「展開」カテゴリーアーカイブ

府中ダート1400mは逃げ馬


ジャパンカップ以来の東京開催。

たった2開催、間が空いただけなのに久しぶりな感じがいつもする一年の最初の東京開催。
やっぱり自分にとっては東京競馬場がホーム。中山はやっぱりちょっとアウェイ感(笑)

恒例により幕開けは根岸ステークス、ダート1400mのGIII。

それほど人気が被る雰囲気はないけど、上位人気はカフジテイク、ベストウォーリア、ベストマッチョの3頭か。

ベストウォーリアとベストマッチョの馬主である馬場幸夫さんはダートでの活躍馬が目立つ。
アジアエクスプレス、モーニン、そして今回出走の2頭。
ピンクに白の鋸歯形の勝負服はダート路線ではすっかりおなじみ。
芝での活躍馬ですぐに思い浮かぶのはバンドワゴンくらいでご本人もダート戦が好きなんだろうか。

もしここでベストマッチョも好走したらフェブラリーSには3頭出しもありそうな感じさえする。
個人馬主でGI3頭出しとなるとそう多くはないよね。金子さんとか近藤さんあたりはやってそうだけど。

今回は馬主に脚光が当たりそうな、そんなGIII・根岸ステークス。

 
 
 

 
 
 
登録メンバーを見るとモンドクラッセが単騎逃げか。
前走チャンピオンズCも逃げて10着大敗なので、直線長い東京だし無理に競りかける馬もいなさそうで、それほどペースは上がりそうもない。
 
となればダート戦でもあるし、ここは素直に前に行く馬を重視で良さそう。
 
1番人気になりそうなカフジテイクは後ろからのレースだろうし、有力どころが後方の仕掛けを待っている間に人気薄の先行馬が穴を開けるパターンに期待したい。
 
人気のなさそうな先行馬で期待できそうなのはブルミラコロ、ラストダンサーあたりか。
 
 
短距離だし、このクラスになってくると逃げ切りというのは考えにくいものだけど、府中のダート1400mは意外に逃げ馬が馬券になる確率が高い。
 
全然人気もなさそうだしモンドクラッセの逃げ残りまで考えておいたほうが良いかもしれない、などと今は思っているけど能力的には厳しいだろうか。
根岸ステークスに限ると過去10年で逃げ馬は2着が1頭だけだが、逃げ馬有利というコースの特徴は無視しないほうがいいと思う。
 
前走10着大敗とはいっても0.6差だし、2Fの距離短縮で楽に先手を取れればしぶとく逃げ残りというのはありそうな気がするんだけどな。
 
展開派だからこそ買える馬券、そんなのを決めてみたいもの。逃げ先行馬に有利な展開になりやすそうな枠順になりますように(笑)
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

日経新春杯(2017) 予想


雪の影響を大きく受けた先週の開催。日曜京都が中止になって火曜日の代替開催になり、出馬投票もやり直して枠順もガラッと変わって行われることに。

今年の冬はこれからも雪で中止、代替開催がありそうな気がします。
2014年の東京開催なんて中止・代替だらけでまともに開催がなかったような印象さえあるのですが今年そんなことにならないことを願うばかりです。

さて、日経新春杯。

雪の似合うレースではあります。テンポイントが66.5kgを背負って出走し骨折したときも雪が舞っていた記憶。
翌日の一般紙の一面にテンポイント骨折の記事が載っていたことを子供ながらに覚えています。悲しかったなあ・・・

それはさておき。

出走馬に変更はありませんが枠順はガラッと変わりました。

この枠順なら、という攻撃的な?予想になりましたw

本命◎は2番ヤマカツライデン

前走の京都大賞典はキタサンブラックを意識したのか後続も離れず付いていけるスローの逃げで、結果苦手な瞬発力勝負にしてしまい8着敗退。

今回は他に逃げる馬もいませんし、今度は後続に脚を使わせるような逃げで消耗戦に持ち込んで能力をフルに発揮するレースをしてくれると見ます。

元々逃げてしぶとい脚を使って粘り切るのが得意の戦法。このメンバーで55kgの斤量なら粘り切るだけの力はあると思いますし、お誂え向きに人気になりそうなミッキーロケット、シャケトラは中団で牽制しあうパターンも十分に考えられ、展開は向くと思います。

幸い枠順も当初の7枠11番から2枠2番と絶好枠になりましたし、これはヤマカツライデンにいい風が吹いてきたのではないでしょうか。

おそらく人気は5~6番人気くらい。

相手は手広く5番ミッキーロケット、3番シャケトラを本線に、14番レーヴミストラル、1番トルークマクト、8番モンドインテロ、9番レッドエルディスト、4番マドリードカフェ、11番アドマイヤフライトの8頭に馬連3連複で。

仕事もあるのでそんな馬券を出勤前に投票してレース結果を待ちます。
 
 
 

 
 
 
そして今週末には早くも中山京都の1回開催も最終週、中山ではアメリカJCC。
 
ゼーヴィント、ミライヘノツバサ、リアファル、タンタアレグリア、シングウィズジョイ、クリールカイザーと4歳勢や牝馬・古豪と個性的なメンバーがスタンバイ。
 
なんだか休む間もなく競馬が続いて、変則開催は終わったはずなのに、変則開催が続いている感じになります。
 
だらだらと馬券を買ってると間違いなく負けるのでw、メリハリつけて楽しみたいと思います。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

ジャパンカップ(2016)の展開はどうなるだろう?


