「予想」カテゴリーアーカイブ

中京記念


 
 
中京競馬場が大規模改修し、中京記念がキャラクターを大きく変えて今年で7回目。マイル戦になってまだ6回しか行われていないのに、2000m戦だった時代がもうずいぶん遠い昔のような気がする。
それに中京記念って春先じゃなかったっけか。

以前の夏のローカルGⅢといえば小回り平坦2000mからはガラッと趣を変えた直線急坂のあるマイル戦、しかも直線は400m以上というコース形態だけを見るとまるで府中の芝1800mに中山の坂を誂えてみました、いかがでしょうか?みたいなレースになってサマーマイルシリーズ3戦の初戦という存在感。これはなかなか個性があっていいんじゃないか?と個人的には思っている。

昔の夏の古馬重賞って2000mばかりだったからなあ。
確か平成になってすぐのころの古馬重賞は札幌記念(2000m)→高松宮杯(2000m)→七夕賞(2000m)→北九州記念(1800m)→関屋記念(1600m)→函館記念(2000m)→小倉記念(2000m)→新潟記念(2000m)みたいな感じで。
スプリント重賞なんてCBC賞が夏の初めにあるくらいで他は全部2歳戦(当時は〇〇3歳S)
逆に夏に行われる2歳重賞は函館も札幌も小倉も新潟も全部1200mだったっけ。

そういう意味では夏の重賞もだいぶバラエティに富んだ番組構成になってきたとは思う。JRAもそれなりに頑張ってるじゃないか、それなりに。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
などと昔を思い出してばかりいても馬券は当たらないわけでw

今年の中京記念は中心馬不在。逃げるウインガニオンか追い込むグレーターロンドンか、この2頭が上位人気にはなりそうだが、どちらも展開に左右されるタイプ、信頼のおける中心馬という感じではない。

登録馬には重賞勝ち馬が7頭もいるが現時点でのnetkeiba.comのオッズを見ると、グレーターロンドンやワントゥワン、ロジクライといった重賞未勝利馬が上位に支持されているのも難解な一戦というのを表している。

近走成績を見ても前走でオープンクラスを勝っている馬はいなく、前走好走していると言えるのは米子S(OP)2着のタイセイサミット、マーメイドS(GⅢ)3着のミエノサクシード、準OPのフリーウェイS勝ちのロワアブソリューくらい。2戦連続重賞で馬券圏内には入っていないものの掲示板を確保しているグレーターロンドンの馬柱が良く見えるくらいだからなんとも悩ましいところだ。

ならばあまり近走成績などは気にしないで、左回り・中京コースの適性と予想される展開、そして調教や陣営コメントで想像される現在の調子で検討するのがいいのかもしれない。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
前走2年ぶりのレースで逃げてしまったスマートオーディンが今回どういう運びをするかが少し気になるが、おそらくは本来の差しに回るだろう。

前に行きそうなのはウインガニオン、ロジクライ、タイセイサミットあたりか。アメリカズカップも行こうと思えば行けるタイプだけに極端なスローにはなりにくい気はするが、そうかといってガリガリと先行争いをするようなこともなさそう。
平均からやや遅めのペースといったところか。マイル戦でもあるしあまり縦長の隊列になるようなイメージでもなく、スローの一団、直線の末脚比べという感じだろうか。

そうなるとやはり上がりで早い脚を使えるタイプに軍配が上がる展開だろうか。1番人気になりそうだがグレーターロンドンが浮上してしまう。

いやそれよりも夏は牝馬、牝馬の切れ味に期待してミエノサクシード、ワントゥワンの2頭か。3歳馬のフロンティアもこれだけ軽視されているとずいぶん妙味があるように思えるが。
一昨年の勝ち馬ガリバルディや昨年1番人気のブラックムーンも捨てがたい。

グレーターロンドン、ガリバルディ、フロンティア、ミエノサクシード、ブラックムーン、ワントゥワン。

この6頭のうちから1頭軸を決めて、、、という感じだろうか。難しい。

難しいから考えるのやめてシルクの募集馬の動画でも見ようか(現実逃避w
ヴェロニカグレースの下、父はキンシャサノキセキに替わるがエンジェルフォールの17もいいと思うがどうだろうか?


