「回顧」カテゴリーアーカイブ

朝日杯フューチュリティS(2017) 回顧


 
自分の馬券はケイアイノーテックの単勝と馬連三連複流し。

人気上位3頭は強そうだし、枠順もいいところに入っているしちょっとつけいる隙はないかなあと思いつつ、それでもタワーオブロンドンは1600m以上の距離経験もないし、ダノンプレミアムだって前走は上手く運びすぎての勝利。
ケイアイノーテックは前走こそ休み明け+22kgで3着なら今度は上積みも大きそうだし、終いは確実に早い脚を使えそう。一角崩しがないだろうかと期待しての馬券。

最初はステルヴィオからの馬券にしようかとも思ったがあまりにも上位馬3頭に人気が偏っていて妙味がないし、逆に単勝5番人気ながらもケイアイノーテックからだと馬連でもかなりオッズが良かったので、結局こちらの馬券を選択したw

直線、ケイアイノーテックがステルヴィオと一緒に伸びてきたときには3着には届くか?と期待したが惜しくもハナ差4着。う~ん、残念w
 
 

勝ったダノンプレミアムは現状はこのメンバーの中では頭一つ抜けていた。

1番枠でロスなく行けたのがあるにせよ、道中あまりペースの緩むところもない流れを3番手追走、上がり最速で後続を3馬身半突き放すレースぶりは強いとしか言いようがない。

序盤、外からケイティクレバー、ファストアプローチが前にいった場面では引っ掛かるようなところもあったが、鞍上の指示に従ってちゃんと我慢できるのだから賢いところもある。

他の路線から向かう期待馬もいるのでこれでクラシック最有力とはまだ言えないが、有力候補の1頭に名乗りを上げたのは間違いない。

2着ステルヴィオは序盤折り合いに専念、直線の末脚に賭ける戦法。
直線で伸び始めたところでケイアイノーテックに外に弾かれる不利はあったが、それがなければ逆転できたかと言われればちょっと疑問。
このメンバーでは上位の力があることは間違いないが、この脚質ではGⅠを勝ち切るには展開の助けが必要だろう。もう少し好位で運んで変わらぬ末脚を繰り出せるようになればいいのだが。(そうなればダノンプレミアムと変わらない力、ってレベルにはあると思う。)

3着タワーオブロンドンはダノンプレミアムを前に見る位置で運んで、直線でこれを捕まえに行くところを逆に離されてしまった。
なんとか3着は守ったがもしかしたら距離の壁があるかもしれないような印象。
マイルまでなら上位の力があると思うが、クラシック路線ではどうだろうか。

それにしてもダノンプレミアム、こんなに強かったのか。
だったらダノンプレミアムとステルヴィオとケイアイノーテックの3頭ボックスの馬券でも良かったな、儲けはなくともトントンにはできた、などと思ってもあとの祭り。
それにそんな馬券じゃつまらないからダノンプレミアムがこんなに強いとわかっていても自分は絶対に買わなかっただろうなw

むしろ穴ならこれと期待したケイアイノーテックが2,3着とは差のない4着に頑張ってくれたのでまんざら自分の見立ても悪くなかったと自己満足している。
見立てが良かろうが悪かろうが馬券がはずれてるのは同じなんだがw
それでもホントに競馬はおもしろい。
 
 
 
 

 
 
 
 
予想記事を書いた土曜日の重賞、ターコイズSは会心の一戦だった。
横山典、執念のイン突き。
 
直線坂上までは前が塞がっていた。
ラビットランが少し外に寄れてスペースができるという運の良さはあったが、それまでは脚を余すのも覚悟でインにこだわったベテランの勝負勘が導いた勝利だろう。
 
