「回顧」カテゴリーアーカイブ

NHKマイルC(2017) 回顧


いや~、NHKマイルC、やっぱり大荒れ。

私はパドックを見るまではレッドアンシェル本命と思っていたのですが、当日やたらとうるさかったので急遽評価を下げてヒモの1頭に、本命はボンセルヴィーソで臨みました。

しかし、2着のリエノテソーロは完全に抜けでしたし、そもそもボンセルからの馬連流しだったので完敗。
ちなみにトラストの単複ももちろん買っていたのですが、8着はなかなか健闘したのではないかと。
次はどこに使うんでしょうか。

さらにちなみに。

GIになると馬券を買う友人が二人いるのですが、そのうちいつも穴狙いをしている一人が馬連、3連複、3連単を獲ってました。

なんと馬券はリエノテソーロ本命。

本命に取り上げた理由はGI馬であること、勝った全日本2歳優駿で2着だったメイソンジュニアがNZTで2着、その5着がタイムトリップ、なのにこの人気はどう考えても評価が低すぎる。
アネモネSは余裕残しだったし、ここは狙いすましての一戦だろうしこの評価なら狙うのはここだろうということでした。

なるほどなあ~、、、と。

常に穴狙いなのでなかなか的中はないのですが、ハマったときの説得力は流石だなあと感心しました。

自分も基本穴狙いですが、こういった考え方と盲点を上手に拾う注意深さはとても勉強になりますね。

スタンスをしっかり決めないと中途半端な予想になってむやみと買い目が増えてしまうので、こうした割り切り方も大切だなあと感じた一戦でした。
 
 
 

 
 
 
 
それにしてもこの土日。
 
ま、土曜日は仕事してたんでメインレースくらいしか買ってないのですが(一応どちらも的中ですが回収率は2レース合計で123%w)、日曜日は朝から東京競馬場で馬券を買い続け、的中は一鞍、がっつりやられた一日でした。
 
 
今週は控え目にしようと思っています。今のところは、ですがw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

天皇賞・春(2017) 回顧


いやはやキタサンブラックの強いこと、強いこと。

自分の馬券はレースが始まって早々に当たるわけないなとわかったので、じっくりと強い馬たちの強いレースぶりを堪能することにした(↓こんな馬券買ってた。ただの負け惜しみだw

 

レースは松山ヤマカツライデンが玉砕覚悟のハイペースで引っ張った。
1000m通過が58.3という3200mのレースとは思えないものだったが、離れた2番手のキタサンも1分は切るペースだったのじゃないかと。

長距離をこんなペースで逃げるのが1頭いるだけで、レースはこんなにも厳しい見応えのあるものになるのか。

ディープインパクトのレコードを0.9上回る厳しいレースを演出してくれた松山騎手には大きな賛辞を贈りたい。
 
 

2F目からの1000mごとのラップを見ると 57.0 – 62.4 – 60.2 という流れ。

最初の1000mが流れたためか、中盤の1000mで62.4と緩んだ場面でも中団から後方の各馬は仕掛けることもできず、残り4F目くらいからペースが上がった場面も位置取りに大きな入れ替わりのないままゴールに向かう展開。

全般にいいペースで流れていたため、道中で中途半端に位置取りをあげると終い必ず止まってしまうだろうと各馬の鞍上に思わせたことが、ますますキタサンに有利な展開をもたらした。

これぞ、ついて来れるならついて来てみろ、という競馬。威風堂々とはまさにこのことだ。

キタサンブラックはこれで大阪杯、天皇賞春と連勝し、残りの宝塚記念を勝てばレース賞金とは別に2億円の褒賞金を貰える。

サトノダイヤモンドとて、強い4歳世代の代表として得意の距離に戻る宝塚記念では一矢報いたいと思っているだろう。

宝塚記念がとても楽しみになった。
 
 
 

 
 
 
 
キタサンブラック、順調に行ったら秋は凱旋門賞に向かうのだろう。
 
オーナーの北島三郎さんではないが、これだけ強い馬であれば秋は天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念でその勇姿を見たいという気がしないでもないw
 
 
 
個人的には、正直、どうしてそこまで凱旋門賞なのか、とは思っている。
 
今なら、米国のブリーダーズカップクラシックでアロゲートを倒してこそ名実ともに世界一の名馬だと誇れるのではないか。
キタサンブラックの脚質とスタミナ、勝負根性であればそれも不可能なことではないような気がするのだが。
 