 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ヴェロニカグレース2勝目の写真


 
 
月曜日、シルクからヴェロニカグレース2勝目の写真が届いた。

初めての出資馬が6戦目で2勝目というのはラッキーなんだろうな。
全6戦も重賞のフローラS以外は堅実に走ってくれているし、いつの間にか本賞金だけで募集価格の127%も稼いでいるし、これはなかなか優秀ではないか。

レース後はいったん茨城県の須藤ステーブルに放牧に出され、その後福島県のノーザンファーム天栄に移動している。

この時期に2勝目を挙げられたので無理する必要もないということで秋に備えて更に成長を促すといったところか。

レース後の戸崎のコメントでは以前よりも前進気勢が強くなっているので距離は1800mがギリギリかもしれないということなので今後はマイル路線に向かうのだろうか。
それとも一息入れて紫苑Sから秋華賞出走を目指す、そんな路線だろうか。

フローラSの負けっぷりを見ると秋華賞よりはいずれヴィクトリアマイルでGⅠ奪取を最大目標にして、1600~1800mの牝馬重賞路線に向かえるようになると良いなあなどと思うが。

条件戦の平場ばかりだがコーナー4つの芝コースで[2.1.2.0]なのだから、差し当たっては来春の福島牝馬Sあたりを目標に。
そして来年秋の府中牝馬Sで好走できるようなら再来年のヴィクトリアマイルを本格的に目標にする、そんな感じでどうだろう。

そうすると休養後は秋の中山開催で1000万条件の白井特別(芝1800)くらいからスタートがいいんじゃないだろうか。秋華賞路線には進まず、じっくりと条件クラスを勝ち上がっていってほしいものだ。
などと勝手に出資馬の今後について妄想するのも一口馬主の楽しみなんだな。

果たして今年2歳の出資馬2頭、ジュピターズライトとマイタイムオブデイはどのくらい頑張ってくれるだろうか。
まだノーザンファーム早来にいるがデビューが待ち遠しいものだ。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今日はジャパンダートダービー、3歳ダート路線の頂点。

ルヴァンスレーヴが1番人気で単勝オッズ2倍台、ドンフォルティスが続いて3倍前後、少し離れてテーオーエナジーが7倍の3番人気といったところが上位人気。

JRA馬と地方馬の力差は仕方のないところなのかもしれないが、昨年は船橋のヒガシウィルウィンが勝っている。今年も東京ダービー馬ハセノパイロにはがんばってほしいし、高知優駿のスーパージェット、石川ダービーのアルファーティハにも見せ場くらいは作ってほしい。

そうは言っても、馬券を買うならルヴァンスレーヴ、ドンフォルティスを中心に考えてしまうのだが。

3連単フォーメーションで1列目にルヴァンスレーヴ、ドンフォルティス、2列目にテーオーエナジーとハセノパイロを加えて、3列目にはさらにオメガパフューム、グレートタイムをプラスした24点、といったところだろうか。

仕事が終わって元気があれば大井競馬場に行ってもいいな。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
週末の重賞は函館記念。

人気がまったく当てにならないレース、この10年で1番人気馬[0.2.0.8]、2番人気馬[2.0.1.7]、3番人気馬[3.0.0.7]と上位人気馬はヒモに押さえる程度にしたほうが良さそうな結果だ。

ハンデに目を向けてみるとよく馬券になっているのは54~56kgが中心、トップハンデや軽ハンデがダメというわけではないが51kg以下は馬券になっていないし、手頃な斤量の馬が優勢といったところ。

展開や馬の調子などを考えずにこういったレース傾向を考えると斤量55kg、5番人気くらいになりそうなエアアンセムあたりがいいのかなあ~などと漠然と思っている。
わりと自在な脚質だし、ハナを主張しそうなのはヤマカツライデンくらいしか見当たらないメンバーなら上手く先行できればそのまま好位からの押し切りというのは如何にもありそうだ。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

七夕賞(2018)


 
 
今週は福島も道悪だろうか。
西日本ほどではないがあまり天気に恵まれそうな予報にはなっていない。
関東は早々に梅雨明けしたが他は沖縄が梅雨明けした以外はまだ梅雨明けしてないのだから仕方がないか。

しかし七夕賞だし、できれば天気に恵まれると織姫と彦星も喜ぶだろうになあ・・・などとどうでもいいことを思ったりする。

織姫といえばベガ、彦星といえばアルタイル、今年は何かこれに関連付けてサイン的に買える馬はいないものだろうか。

となるとまず目につくのはサーブルオール。母父アドマイヤベガでその母はもちろんベガ。人気になりそうだがこれは仕方がないだろうか。調教も良さそうだ。

彦星の方では何かないかと思ったが彦星賞の勝ち馬もいないし、アルタイルSなんてレースもないし特に見つけられず。。。

これは人気でもサーブルオールを中心に考えるしかないだろうか。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
先行したいのはマイネルフロストにミラノ、シルクドリーマーといったところか。いずれも何が何でもハナというタイプでもなく、行くのがいなければ逃げてもいいし、ハナを主張するのがいれば番手でいいというタイプなのであまりペースが上がりそうもないメンバー。特にマイネル2騎は同馬主でもありむやみな競り合いはしないだろう。
馬群一団のスローになりそうで終いで切れる脚の使える馬に向きそうな気がする。

となるとやはりサーブルオール、他にはレイホーロマンス、マイネルサージュ、プラチナムバレットといったところだろうか。
重賞勝ち馬が強いレースでもあるのでそうするとプラチナムバレットが中心馬に浮上してくる。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ここまで考えるとプラチナムバレット、サーブルオールのいずれかを軸に夏は牝馬の格言ではないが切れのある末脚を武器とするタイプへの流し馬券、レイホーロマンス、キンショウユキヒメ、マイネルサージュあたりが相手候補か。

