「展開」カテゴリーアーカイブ

富士S(2017) 予想


 
土曜日の東京メイン、富士ステークス

金曜日正午の段階で芝は重、土曜日も午前中から弱い雨が降り続く予報なので馬場が回復することはなさそうだ。

逃げ馬不在のメンバーで先行タイプは何頭かいるもののあまりペースが流れるようなイメージはない。
馬場が悪く時計が掛かるだろうという前提に立てば、やはり間違いなく先行して直線でも確実に脚を使えるタイプが軸には向くか。
 

この並びなら先行しそうなのはマイネルアウラートか。外からミュゼエイリアンも先行策を取りそうだがいずれもムりにハナを主張して先手争いという形にはなりそうもない。

そこまでの芝のレースでどのくらい内外の差があるかにもよるが、内の先行馬群で脚を溜めて直線でのキレ勝負でひと足早く抜け出してそのまま押し切る、そんなレースができそうなタイプに食指が動く。

軸候補は3頭。

6番エアスピネル、11番グランシルク、穴狙いに徹するなら7番マイネルアウラート。

安田記念で直線つまりまったく追えなかったイスラボニータが内枠に入ってくれれば前に行ける脚も持っているし有力な本命候補だったが、残念ながら大外15番。
これではちょっと本命には推しにくい。

枠の並びを考えるとここはやはり人気だろうがエアスピネルを軸にするのが順当か。
 
 
 

 
 
 
ならばヒモ穴に期待する馬券か。
 
ま、やっぱりグランシルク、イスラボニータ、5番ペルシアンナイト、1番サトノアレスなんかは押さえるとして、狙いたいのは前残りでマイネルアウラートは狙ってみたい。
 
ここ2走は2桁着順だがその前は重賞で掲示板確保、タイムもそれぞれ0.4差、0.1差と大きくは離されていない、ちょうど人気も落ちて楽に逃げられれば十分残り目はありそうだ。
 
 
そして内枠から2番レッドアンシェル。内枠の福永というのが前が詰まって何もできずというパターンにハマりそうだが、札幌の稍重の新馬戦で上がり最速で楽勝している。もしかしたら重馬場上手かもしれないという点に期待をかけてみたい。
 
そしてもう1頭は13番クルーガー。
前走は1年ぶりの出走で10着、今回はそこから再び半年の休養明けになるが調教がやけに良い雰囲気。
稍重の栗東坂路で外目をグイグイと伸びて 52.4-38.7-25.2-12.4 と加速ラップでまとめている。4F52.4という時計も十分早いしそれでラスト12.4はなかなか。きっちり馬体が絞れていれば狙っておもしろそうな存在だと思った。
 
人気馬を軸にする割には相手が手広くなってしまっているが願わくばヒモ荒れ期待の馬連流しで。
 
できるだけ買い目を絞った3連複Fもオッズ次第では買ってみてもいいかもしれない。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

今週のトライアルはどちらもスローになるかな


 
なにやら台風18号が3連休に日本列島直撃みたいな予報円になってるんだが今週末の競馬は大丈夫なのだろうか。

台風で中止、火曜日や水曜日に代替開催なんかになったりしたら関係者、特に競馬雑誌・新聞系の人たちは死亡フラグが立ちそうだが。だから3日間開催なんかやめろとあれほど・・・

しかし、中止になるかどうかはまだわからないので日曜のローズSや月曜のセントライト記念の事前準備はしておこうかと。

日曜のローズS。
阪神芝外回りの1800m。秋華賞トライアルでありながら求められる能力は本番とは真逆だろと思わせるコース設定。
それでも一昨年まではローズS組が秋華賞では優勢だったのは、やっぱりトライアルの重賞がこれしかなかったからなのだろう。
もうひとつのトライアルがオープン特別ではやはり有力どころがローズSに向かうというのが自然な流れだったのだと思う。

紫苑Sを重賞にしたのと同時にローズSも内回りコースに変更してもよかったのにと思っているのは私だけだろうか。

それでも同じ関西圏のレースだからなのか、それともG2とG3の差なのか、やはり今でも紫苑SよりローズSのほうにメンバーは揃う印象だ。

今年の登録馬にもカラクレナイ、ファンディーナ、モズカッチャン、リスグラシュー、レーヌミノルといった春のクラシックを賑わせた面々が揃っている。(アドマイヤミヤビが屈腱炎発症で回避となったのは非常に残念だ)
本番の秋華賞でもこちらを好走した馬から人気上位になっていくのだろう。
 
 
そんなことはさておき、このメンバー。
上記に挙げた他にも古馬混合1000万条件を勝ち上がったミリッサやメイショウオワラなんかもいるし、それらと春にOP戦を勝っているハローユニコーンやブラックスビーチなどの力関係はどうなのか、それらと春の実績馬との間に逆転はあるのか。見極めるのは難しそうだ。