 
某Fテレビの馬鹿げた中継のせいも多分にあるが、まるで凱旋門賞至上主義のようなお祭り騒ぎには少々辟易している部分もある。
 
もちろん、凱旋門賞を日本馬が勝てばそれはとても誇らしいことだし、感動もするだろうが、既にキタサンブラックからはたくさんの感動を受け取っている。
 
これからも間近でその姿を見ていたい、というのも素直な想いの一つだ。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

え?NHKマイル? と フローラS(2017)回顧


NHKマイルカップの登録にトラストの名前があるのを見てのけぞった。

総帥、ダービーは諦めたのか。まさかNHKマイルからダービーにも向かうのか。

もしそのつもりなら今年に入ってシンザン記念→毎日杯→皐月賞→NHKマイル→ダービーということになる。
そもそもシンザン記念の前にも朝日杯FS使ってるからな。
 

昔、ステージチャンプが3歳時、弥生賞→スプリングS→皐月賞→青葉賞→ダービーというローテーションで使われて、そりゃ流石にお釣りもないだろうと思ったけど。

秋になって京都新聞杯を叩いて菊花賞で2着したときは感動したよ、勝ち馬ビワハヤヒデには5馬身くらい離されてたけど。

話は逸れたが、トラストも3歳春にそんなに酷使しないでやってくれよ、とは思う。スクリーンヒーローの成長力を引き出す前に引退に追い込むつもりなのか。
 

自分で馬を持つと目に見える疲れがないと使いたくなるもんなのか。。。

 
 
 

 
 
 
フローラS
 
吉田豊よ、なぜそんな位置取りなの。
 
確かにスタートは出遅れというほどではないまでもワンテンポ遅かったが。
私の馬券は向こう正面でないな、と思ったよ。
 
その枠ならもしかしたら逃げまであるんじゃないかと期待していたのに。
 
もっとも前で競馬をしていたとしてもモズカッチャンは買えなかったからハズレたのは同じだろうが。
せめてヤマカツグレースの直後くらいで競馬しててくれたら相当ドキドキできてたろうに。
 
もう少し、レースを楽しませてほしかったぞ。
 
 
 
ペースは案の定のスロー。
 
それでも上がり3Fが34秒台後半と案外かかっているからエアレーションが効いた時計の掛かる馬場なのか、単にレベルが低かったのか。
 
オークス出走権はなんとか取れるかというような位置から頭まで差してきたモズカッチャンは、思ったよりもずっと強く見えた。最後のひと伸びはなかなかのものだったと思う。
ま、スローだった割にラスト1Fで12.0まで時計が落ちてたからかもしれないが。
 
 
 
それにしてもノリの番手での競馬はエロかった。直線半ば、残り300mくらいで先頭に立つまで持ったままだったからな。
ノリにしてみれば完全に「してやったり」というレースだっただろう。リーディング争いこそしていなくても、見ていて面白いなあと思わせるのは流石だ。
 
今週、ゴールドアクターでもそんな競馬を見せてほしい。
京都の長距離は得意なはずだし、楽しみになってきた。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

皐月賞(2017) 回顧


皐月賞は中山競馬場で観戦してきた。


*おなじみ無料給茶コーナー


*いつも思うけどこういう注意書きがあるということは、ここでうがいする人がいるってことなんだよね
中山競馬場が生活空間なの?という人、ちょいちょい見掛けるからな。。。

 
 

皐月賞、予想は清々しいほどの完敗。上位3頭1枚も買ってなかったw

レース直前にはトラストの単勝オッズが140倍まで上がっていたのを確認していたので(最終オッズは153倍)、ワクワクしながらレース見てたが。

序盤は内からマイスタイルが行ってトラストは2番手か、なんて予想をしていたがアダムバローズがハナを取る展開。
想定していた逃げ馬は違ってたけどトラストの2番手は同じだったし、わりと気持ち良さげに走っていたので案外ゴール前まで持つんじゃないかと思ったが、やはりあの早い時計では厳しかったか。
それでも4角では先頭に立ち、一瞬は「おっ!?もしかして」と思わせてくれたので応援隊としてはまずまず満足。

残り200mのあたりでファンディーナが先頭をうかがう場面もありやっぱり強かったか!と思ったがそれも一瞬。

これまでスローの経験しかなかったことが死角だったのか、今年の3歳牝馬は強いと言われていたがやはり牡馬とは力の差があったということなのか。
それとも皐月賞のように底力が問われる展開は、キレ味勝負を得意とする牝馬よりも牡馬に向くということか。