気分良かったなあ・・・
 
しかし、馬連は取ったがこちらは単勝を買っていなかった。
 
自分の勝負勘はサッパリである。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

香港国際競争(2017) 回顧


 
香港国際競争は各レース1000円ずつ、黙ってみてるのもつまらないから一応参加はしてみるというノリで買った。
香港ヴァーズと香港カップは的中したものの4レーストータルでマイナス1140円。

香港ヴァーズはトーセンバジルから、香港スプリントはラッキーバブルズから、香港マイルはヘレンパラゴンから、香港カップはタイムワープから買ったのだが回収率をあまり考えてなかったので2勝2敗でマイナスという情けない結果にw

香港マイルの2着馬ウエスタンエクスプレスが拾えていれば大勝利だったのになあ。
レースを観ているときは2着馬が13番だと思って取った!と思ったのだが、よく見ると12番。これはさすがに手が出ないよなあ~と納得はしたがちょっと悔しかった。

香港スプリントはラッキーバブルズとミスタースタニングのどちらから入るかで迷ってラッキーを選んで失敗。
ミスタースタニングからディービーピンの馬連でもそんなにつくのかとちょっと後悔。

ま、でもミスタースタニングは1番人気だったから自分にその選択はなかっただろうな。

今年は4競走で昨年よりも売上が10億円ほど減ったそうだが、1日にGⅠ4つというお祭りで馬券が買えるというのはちょっと嬉しいし、来年も日本馬は積極的に遠征してほしいものだ。

香港ヴァーズのハイランドリールは強かったし、その馬券をもって引退レース飾れて良かったなあと喜べるというのはなかなかプライスレスな楽しさだったと思う。配当は安かったけどw

次に海外競馬の馬券を買えるのは3月のドバイになるだろうか。
日本の競馬とは情報量が全然違うのでなかなかガッツリ馬券を買うという感じにはならないが、少額でちょっと遊ぶ分には海外競馬も楽しいのでもっと日本馬が外国のレースに参戦してほしいなあと思う。

 
 
 
 

 
 
 
 
今年の競馬も残すところあと2週、朝日杯FSと有馬記念でラストを迎える、、、
と思ったけどそのあとにホープフルSがあるんだっけ。有馬記念の日にやればいいのになあ。
どうせ競馬場には行けないし・・・
 
 
ま、それはともかく残り3つのGⅠ。願わくば連勝といきたいものだが果たして。
 
朝日杯FSは阪神JF同様比較的堅そうな気がするがどうだろうか。
タワーオブロンドンかダノンプレミアムか。
 
どちらかを軸に相手を数頭に絞って狙いたい。意外に人気は割れそうな気配もあって人気馬どうしの組み合わせでもそこそこのオッズになりそうだし、むやみと手を広げなければそれなりの回収は確保できるんじゃないかと漠然と思っているが。
 
 
穴党がそんなことやると痛い目見るというのもパターンなのだが・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

阪神ジュベナイルフィリーズ(2017) 回顧


 
今、競馬をやっているファンは本当に馬券が上手だなあと思った阪神JFだった。

週中のイメージではロックディスタウンがちょっと抜けた人気になるんじゃないかと想像していたが、単勝オッズは3.1倍。
人気順はまあイメージ通りだったがロックディスタウンは2倍台前半くらいの人気になると思っていた。

新潟で上がり最速32.5秒の末脚を使い、洋芝の札幌でレース上り36.6と時計の掛かるペースにも対応、隙のないレースぶりで2戦2勝、しかも牡馬を相手に重賞勝ちをして鞍上はルメール、如何にも抜けた人気になりそうなのに単勝オッズは3.1倍、2番人気馬が4.1倍、3番人気馬が5.5倍、4,5番人気馬が9倍台とファンの支持はそんなに力に差がないでしょうと言っている。

マジか。
ロックディスタウンはそんなに鉄板じゃないと思うし、人気だけを吸い上げて馬券圏外に飛んで、3~4番人気馬から1番人気以外の上位人気馬との組み合わせで意外に好配当になると期待していたのに。

