「回顧」カテゴリーアーカイブ

宝塚記念(2017) 回顧


悔しかったなあ・・・

馬連を持っていたので馬券的にはプラスだったが、やはりゴールドアクターには勝ち切ってほしかった。

1/2馬身差

最後の直線は内外の馬場差もあって伸び負けた感じだったが、4角は内をロスなく回ってきての結果だからサトノクラウンにはちょっと力負けだったかもしれない。
 
 

スタートは天皇賞のときとは違って綺麗なスタート。

行きたい馬が前に行ったところでスーッと馬場のいいところを選んで1角に入っていったところなどは鞍上さすがだなあと思わせる騎乗。

そのまま中団で向こう正面も進んでいき、他馬のペースの上がり始めた3角過ぎにも動かず位置取りが下がったところで4角は内へ。

直線手前では前が壁になって抜け出せるのか?と心配したが直線入り口で前のスピリッツミノルが外に進路を選んだところで前がポッカリと開いて一気に加速して抜け出した。

とても上手く運んでいたし、まるで前が開くことをわかっていたようなレースぶり。
このへんはベテランならではという騎乗だろう。
某掲示板では吉田隼人に戻せという意見も多いが、やっぱり横山典弘は上手いと思う。
 
それだけにホントに勝ち切ってほしかったとつくづく。
 
 
 

 
 
 
勝ったサトノクラウンは向こう正面ではちょっと掛かったのかキタサンブラックの外にかぶせに行くように上がっていった。
その後ですぐに抑えたのを見てもおそらく掛かっていたのだろう。
それでいて最後の直線では馬場のいいところだったとはいえ最速の上がりで駆け抜けてくきたのだから強かった。
 
香港ヴァーズでハイランドリールをあっという間に抜き去った脚はやはり本物、レースぶりにムラはあるが本気で走れば相当強いということがよくわかった。
 
 
キタサンブラックはやはり大阪杯、天皇賞を続けて好走した見えない疲れがあったのか。
 
序盤からずっとうまく折り合いがついていない感じで走っていたし、あれでは直線で伸びを欠くのも仕方がないだろう。
 
こんな馬ではないことはみんな知っているし、これで評価が下がるということはない。
 
 
どうやら凱旋門賞挑戦は白紙になったようだが、来年も現役続行と言っていたし、できれば今年挑戦してほしいと思うがどうなるだろうか。
 
海外挑戦するにしろ、国内で戦うにしろ、しっかりと立て直してほしい。
 
 
 
それにしてもゴールドアクターの評価の低かったことと言ったら。
 
ちょっと舐められ過ぎじゃないか?と思っていたが、これで秋は少し人気も回復してしまうだろうか。
 
もう少し好配当を提供してほしいと思っているのだが(自分勝手w
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

ユニコーン的中、函館スプリント惨敗


ユニコーンSは本命のサンライズノヴァが快勝、相手も本線のハルクンノテソーロで珍しく気分良く的中できた。
こんなことはまたしばらくないだろうw
 
 

函館スプリントSは本命としたクリスマスにはちょっと時計が早すぎたか。
500万、1000万クラスのレースでレコードが続出するような馬場では、洋芝適正よりも京都のような軽い芝で持ち味を活かせるようなタイプに向いたのかもしれない。

もっとも13頭立て13着ではそんな言い訳もできないような完敗だったが。
6歳牝馬、2歳時から頑張っていたしもう能力的には下降線に入ってしまっているのだろうか・・・無念。

逆に9歳セン馬のエポワスは3着に好走。ここ3戦で2着、1着、3着。単純に年齢だけで切ってはいけないと教えてくれる。
出走回数はまだ27回と大事に使われてきている。さすが藤沢和雄厩舎だなあと感心する。

馬券ははずれてしまったが、相手筆頭のジューヌエコールが勝ち、☆として期待していたキングハートが2着だったし、2番人気だが1円もいらないと思っていたシュウジが10着に負けているので、予想としては惜しいところまで来てたなあと。

ま、軸馬がシンガリではお話にはならないが。
 

やはり土曜日のレース、馬場状態を見て、勇気をもって大胆に予想を切り替えるということも必要だなと思わされた函館開幕週だった。
 
 
 

 
 