ファンの期待も高かっただけに少し残念な気もする。
このあとファンディーナはオークスに行くのか、ダービーに行くのか。
どちらにしてもスローに流れがちな府中の2400mは皐月賞よりは向くと思う。この一戦だけで評価を大きく下げる必要はないだろう。

勝ったアルアインは毎日杯からの参戦。
前哨戦の弥生賞、スプリングS、若葉S、毎日杯の4鞍の中では、毎日杯を時計面では最も高く評価している向きもあったが、オッズ的には完全に盲点。

もっともその毎日杯で5着惨敗したトラストの単勝に少なからず期待し、本命にスプリングS2着のアウトライアーズを推す予想をしているのだから、時計の早い馬場でこそのアルアインに手が出ないのは当然。

土曜日から芝コースは前週までとはまったく違う早い時計になっていることをわかっていながら、予想の前提を変えられないのは今後の課題と言うか、その頭の硬さをなんとかしろと自分に説教したい。

そんな早い馬場だから2着にペルシアンナイト、3着ダンビュライトが差してきているのも終わってみればとても納得のいくレースではあった。

それにしても池江厩舎のワンツー、やはり厩舎力の高さは侮れないし、そしてやっぱりディープインパクトなのねとつくづく。。。

この皐月賞の結果が果たしてダービーにどうつながるのか。

本当の大目標に向けてますます混沌としてきた感じのする3歳牡馬戦線ではある。
 
 
 

 
 
 
阪神6Rのマイネルパラディ、期待に答えての勝利。もしかしてNHKマイルCに向かえないか?などと思ってしまうが、ちょっと厳しいだろうか。
 
一応、応援馬券と称して1着固定の3連単フォーメーション8点を買ってみたが残念ながら2,3着が裏目。惜しくも万馬券を取り逃がした。
かといって単勝2.1倍を買っても仕方がないし、これはまあ納得。悔しいけどw
 
この日は2レース直前に競馬場について、バラバラと馬券を買っては見たものの皐月賞までまともな的中がなく、中山4Rでトリガミの的中があるのみ。
 
最終で珍しく勝負して大きく取り返せたけど、馬券は厳しい一日だった。
 
今週からは東京・京都開催だし、あまり捻らずにもう少し素直な馬券が買えるように頭を切り替えよう。
捻るなら福島のレースかな。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

大阪杯(2017) 回顧


レース終了直後、キタサンブラックは本当に強いなあという印象だけが残った大阪杯。

道中のラップを見ると1000m通過が59.6というこのメンバーとしてはスローの流れ。

12.3 – 11.1 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 11.8 – 11.7 – 11.6 – 12.0

マルターズアポジーはもう少し早いペースで逃げるんじゃないかと思ったが意外に遅い流れ。
こんなに平均的な流れならそりゃキタサンブラックが楽勝するわw

ある程度ペースが上がらないと後方待機組には厳しい馬場だったが、だからと言って動けないのが追い込み脚質なのでこの結果は仕方がないところか。

そういう意味で自分でペースを作ることもできるキタサンブラックが強いという印象を持つのも当然。

ペースをきちんと読めたのかどうかはわからないが、キタサンブラックに対してなんとかそれよりも前に行くチャンスを狙う競馬をできたのは川田・ステファノスだけだった。

それを思うと掲示板に乗ったヤマカツエース、マカヒキ、アンビシャスの力は相当に高い。
が、この展開でも後ろでジッとして直線に賭けるだけしかないのだとしたらマカヒキもアンビシャスも今後GIを勝つのはかなり展開に恵まれないといけないんだろう。

自分の馬券はサトノクラウンからの3連複でどうしようもない結果。

ミルコはらしくない消極的な競馬だったと思う。

とにもかくにも完敗の大阪杯だった。
 
 
 

 
 
 
幸いだったのは中山1R。
 
スクリーンヒーロー産駒サンクララ
 
今日は府中場外で大阪杯を観戦したのだけれど、出掛ける前にそっとサンクララの応援馬券の単複を買っていたら、9番人気で激走の1着!
 
単勝5100円はありがたすぎるし、複勝1390円もおいしすぎる。
 
信じる者は救われるなあ・・・と思うのと同時に、スクリーンヒーロー産駒の9番人気は狙い目だよねと。
 
 
確かスクリーンヒーローがジャパンカップを勝った時も9番人気だったような。
 
これ一発で今週の勝ちを確定してくれたので、余裕で競馬を楽しめました。
 
信じる者は救われるw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村