結果、2,3,4番人気の順番で決着して馬連920円、3連複2,160円。ガッカリであるw

 
 
 
 

 
 
 
 
例年、前走1200mや1400mで逃げて勝ち上がってきたようなGⅠでは多分足りないけど出走できるから存在をアピールしたい!みたいな馬がいるイメージの阪神JFだが、今年はそんな感じの馬がいなかった。
 
だから前走で逃げているのが3頭もいて、それなりに先行してきた馬も揃ってるがあまりペースが早くなるイメージはなかった。
 
そこそこいい位置につけられてスローの瞬発力勝負になってもいい勝負になるタイプ(いわゆるそつのないレースができるタイプ)が向いてる感じかなあ~と、漠然としたイメージだけで本命はリリーノーブルにした。
 
対抗ラッキーライラック、単穴トーセンブレスで押さえの筆頭にロックディスタウン、以下マウレア、コーディエライト、ソシアルクラブまでに流す馬連。
ロックディスタウンは大外枠も厳しいし、力はあるだろうが休み明けの二ノ宮厩舎だしここはそんなにいい条件じゃない、もしそれでも勝つようならホントにバケモンだと考えた馬券。
エルコンドルパサーほどの怪物じゃないだろ、きっと圏外に消えて他の力のある馬で決まった割に好配当、なんて考えていたのだが。
 

 
一応、本線で決まったがそれほどダイナミックな濃淡をつけてないので回収率は184%。
的中はしたもののう~ん・・・という結果だった。
 
もうちょっとオッズつくんじゃないかと思ってたんだけどなw
ホント、みんな馬券上手だなあと。
 
こんなに馬券上手な競馬ファンと戦うんだから、もっともっと的中率も上げられる方向でも頑張らないと馬券では勝てないよなあ~とつくづく考えさせられるレースになった。
 
 
 
そうは言ってもやっぱり多少的中率には目をつぶっても穴っぽい狙いをしていきたい、というのは変わらないのだが。
 
 
応援している馬の馬券は別にして、長期的な回収率を考えると本命党では勝てないと思うんだよな。
 
50~60%くらいの的中率を誇れるなら本命党でもいいんだと思うが、自分はどんなに当てにいってもせいぜい25%程度の的中率しか実現できないことはわかってるから。
 
期待値400%くらいは欲しい。
 
本命党で馬連2点くらいで的中できるならそれもできそうだけど、自分には無理。
 
ということで・・・みんなもう少し緩く馬券買ってくれないかなあ(笑)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

なぜ単勝を買わなかったのか


 
単勝って大事だな、とつくづく思ったチャンピオンズカップ。

本命が単勝オッズ13倍もつくなら単勝買っておけよと自分に突っ込んでた。
なんだかなあ・・・

ヒモ抜けは仕方がない。
ちゃんと自分なりの理由があって消してる馬が馬券圏内にくることは別に珍しいことじゃない。

しかし、自分の本命馬が勝って嬉しいのに馬券が取れてない残念さといったら。

普段なら8番人気馬を本命にしていたらまず単勝を買っているはずなのだが、今回はなまじ人気が割れていただけに、配当に目を奪われて単勝を考えていなかった。。。

しばらく単複派に宗旨替えしようかと思ったチャンピオンズカップであった。
 
 
 
 

 
 
 
 
ほんとどうして単勝買わなかったのかなあ~と。
 
そして次に思ったのはこんなに人気割れてたんだから1番人気だからと言って嫌わずに相手に押さえておけよってことw
 
まさか馬連で41倍もついてるとは思ってもいなかったw
 
 
 
