのだろうな。

自分は娘が小さな頃にはよく東京競馬場に連れて行った。

緑もたくさんあるし、数分の乗馬体験もさせられるし、子供が楽しめる遊具も豊富にあるし、縁日的なジャンクフードを楽しんだりもできるし、しかも入場料は大人200円で子供は無料!

馬券さえやらなければこんなに安く一日子供と楽しめる場所はない(馬券やるんだけどw)

競馬博物館には競馬の歴史などが学べる資料が展示されているし、飲食の施設もファストフードから意外にちゃんとしたレストランまである。

しかも自分が競馬を楽しみつつ、娘を遊ばせている間に、嫁さんにもつかの間ではあるが育児から解放される時間を持ってもらえた。

一石二鳥どころか一石三鳥、四鳥とも言えるようなありがたい施設だった。

当時、同じような年代で同じように毎週子供を連れて来ていたお父さんと顔馴染みになり、交替でそれぞれ子供を見てもらいながら馬券を買いに行ったりする友人となり、今はもう子供と一緒に競馬場に行くことはないけれど、その人とは今でも一緒に競馬場に行く仲だ。

戦隊モノなど子供の好きなキャラクターショーも無料で見られるし、時にはレース終了後にアーティストのミニライブが行われることもある。

自分は競馬場以外のギャンブル施設には行ったことはないが、競艇場や競輪場もCMや電車内の広告を見る限り、同じように家族連れも気軽に来場できるようなレジャー施設にしようと懸命に知恵を絞って、お金も使っていることが窺い知れる。

そういった面に民進党は果たして目を向けているのだろうか。

東北の震災以来、旧民主党=民進党の危機管理能力の無さはつくづく思い知らされているし、今さらあの党に何の期待もしていないが、こんなつまらない法案を出そうとしていることに開いた口が塞がらない。
 
 
 

 
 
 
 
もっとも本当に法案を提出したところで成立するわけもないだろう。
 
それよりもギャンブル依存症防止について、そんなことしか思いつかない低能さには今すぐ党を解散したほうが良いだろうと思うし、今回の原案を作った議員の皆さんは転職を検討されたほうがご自身のためではないかと思う。
 
何より、そんな人達の給与が私達の税金から支払われているのかと思うと非常に腹立たしい。
 
我々が競馬を通じて一体どのくらい多額の国庫納付金を提供していると思ってるんだ。
 
そんなことよりも馬券の二重課税を今すぐにでも解消しろ!
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

平成30年、JBC競争を京都競馬場で開催


いや~、びっくりしました。

来年、JBC競争を京都競馬場で行うとの発表。

JBCと言えば地方競馬場での持ち回りとばかり思っていましたが、考えてみれば生産者が日本の競走馬生産を支えるために大事なマーケットである地方競馬を盛り上げたいという趣旨で始まったもの。

単純に競走馬の供給先を支えるという意味であればJRAで行っても不思議ではないわけですね。

ふ~ん、なるほど。

ただ、これはカレンダー的な要因も大きく働いているように思います。

例年、JBCは11月3日の祝日に行われることが多かったですが、今年は11月3日が金曜日で3連休となることから3日間開催の予定になっています。

圧倒的な集客力を誇るJRAが、JBCの開催当日に通常の開催をぶつけてきたことは地方競馬の関係者にとって、特にJBC実行委員会にとっては脅威となったはず。

さらに来年のカレンダーを見ると11月3日は土曜日でJRAは通常に開催している日。

通常であればJBCに来場してくれるであろう人たちが2年連続でJRAに持っていかれる、それならばいっそのことJRAの競馬場でJBCを開催してしまえ!という発想になることはまったく不自然ではないと思います。

来年のJBCがこれまで以上に大きな盛り上がりを見せ、地方競馬のさらなる活性化、中小の生産者たちにとっての好影響を与えるイベントになることを祈ります。

できればメイセイオペラのようなJRAのGI馬たちにも勝つような地方馬が登場して、さらに大きな盛り上がりになるといいのですが。
 
 
 

 
 
 
大阪杯優勝馬に愛チャンピオンSの優先出走権付与といったニュースもありましたし、最近競馬に関する興味深いニュースが多く感じます。
 
名馬の訃報などもありますが、こうした新しい試みや海外競馬にも関心を持たせてくれるような話題は競馬ファンとしても楽しみが増えていいなと思います。
 
年を追うごとに競馬がどんどん面白くなる、そんな状況がずっと続くことを切に願います。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

弥生賞観戦記、と谷中さん


弥生賞、中山競馬場に観戦に行ってきました。

中山競馬場の中央門に着いたときにちょうど1Rのファンファーレ。
レース実況を聞きながら一般席スタンドの空きを探します。弥生賞とあって朝からそこそこの客入りで、ゴール前を過ぎて1コーナーよりのウィナーズサークル前あたりに陣取りました。

午前中は特に馬券を買いたいレースもなく、のんびりと競馬場内の雰囲気を楽しみます。
3Rの新馬戦にスクリーンヒーロー産駒ハブアブラストの出走があったのでパドックへ。

じっくりとパドックを眺めましたがハブアブラストが馬券になるとも思えなかったので、パドックで良く見えたトロイメライの複勝を少しだけ買ってみましたがトロイメライは5着。
ハブアブラストは大きく出遅れ、最後は少し詰めてきましたが12着。

そのあとはチロチロと馬券を買いましたがいいところがないままメインレースに。

まったく買う気のなかった阪神メインの大阪城Sにトルークマクトが出ているので他にアストラエンブレム、ガリバルディ、ケイティーブライドの3頭をチョイスして馬連3連複の4頭ボックスを購入。
これが上手いことハマってくれて本日の勝ちを確定する好配当。

そして弥生賞。

前日予想の通りに素直にカデナからの馬連6点を購入して発走を待ちます。

レースラップは
12.4 – 11.4 – 12.8 – 13.2 – 13.4 – 12.7 – 12.3 – 11.9 – 11.4 – 11.7

やはりスローの流れ。馬郡も向こう正面では一団にまとまる瞬発力比べという様相。

これ、完璧にハマったなと安心してみてました。

願わくばハナをとってる横山典・マイスタイルが粘り切ってくれれば一番おいしいオッズと思いながら見ていましたが思惑通りカデナが勝って2着にマイスタイル\(^o^)/

馬連4,360円は美味しすぎるw

最終レースも低配当ながら馬連5点で的中できて、ご機嫌で中山競馬場をあとにしました。
こんな日もあるんだなあ・・・
 
 

 
 
 
 
午後、自分が陣取っていた席に場内散策から戻るとすぐ隣に谷中調教助手がいらっしゃいました。
 
「谷中さんですよね?」と声を掛けたら気さくに対応してくれました。
Twitterフォローしてますと言ったらすかさず私のアカウントもフォローしてくれてw
 
6月に調教助手を退職して競走馬の育成や競馬メディアでの活動をされるようですが、今までと同じようにファン目線で競馬を盛り上げてくれそうです。
 
ついこの間、グリーンチャンネルの「競馬と趣味と僕と。」で見せていた雰囲気そのままに優しい、競馬ファンを大事にする人なんだなあと。
 
ちょっと嬉しい出会いでした。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村