木曜日、東京の朝は積雪がありそうだという予報ですが、外国馬はちゃんと追い切りできるのかな?

もっとも外国馬は追い切りでも軽いキャンター程度に留めることも珍しくないから影響はあまりないでしょうか。

ジャパンカップの出走馬はアルバートがステイヤーズSに回り、トーホウジャッカルも金鯱賞、トウシンモンステラ、ジャングルクルーズも回避の見込みで17頭立てになりそうな様子。

外国馬は眼中にないというファンが多く、実質14頭立てと考えれば良いくらいに思っている人もたくさんいそうです。(私もその一人だったりしますがw

netkeiba.comの予想オッズではリアルスティール、キタサンブラック、ゴールドアクターの3頭が拮抗した人気で単勝オッズ4倍前後、少し差が開いてディーマジェスティ、シュヴァルグラン辺りまでが単勝10倍以下の人気になっています。

ま、早くからステイヤーズSに向かうと発表されていたアルバートよりも、ワンアンドオンリーやイキートスの人気が下だったりしますからあまりあてにはできませんがw
 
 

出走各馬のこれまでの位置取りを眺めると人気になりそうなキタサンブラック、ゴールドアクター、それとサウンズオブアースあたりが前に行きそう。
武豊キタサンブラックが逃げるとなると、むやみに競りかけるのはいなさそうではあるものの全体に仕掛けは早くなりそうな気もします。
キタサンにあまり楽に逃がせるとどうぞ勝ってくださいというレースになってしまうので、各ジョッキーもその辺は何らかの動きをするはずだとは思います。

ただ、前走は番手に控えて直線で抜け出す競馬をしていますし、どんな展開になるかはやはり武豊の動き方次第といったところでしょうか。
 
おそらく前走の武豊騎手はスローの瞬発力勝負でどのくらいの脚を使えるのかを計っていたと思います。
それを踏まえてどういったレースを作るのか、馬券を考える側もその辺をアレコレ考えることが正解に近づく道ではないでしょうか。

瞬発力勝負になりやすい府中の2400m。
 
どちらかと言えば消耗戦に持ち込みたいキタサンブラック、ゴールドアクター vs 瞬発力勝負に勝機を見出したいリアルスティール、といった構図を想定しています。

枠順確定、楽しみですね。
 
 

 
 
もちろん自分の馬券はゴールドアクター本命以外あり得ないのですが、3着までに入ってくれれば的中という馬券も買うとは思うので(できればお金は減らしたくないw)展開はじっくりと考えることになると思います。
 
ただ、実際には昨年有馬記念の1~3着馬に3歳世代3頭がどう挑むか、そんな馬券になるのかな~と思ってたりもしますが。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

サインは4か


デイーマジェスティ4枠4番、ジュエラー4枠6番、シンハライト4枠7番

東西のトライアル人気馬がいずれも4枠。これは何かのサインでしょうか。。。
蓮舫氏が民進党代表になったし(ちょっと驚いたw)、レンホー→レンフォー→フォー→4ってことでやはりキーワードは「4」!(ムリヤリダナw
 
 
 
ま、蓮舫はどうでも良いのですが、東西の抜けた人気馬が3頭とも4枠というのはやっぱり何かあるんじゃないかという気がしてなりません。
それも共通の何か。

ディーマジェスティ、ジュエラー、シンハライトに共通していることって何かあるでしょうか。

3頭とも馬券圏内を外したことがない。

じゃ両トライアルで他に馬券圏内を外したことがない馬はいないだろうか?
 
 
・・・いないw
 
じゃ、もう少し幅を広げて掲示板を外していないのはいないか?
 
 
これはセントライト記念に出走のメートルダールが7戦して掲示板は一度も外していないので3頭の仲間とも考えられる、、、か?

他に何かないか・・・
 
 
 
3頭ともずっと同じ騎手が乗ってるとか!?

いや、ディーマジェスティとジュエラーは初戦だけ違う騎手だ。

ここも譲ってずっと同じ騎手が継続騎乗してる、ただし初戦は除くとしたらどうだろう?
 