でも、そういうことしてると長期的には回収率を落とすからなあ・・・
 
 
とにかく今回馬券を取れなかったのは本当に悔しかった。
 
 
そしてゴールドドリーム、お見事。さすがはムーアと思う好騎乗だった。
 
それだけに残念・・・orz…
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

エリザベス女王杯(2017) 回顧


 
さすがに振り回し過ぎた。
本命馬が18頭立て16着というのはいくら大穴から入ったとはいえいくら何でも酷いw

無理な狙いをしてしまった。話にならない。

勝ったモズカッチャン、そういえばグリーンチャンネルの秋のGI十番勝負で指名している馬じゃないか。
クロコスミアだって普通に前残り警戒として買い目に入れているだけにどうしてこの馬券が取れないのか後から考えると不思議とも思える。

かくも予想とは移ろうものなのだなと痛感。

まあ自分の無念な思いは置いておいて振り返ってみよう。

JRAの発表によるレースラップは次の通り

12.5 – 11.3 – 12.7 – 12.8 – 12.7 – 12.8 – 12.9 – 12.2 – 11.6 – 11.2 – 11.6

予想に反してクイーンズミラーグロの逃げだったが最内枠だったし、クロコスミアが逃げにこだわることもなかったことありすんなり隊列が決まって流れはスローに。

スローの逃げだったにもかかわらず2コーナーから向こう正面の前半までは1,2番手と3番手とはけっこう差が開いていた。
エリザベス女王杯ってちょいちょいこういうケースがある。
こういうパターンになるとマイペースで2番手追走できたクロコスミアには絶好の展開。
直線入り口で先頭に立ったクロコスミアにとっては勝ちパターンだった。

しかしこういう展開で3番手集団の好位の内で虎視眈々と脚を溜めつつ先頭を見ていたモズカッチャン、クロコスミアを上回る切れ味で見事に差し切り、枠順に恵まれたこともあるがそれをこういう大一番で活かし切るのは如何にもミルコ・デムーロらしい。
なぜ平場でそういうレースがあまり見られないのだろうかと不思議に思うくらいだ。

つくづく普通に予想して好配当狙いの馬券を考えたら買えた結果だったなあと思ってしまう。

3着に来たミッキークイーンもこういう流れは得意の流れ、全盛期だったらもう少し前の位置から頭まで来れたパターンだったような気がする。
そういう意味ではもうピークは過ぎてしまったのかもしれないと思う、それでも強いなと思わせる3着だった。

人気では2番人気以下には少し話していたヴィブロス。
個人的にはこの脚質でこの外枠はあまり歓迎ではないよなと思っていたが、スタート後はそれほどロスもなく内に寄せて1コーナーではすんなりと4番手につけた。
この時点ではやはりヴィブロスにやられるかと思ったが。

道中もそれほどロスがあるようには見えなかったが上がり3Fがクロコスミアと同じタイムでは勝ち負けになるはずもない。
見た目以上に外枠が響いたのか、距離が微妙に長かったのかそれとも出来のピークが思ったより早く過ぎてしまったのか。

ルージュバック、ディアドラ、スマートレイアーの敗戦にはそれほど意外な感じもしない。
あの枠順、ペース、位置取りではそういう結果も不思議ないよね、という感想しかない。

なのにどうして馬券が取れないのか、無理な穴馬を軸にした結果よね、あ~ぁ、アホやったなあ・・・と(笑)
 
 
 

 
 
 
しかし悔しいが結果については納得の結果である。
 
終わってみればそうなるよね、としか思えない結果に思えるのだ。
 
ミルコは好枠をフルに活かしたレース運びだったし、和田もしかり。浜中もミッキークイーンはこれしかないという決め打ちで綺麗に展開がハマっての3着。
 
スマートレイアーはやはり7歳という年齢がこのレースでは出番がないということをあらためて証明してくれたし、ヴィブロス・ルージュバックは枠順の影響大、そんなエリザベス女王杯だったと思う。
 
 
しかし。
 
こういう流れで後方から3着まで差してくるミッキークイーンってつくづくデニムアンドルビーっぽいなと。
牝馬限定戦でしかこういうレースができないというのが微妙に違うけど。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!