カワキタエンカが抽選を突破して出走できればハナを切りそうだが、他には逃げ馬も見当たらず阪神外回りコースということを考えるとペースはスローになる可能性が高そうだ。

そうなると好位からの先行押し切り、または中団から終いの切れ味で勝負できるタイプが浮上してきそうなメンバーではある。

そうするとファンディーナ、モズカッチャンあたりが有力だろうか。

人気のなさそうなところでは隊列が長くならなければブラックスビーチなんかが面白そうな気がする。
今日、ツイートで台風が近づいているから波浪(ハロー)ユニコーンだろう、というのを見かけたが、それも案外ありそうな気がするw

 
今のところはオークスのような流れになりそうなイメージを持っている。ファンディーナ、モズカッチャン、ブラックスビーチ、ミリッサあたりがいいんじゃないだろうか。
 
 
 

 
 
 
セントライト記念には皐月賞馬アルアインがエントリー。
 
3連勝でラジオNIKKEI賞を制したセダブリランテスもいるが、このメンバーならアルアイン中心の相手選びで良いだろうか。
 
こちらもあまり速い流れにはならなさそうなメンバー、先行馬を中心に展開がハマりそうな人気薄を拾いたいところだが、あまり荒れるイメージは沸かない。
 
やはり今週はレースよりも天候の方が荒れそうで、そちらの方が心配だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

紫苑ステークス(2017) 予想


 
紫苑ステークス

秋華賞トライアルということはもちろんわかっていたが、3着馬まで優先出走権が付与されることに今朝気がついた。
以前は2着までだったような気がするが、重賞に格上げされてから3着までになっていたのか。

秋華賞は京都の内回り2000mだから、阪神外回り1800mのローズステークスよりも中山2000mの紫苑ステークスのほうが今後は本番に繋がりそうな気はする。

重賞に格上げされた昨年からさっそく秋華賞の1,2着馬は紫苑S組だったし、今年もこのレースから秋華賞に向かう陣営をローズS組よりも重視しようとは思っている。
 
 
とは言っても昨年の当レース1~3着馬は本番ではそれぞれ10着、1着、14着と勝ち馬こそ出ているものの他の2頭は惨敗。

ならば今年もというわけではないが、本番への余力など考えずに出走権を取りにきている存在を探るのが面白いかもしれない。
 

逃げ宣言のミッシングリンクが先手、ジッパーレーン、ポールヴァンドルの2頭が続き人気のディアドラ、ルヴォワールは中団に構える展開か。

プリンセスルーラーに注目したい。

春、カーネーションカップ(500万)を勝つと3カ月の休養、新潟の三面川特別(1000万)を叩いてここに向かってきた。初めての古馬との対戦で0.5差5着ならひと叩きした上積みも見込めるし、前走の上がり時計も3番目の33.8ならここでも十分にやれそうに思える。
中山は初めてだが未勝利勝ちは阪神コースだし、直線の急坂も苦にはしないだろう。

ちょっと穴馬要素満点じゃないだろうか。狙ってみたいところだ。

相手にはやはり500万勝ち後、惜しい競馬をしながらも賞金を積み上げられていないカリビアンゴールド、3,4番手に人気のディアドラ、ルヴォワール、以下押さえにポールヴァンドル、ホウオウパフューム、サロニカ、大穴でブラックオニキス。

プリンセスルーラーからの3連複流しで遊んでみたい。
 
 
 
 

 
 
 
 
土曜日は中山の2歳新馬にウサギノダンス、阪神の2歳新馬にナムラルビー、そして阪神の3歳未勝利にアイファーヒロインと3頭のスクリーンヒーロー産駒が出走。
 
アイファーヒロインはこれがラストチャンスだが、これまでの2走が12,16着なので厳しいだろうな。新馬戦の2頭はどんなレースをしてくれるだろうか。
 
 
 
明日は先日受けた人間ドックの結果を受けて再検査を受けなくてはならないのでたぶん競馬はできない。
 
 
昔はリアルタイムでレースを観られなくても重賞だけは投票してから外出する、などということをよくやっていたが、近ごろは同時にレースを観られなければ買わないことがほとんどだ。
先に馬券を買っておいて、あとでレースの結果だけ見て確認するというのはつまらなくなってきた。
もちろん後からレース映像は見るし何度も見返すことも珍しくはないのだが、馬券を買う時はリアルタイムのライブ感というのか、そういうのが望めないときは馬券は買わなくてもいいかと思ってしまうようになった。
 
 
そんなわけで予想はしても馬券を買わないということは儘ある。
紫苑ステークスの予想を書いておいてなんだが馬券は買わないかもしれない。検査が15時半くらいまでに終わってくれれば、そっと予想通りの馬券を買ってみたいのだが・・・。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

新潟記念(2017) 予想


 
札幌2歳ステークス、完敗。札幌2歳ステークスに限らず土曜日はまったく良いところなしだったが。

今日はどうだろうか。少しは当てたい。
 

新潟記念、サマー2000シリーズ最終戦。

出走馬でサマー2000のタイトルを獲れる可能性があるのはタツゴウゲキ、ルミナスウォリアー、マイネルフロストの3頭。少なくともこの3頭は馬券に絡んでくると考えたほうが良いのか。