 
先週のスクリーンヒーロー産駒はあまりパッとしなかったが日曜阪神メイン・米子Sのグァンチャーレが3着と5番人気ながら頑張った。
 
日曜東京の新馬戦に出走したマイネルアーリーとコハルチャンは10着、9着と仲良く後方での入線w
 
マイネルアーリーは3番人気とそこそこ人気してし、2歳時のマイネルは好走例が多いのでちょっと期待していたが1000m通過が63.7という新馬戦らしいスローペースを後方からではさすがに厳しかった。
もっとも先行して勝ったテンクウに上がり時計も1.1負けているようでは、能力的にも現状ではなかなか難しいかもしれない。
 
 
モーリス、ゴールドアクターが登場し、他にもグァンチャーレ、ミュゼエイリアンが重賞を勝ち、昨年はトラストが2歳重賞を勝つなど種牡馬として評価の上がっていたスクリーンヒーローだが、ここにきて産駒成績が急ブレーキを踏んでいる印象。
 
まだまだこんなものではない、と期待しているが今年に入ってからはまだ産駒の重賞勝ちもないし、なんとか巻き返してほしいものだ。
 
宝塚記念に出走のゴールドアクター、復活を願う。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

NHKマイルC(2017) 回顧


いや~、NHKマイルC、やっぱり大荒れ。

私はパドックを見るまではレッドアンシェル本命と思っていたのですが、当日やたらとうるさかったので急遽評価を下げてヒモの1頭に、本命はボンセルヴィーソで臨みました。

しかし、2着のリエノテソーロは完全に抜けでしたし、そもそもボンセルからの馬連流しだったので完敗。
ちなみにトラストの単複ももちろん買っていたのですが、8着はなかなか健闘したのではないかと。
次はどこに使うんでしょうか。

さらにちなみに。

GIになると馬券を買う友人が二人いるのですが、そのうちいつも穴狙いをしている一人が馬連、3連複、3連単を獲ってました。

なんと馬券はリエノテソーロ本命。

本命に取り上げた理由はGI馬であること、勝った全日本2歳優駿で2着だったメイソンジュニアがNZTで2着、その5着がタイムトリップ、なのにこの人気はどう考えても評価が低すぎる。
アネモネSは余裕残しだったし、ここは狙いすましての一戦だろうしこの評価なら狙うのはここだろうということでした。

なるほどなあ~、、、と。

常に穴狙いなのでなかなか的中はないのですが、ハマったときの説得力は流石だなあと感心しました。

自分も基本穴狙いですが、こういった考え方と盲点を上手に拾う注意深さはとても勉強になりますね。

スタンスをしっかり決めないと中途半端な予想になってむやみと買い目が増えてしまうので、こうした割り切り方も大切だなあと感じた一戦でした。
 
 
 

 
 
 
 
それにしてもこの土日。
 
ま、土曜日は仕事してたんでメインレースくらいしか買ってないのですが(一応どちらも的中ですが回収率は2レース合計で123%w)、日曜日は朝から東京競馬場で馬券を買い続け、的中は一鞍、がっつりやられた一日でした。
 
 
今週は控え目にしようと思っています。今のところは、ですがw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

天皇賞・春(2017) 回顧


いやはやキタサンブラックの強いこと、強いこと。

自分の馬券はレースが始まって早々に当たるわけないなとわかったので、じっくりと強い馬たちの強いレースぶりを堪能することにした(↓こんな馬券買ってた。ただの負け惜しみだw

 

レースは松山ヤマカツライデンが玉砕覚悟のハイペースで引っ張った。
1000m通過が58.3という3200mのレースとは思えないものだったが、離れた2番手のキタサンも1分は切るペースだったのじゃないかと。

長距離をこんなペースで逃げるのが1頭いるだけで、レースはこんなにも厳しい見応えのあるものになるのか。

ディープインパクトのレコードを0.9上回る厳しいレースを演出してくれた松山騎手には大きな賛辞を贈りたい。
 
 

2F目からの1000mごとのラップを見ると 57.0 – 62.4 – 60.2 という流れ。

最初の1000mが流れたためか、中盤の1000mで62.4と緩んだ場面でも中団から後方の各馬は仕掛けることもできず、残り4F目くらいからペースが上がった場面も位置取りに大きな入れ替わりのないままゴールに向かう展開。