 
 
 
いました、やはりセントライト記念出走のノーブルマーズが初戦からずっと高倉稜騎手。
これはもしかしたら一発あるか。

ローズS出走のクロコスミアも前走まではずっと勝浦騎手だったんだけど、残念ながら今回は岩田騎手に乗り替わり。
デンコウアンジュもずっと川田騎手が乗ってて一度田辺騎手になったことがあるだけなので該当馬としてもよいか?と思ったら今回はウチパクだしw

というわけで私が思いつく3頭と共通するものを持つ馬、というとこのくらい。。。発想が貧困すぎるな。。。orz

でもま、せっかくだからメートルダールとノーブルマーズはちょっと押えておくかな。なんだか音引きの感じも似てるし(モハヤ、ナニモカンケイナイ
 
 

 
 
などと役に立たないことをアレコレと考えてみたりしましたが、単純にセントライト記念もローズSも4枠中心で馬券を買えば当たりますよ、ということでしょうかね。
 
やっぱりセントライト記念はディーマジェスティから人気薄への馬連で、ローズSは2強と人気薄を絡めた3連複フォーメーションで、そんな感じに落ち着きそうな気がします。
 
 
ただ、、、
 
セントライト記念は逃げ先行馬も多いのでけっこうペースは流れて中団から後方に構えた馬がしっかり能力を発揮しそうな気がしますが、ローズSは阪神外回りの上に近走で逃げている馬は皆無なので人気薄が楽に先行して逃げ残る、なんていうのは十分にありそうな感じがします。
 
過去逃げた経験のあるクイーンズベストやバレエダンサーとか、ペース読みの上手い和田騎手のフロムマイハートなんかは要注意じゃないかなあ。
 
 

中京記念:中京芝1600mで狙うべき脚質は?


[中京記念] ブログ村キーワード

去年は函館競馬場で買った前日発売の馬券が的中したゲンの良い中京記念。
今年もそんな感じになってくれると良いのですが。

昨年馬券になったスマートオリオン、アルマディヴァン、ダローネガの3頭は今年も登録があります。

が、netkeiba.comの予想オッズによると9~11番人気と今年もあまり人気はなさそう。

完全リピートでまた大荒れ、とかになったら笑うなあ。。。

施行時期が3月から7月に移行し、距離もマイルになって今年で5年目。

ということはサマーマイルシリーズも今年でもう5回目ですか。光陰矢の如し

中京のマイルというと逃げ先行よりも差し追込のほうが優勢というイメージがありますが実際にはどうなんでしょう?

course-tyuukyou

1コーナー奥の引込線からスタートしてすぐに2コーナー。この辺は府中の1800mと似た感じですね。
スタートから向こう正面の中程までは緩やかな上りになっていて、その後3~4コーナーから直線入口まで長い下り。

直線に向くと高低差2m、中山に次ぐ勾配の急坂が待っていて尚且つ坂を駆け上がってからゴールまで更に200m余りという相当にタフなコース。

逃げ切るのはなかなか大変なイメージがあります。

で、実際にはどうなのか、というのを調べてみました。

過去3年の中京芝1600mで行われたレースの脚質別成績です。

kyakusitu

意外にも勝率・連対率ともに逃げが一番高く、先行も差のない成績。
回収値も先行馬が断然です。

これはやはり長い直線と急坂の影響で差し・追込のほうが人気になりやすく、逃げ先行馬は意外に人気にならずに馬券になる、そんな構図が想像されます。

もしかしたら新馬・未勝利といったスローになりやすいクラスの影響が大きいのかと思い、500万クラス以上にレースを絞ってみましたがそれでもやはり逃げ先行が有利という結果に。。。

無題

今回、中京記念の登録馬で先手を主張しそうなのは前2走500万・1000万を逃げて連勝中のウインガニオンくらい。

ですがフルゲート16頭に18頭の登録ですから除外対象でしょうか。
出走できたら面白そうだな~と思うのですが・・・

そうなると前に行きそうなのは昨年の勝ち馬スマートオリオン。
トップハンデ57.5kgは近走成績を考えると厳しい気がしますが、コース適性は間違いなくあるでしょうからノーマークにはできないかと。

いや、人気がなさそうなのでむしろ積極的に狙いたいかも(笑)
 
 
 

 
 
 
先週の芝のレース、日曜日は直線で大きく内外バラける展開が多かったですね(土曜日は見てないので知りませんが・・・)
 
コースの内側が荒れて伸びにくくなっているような感じだったので、荒れた内を嫌って各ジョッキーが外目を通すことが多くなり、そのためコースの中~外も荒れてきて今度はそちらも同じように伸びにくくなってくる状態になってきそう。
 
そうすると距離ロスのない分だけまた内の方が伸びるということに。
 
この辺はレースを見ながらどんな馬場状態になるかよく注意しておいたほうが良さそうです。
 
 
 
枠順によっても展開は大きく変ってきそうなメンバー構成なので、枠順・馬場状態をよく考えてから馬券は絞っていきたいところです。