メンバーを見ると逃げ馬は大外のウインガナドルただ1頭。
徹底先行タイプもマイネルフロスト、ハッピーモーメントくらい。他は追い込み一本やりか自在タイプ。

直線長い新潟外回りでもあり、あまり速い流れにはなりそうもなく隊列も2~3番手以降は馬郡一団で進む競馬になりそうな気がする。

昨日の芝外回りレースを見ると1000万条件の弥彦特別(1800m)がテンの3F35.9、1000m60.3で行って上がり3Fが34.2、準OPの長岡S(1600m)がテンの3F36.0、1000n60.1で行って上がり3F33.8。

重賞クラスになればレース上りは33秒台前半か。勝ち切るとなるとやはり32秒台の脚を使えるタイプということになりそうだが、好位につけて33秒台前半を使えるなら馬券圏内には間に合いそうな気もする。

ならばやはり人気でも本命はアストラエンブレムが一番望ましいように思える。

心情的には大知マイネルフロストに本命を打ちたいところだが、ここは心を鬼にしてデムーロ本命にしよう。

対抗に位置取り優位であろうマイネルフロスト、3番手には内田ロッカフラベイビー、以下ソールインパクト、ハッピーモーメント、ウインガナドル、トルークマクトまで印を回す。

サマー2000のタイトルがかかるタツゴウゲキ、ルミナスウォリアーにはオッズが見合うようなら押さえるか。

馬券はアストラエンブレムからの馬連、3連複で。
 
 
 
 

 
 
 
 
小倉2歳Sはモズスーパーフレア本命で。
人気なので1着固定の馬単で。相手はペイシャルアス、バーニングペスカ、アサクサゲンキの3頭に。3連系に手を出すならイイコトズクシ、ルリハリ、アイアンクローまで。
 
 
札幌メインの丹頂Sはトラストに期待したいが、函館記念2着、札幌記念7着でポイントを持っていながら新潟記念には目もくれずこちらに回ってきたタマモベストプレイが強そうだ。
 
 
小倉2Rの3歳未勝利ダ1000mにはキンシノスパークが出走。
ここで掲示板に乗れなければ登録抹消だろう。
後方からの追い込み一辺倒なのに圧倒的に前有利な小倉のダートに使ってくることは理解に苦しむが、ここはなんとか掲示板に乗ってスーパー未勝利に出走する権利を取ってほしいものだ。複勝を買って応援する。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

府中ダート1400mは逃げ馬

ジャパンカップ以来の東京開催。

たった2開催、間が空いただけなのに久しぶりな感じがいつもする一年の最初の東京開催。
やっぱり自分にとっては東京競馬場がホーム。中山はやっぱりちょっとアウェイ感(笑)

恒例により幕開けは根岸ステークス、ダート1400mのGIII。

それほど人気が被る雰囲気はないけど、上位人気はカフジテイク、ベストウォーリア、ベストマッチョの3頭か。

ベストウォーリアとベストマッチョの馬主である馬場幸夫さんはダートでの活躍馬が目立つ。
アジアエクスプレス、モーニン、そして今回出走の2頭。
ピンクに白の鋸歯形の勝負服はダート路線ではすっかりおなじみ。
芝での活躍馬ですぐに思い浮かぶのはバンドワゴンくらいでご本人もダート戦が好きなんだろうか。

もしここでベストマッチョも好走したらフェブラリーSには3頭出しもありそうな感じさえする。
個人馬主でGI3頭出しとなるとそう多くはないよね。金子さんとか近藤さんあたりはやってそうだけど。

今回は馬主に脚光が当たりそうな、そんなGIII・根岸ステークス。

 
 
 

 
 
 
登録メンバーを見るとモンドクラッセが単騎逃げか。
前走チャンピオンズCも逃げて10着大敗なので、直線長い東京だし無理に競りかける馬もいなさそうで、それほどペースは上がりそうもない。
 
となればダート戦でもあるし、ここは素直に前に行く馬を重視で良さそう。
 
1番人気になりそうなカフジテイクは後ろからのレースだろうし、有力どころが後方の仕掛けを待っている間に人気薄の先行馬が穴を開けるパターンに期待したい。
 
人気のなさそうな先行馬で期待できそうなのはブルミラコロ、ラストダンサーあたりか。
 
 
短距離だし、このクラスになってくると逃げ切りというのは考えにくいものだけど、府中のダート1400mは意外に逃げ馬が馬券になる確率が高い。
 
全然人気もなさそうだしモンドクラッセの逃げ残りまで考えておいたほうが良いかもしれない、などと今は思っているけど能力的には厳しいだろうか。
根岸ステークスに限ると過去10年で逃げ馬は2着が1頭だけだが、逃げ馬有利というコースの特徴は無視しないほうがいいと思う。
 
前走10着大敗とはいっても0.6差だし、2Fの距離短縮で楽に先手を取れればしぶとく逃げ残りというのはありそうな気がするんだけどな。
 
展開派だからこそ買える馬券、そんなのを決めてみたいもの。逃げ先行馬に有利な展開になりやすそうな枠順になりますように(笑)
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村