全般にいいペースで流れていたため、道中で中途半端に位置取りをあげると終い必ず止まってしまうだろうと各馬の鞍上に思わせたことが、ますますキタサンに有利な展開をもたらした。

これぞ、ついて来れるならついて来てみろ、という競馬。威風堂々とはまさにこのことだ。

キタサンブラックはこれで大阪杯、天皇賞春と連勝し、残りの宝塚記念を勝てばレース賞金とは別に2億円の褒賞金を貰える。

サトノダイヤモンドとて、強い4歳世代の代表として得意の距離に戻る宝塚記念では一矢報いたいと思っているだろう。

宝塚記念がとても楽しみになった。
 
 
 

 
 
 
 
キタサンブラック、順調に行ったら秋は凱旋門賞に向かうのだろう。
 
オーナーの北島三郎さんではないが、これだけ強い馬であれば秋は天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念でその勇姿を見たいという気がしないでもないw
 
 
 
個人的には、正直、どうしてそこまで凱旋門賞なのか、とは思っている。
 
今なら、米国のブリーダーズカップクラシックでアロゲートを倒してこそ名実ともに世界一の名馬だと誇れるのではないか。
キタサンブラックの脚質とスタミナ、勝負根性であればそれも不可能なことではないような気がするのだが。
 
 
某Fテレビの馬鹿げた中継のせいも多分にあるが、まるで凱旋門賞至上主義のようなお祭り騒ぎには少々辟易している部分もある。
 
もちろん、凱旋門賞を日本馬が勝てばそれはとても誇らしいことだし、感動もするだろうが、既にキタサンブラックからはたくさんの感動を受け取っている。
 
これからも間近でその姿を見ていたい、というのも素直な想いの一つだ。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

え?NHKマイル? と フローラS(2017)回顧


NHKマイルカップの登録にトラストの名前があるのを見てのけぞった。

総帥、ダービーは諦めたのか。まさかNHKマイルからダービーにも向かうのか。

もしそのつもりなら今年に入ってシンザン記念→毎日杯→皐月賞→NHKマイル→ダービーということになる。
そもそもシンザン記念の前にも朝日杯FS使ってるからな。
 

昔、ステージチャンプが3歳時、弥生賞→スプリングS→皐月賞→青葉賞→ダービーというローテーションで使われて、そりゃ流石にお釣りもないだろうと思ったけど。

秋になって京都新聞杯を叩いて菊花賞で2着したときは感動したよ、勝ち馬ビワハヤヒデには5馬身くらい離されてたけど。

話は逸れたが、トラストも3歳春にそんなに酷使しないでやってくれよ、とは思う。スクリーンヒーローの成長力を引き出す前に引退に追い込むつもりなのか。
 

自分で馬を持つと目に見える疲れがないと使いたくなるもんなのか。。。

 
 
 

 
 
 
フローラS
 
吉田豊よ、なぜそんな位置取りなの。
 
確かにスタートは出遅れというほどではないまでもワンテンポ遅かったが。
私の馬券は向こう正面でないな、と思ったよ。
 
その枠ならもしかしたら逃げまであるんじゃないかと期待していたのに。
 
もっとも前で競馬をしていたとしてもモズカッチャンは買えなかったからハズレたのは同じだろうが。
せめてヤマカツグレースの直後くらいで競馬しててくれたら相当ドキドキできてたろうに。
 
もう少し、レースを楽しませてほしかったぞ。
 
 
 
ペースは案の定のスロー。
 
それでも上がり3Fが34秒台後半と案外かかっているからエアレーションが効いた時計の掛かる馬場なのか、単にレベルが低かったのか。
 
オークス出走権はなんとか取れるかというような位置から頭まで差してきたモズカッチャンは、思ったよりもずっと強く見えた。最後のひと伸びはなかなかのものだったと思う。
ま、スローだった割にラスト1Fで12.0まで時計が落ちてたからかもしれないが。
 
 
 
それにしてもノリの番手での競馬はエロかった。直線半ば、残り300mくらいで先頭に立つまで持ったままだったからな。
ノリにしてみれば完全に「してやったり」というレースだっただろう。リーディング争いこそしていなくても、見ていて面白いなあと思わせるのは流石だ。
 
今週、ゴールドアクターでもそんな競馬を見せてほしい。
京都の長距離は得意なはずだし、楽しみになってきた。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!