人気は割れそうだが上位人気馬での決着になりそうで、あまり買い目を広げることはできなさそう。

馬連4点くらいでなんとか仕留めたいところだ。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

CBC賞(2018) 予想


 
 
土曜日の競馬を見ると中京の芝は上がりの早い後傾ラップでも差し優勢の状態。1200mの距離で果たしてどうかだが先手を取りそうなアクティブミノルやトウショウピストには厳しい馬場に思える。

さほど先行争いが厳しくなるようなイメージのないメンバーだが、中心には差しタイプから選んでみたいところだ。

人気も割れていて朝の段階では1番人気のダイメイフジで単勝オッズ4.2倍、一桁台の馬は4頭だが10番人気のトウショウピストでも19.3倍だからかなりの混戦という評価。

こういう場合は下位人気馬が入っても意外とオッズがつかないということも多いし、無理に捻らず素直に考えるのが良さそうだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
1番人気だがダイメイフジを本命に。中団から確実に末脚を伸ばしてくるこの馬には今の馬場状態はピッタリだろう。前走1400mからの距離短縮というのも直線の坂を上ってから200mもの最後の脚比べとなる中京コースもあっている。

2番手に昨年2着のセカンドテーブル。ハンデも昨年と同じ56kgだが7番人気というのは盲点になっているんじゃないだろうか。

3番手にペイシャフェリシタ。休養明けだが前走の春雷Sではセカンドテーブルを差し切り勝っている。

この3頭を中心に馬券を組み立ててみたい。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ヒモ候補にはアサクサゲンキ、ワンスインナムーン、ナガラフラワー、ダイメイプリンセスをピックアップ。

1列目に本命~3番手の3頭を置いて、2,3列目にヒモも加えた7頭を塗る3連複フォーメーションで31点。
少々買い目は多いが上位人気3頭での決着以外はガミにはならなさそう。その買い目だけ買い足して3200円で遊んでみるというのはどうだろうか。

これだけ手広く買えば当たるだろうとレース前は考えるのだが、そうはいかないのが競馬でもあるのが悩ましいがw
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ラジオNIKKEI賞(2018) 予想


 
 
前走で逃げて勝っているのがメイショウテッコンとキボウノダイチの2頭。
またシセイヒテンも古馬混合の東京のマイル戦で逃げて2着、ケイティクレバーも近2走こそ違うが3走前までは逃げて結果を出してきた。
開幕週の小回り福島ということもありペースは緩みなく進みそうなメンバー構成、先行有利の馬場状態だったとしても差し馬に目が行ってしまう展開を想像してしまう。

ハナを切るのはおそらくメイショウテッコン。
前走、白百合Sは1000m通過が59.0、テンの3Fを12.7-10.7-11.2の34.6で入っている。シセイヒテンの前走はテンの3Fが36.7、キボウノダイチのそれが36.5だし、枠順の並びを考えてもメイショウテッコンがハナを切る可能性は高いと考える。
前走そのペースで逃げて京都外回りの1800mを3馬身差で押し切っているのだからここも強気に逃げてくるのではないだろうか。

いきおい緩いペースにもならないだろう。
それならば開幕週ということを考えても中団前目の内で脚を溜められる馬に有利な流れ、3番キューグレーダーに向いた展開になるんじゃないだろうか。

ここまで4戦2勝2着2回、前走は1400mを10番手からの差し切りだが1600mの前走は4~5番手から、1800mの前々走は3番手からの好走だ。
2Fの距離延長となる今回は先行馬群の直後につけられそう。枠も内目だし距離ロスなく能力を発揮できると見る。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
対抗にメイショウテッコン。ハナを取りきれば開幕週の良馬場ならそのまま押し切るケースも考えられる。

3番手には遅れてきた大物というムードもある2戦2勝のフィエールマン、以下シセイヒテン、マイハートビート、エイムアンドエンド、イェッツトまで。

馬券はキューグレーダーからの馬連流し、3連複1頭軸流しか。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
天気予報では土日の福島競馬場は曇り、曇り時々晴れという予報。

関東は早々に梅雨明け宣言が出たが、福島の天気もなんとか持ってほしいところ。
万が一雨が降って馬場状態が想定外のものになったりしたら、メイショウテッコンからキボウノダイチ、シセイヒテンあたりの行った行ったの馬券を考えることになるかもしれないがそんなことはなさそうだ。

福島、中京よりも梅雨がないはずの北海道・函館のほうが今週は天気が微妙。
この時期は北海道のほうが好天に恵まれる印象だったが、気候もじわじわと変わってきているんだなあと。
そういえば北海道に住む母が近ごろは北海道も夏前には梅雨のような天気が続くんだとボヤいていた。

競馬しながらそんなことに思いを馳せるとは・・・なんつってw
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!