「予想」カテゴリーアーカイブ

関屋記念(2017) 予想

前走、2番手追走で初重賞制覇と前2戦とは違うレースで成長ぶりを見せたウインガニオン。

ここもマルターズアポジーを行かせて離れた番手追走で進めたいところだろう。
しかし、枠順はあいにくの8枠15番。
内にマイネルハニー、ヤングマンパワーがいる並びでは3~4番手の先行馬群の外という位置取りになりそうな枠順。

果たしてこの位置で能力を出し切るレースができるかどうか。今回は1番人気になる可能性も高いが本命を打つのは難しい。

明確な逃げ馬がいて、能力の高い先行馬もいるメンバー構成ならスローの流れにはならないだろう。

本命は新潟2歳Sでの強いレースぶりがいまだに印象深いロードクエストに。
ブラックムーンとどちらに本命を打とうかかなり迷ったが、ブラックムーンが米子Sで見せた鬼脚はスローペースでこそ繰り出させるもの、それなりのペースで流れそうなこのメンバーでは末脚不発の恐れもあるとしてロードクエストを上位に取った。

ロードクエストは2歳時から活躍して早熟タイプと思わせる面はあるが、昨年秋の京成杯オータムH勝ちを見ると決して早熟タイプではないだろう。
早い時計も得意だし、休み明けの前走をひと叩きして初重賞勝ちと同じコースなら十分勝ち負け。

人気を前走準オープン勝ちのメートルダールや展開に疑問符のつくウインガニオンが背負ってくれるならオッズ妙味もあると考える。
 

対抗には本命と迷ったブラックムーン。
予想に反して落ち着いたら流れになったときは頭まであると考えている。
前走4角ほぼ最後方の位置取りから馬場の荒れた内をついて上がり最速の3着。1番人気には応えられなかったが、さらに直線の伸びる新潟外回りならフルにその末脚を活かせるだろう。
人気も一気に落としているし妙味十分。

この2頭の馬連・ワイドで太い勝負をしたい。
 
 
 
 

 
 
 
 
3番手に大穴としてクラリティスカイを取り上げたい。NHKマイル勝ちのノリに手が戻るならアッと驚く場面を見せられるかもしれない。ノリの変態騎乗に期待する。
 
4番手にウキヨノカゼ。7歳になる牝馬だが夏は5歳時に準オープン、重賞を連勝し続くスプリンターズS3着。
洋芝の北海道のスプリント戦から秋のGIへの参戦だったが、3歳時にはクイーンC勝ちもあり時計勝負の平坦コースならマイルでも上位に来ないだろうか。
 
 
以下、メートルダール、ウインガニオン、ダノンプラチナまで印は回す。
 
 
新潟外回りのマイル、長い直線で目の覚めるような末脚勝負を堪能したい。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

エルムS(2017) 予想

断然人気が予想されるテイエムジンソク。
3走前からそれまでとは別馬のような強さを見せて3連勝中。その3連勝はそれぞれ0.7、0.7、0.8差をつけての圧勝だけに5歳春にして完成した印象。

脚質も先行して早い上がりを繰り出すというもので死角を見つけるのは難しい。

圧巻は前々走の函館・大沼S。序盤の2~4F目を33.3というハイペースを4番手先行して上がり3Fが最速の36.9での楽勝。
この時の、自身のテンの3Fが35.1。
同じコースで行われた前走のマリーンCではその時よりも遅い35.5の入りで逃げられたのだから圧勝するのも頷ける。

その馬が楽に好位を取れそうな3枠4番に入り、逃げ先行が圧倒的に有利な札幌ダ1700でレースをするのだからこれにケンカを売るのは愚の骨頂に思える。

穴党もレース前から白旗献上である。

ここは素直に◎を打って、ヒモ荒れに期待する馬券を狙うしかない。
強いと目される馬に強い競馬を見せてもらい、今年後半のビッグレースでの活躍を楽しみにしたい。
 
 
 
 

 
 
 
 
モンドクラッセ、リーゼントロックに加えて地方から参戦のオヤコダカ、タマモホルンと先行タイプも揃っている。
 
最後の直線が264mと短い札幌ダートだけに極端な後方からでは難しいだろうが、中団から差しを決められる力を持つタイプに期待したい。
 
対抗には外枠に入り向こう正面からのマクリを打てそうなメイショウスミトモを狙う。
前走マリーンCは後方から少し位置を上げただけの6着にとどまったが、前々走はハイペースの大沼Sを2角7番手、3角5番手、4角4番手と位置取りを押し上げながら最後まで伸びきって3着、テイエムジンソクには突き放されたが逃げた2着のダノングッドには半馬身差まで迫っている。
外からスムーズなレースができればその能力を十分に発揮できるのではないだろうか。
 
3番手にはコスモカナディアン。
前走準オープン勝ちの昇級戦だが、その前の3戦は重賞・オープン特別を使って3着2着12着。前々走こそ連戦の疲れがあったのか12着と大敗したがその前2戦はGI川崎記念3着、オープン仁川S2着だから能力的には十分。
休み明けをひと叩きしての上積みを考慮すればテイエムジンソクに迫るシーンもあるかもしれない。
 
4番手にはロンドンタウン。
前走12着大敗からの休み明けで仕上がりがどうかだが、マーチS4着、アンタレスS2着なら2番手以下のメンバーには見劣りしない力がある。
 
以下、ピオネロ、クリノスターオー、オヤコダカまで印を回す。
 
 
 
テイエムジンソクがダート界の新しいスターに名乗りを上げるレースを楽しみにしたい。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

小倉記念(2017) 予想

ハンデ戦らしい難解な一戦。

やたらトニービンの血が活躍してるとネットでは話題になっていてそれでフェルメッツァが浮上していたりするが、それなら素直に昨年の勝ち馬のクランモンタナでいいんじゃないのか?などとも思ったりする。

前走七夕賞組では4角で前が塞がり位置取りを悪くしたタツゴウゲキが鞍上デムーロにスイッチしたこと、引き続き52kgの軽ハンデもあって2番人気。

逃げ馬のいないメンバーで人気どころは差しタイプが多いだけに先行するだろうヴォージュは展開派としては軸に取り上げたいタイプだが、いくら流れのきつかった七夕賞とはいえほぼ同じ位置にいたマイネルフロストが2着に踏ん張っているのにそれより2kgも斤量が軽かったにもかかわらず9着まで着順を落としていることを考えるとさほど自信を持つこともできない。

ハンデ戦のG3とはいえさほどレベルの高いメンバーとも思えないし、ここは大振りしてもいいのかもしれない。

開幕2週目でまだ馬場もそれほど荒れてはいないし、スタミナを要求される小倉2000mで前々で競馬しながら最後まで辛抱強く伸びきれそうな馬はどれか。

枠順を考えると最内のスピリッツミノルなんかがいいかもしれないと思いついた。
金曜日の時点ではまったく眼中になかったのだが。。。

注目したのは前々走の鳴尾記念。スローの流れを終始中団で進み前が止まらない流れを内で進路を探しながら結局しっかり終えたのは残り1Fもなかった。
この時と同じように今回も内枠だが、今回のメンバーならもう少し前の位置取りができるのではないだろうか。

これまで戦ってきた相手が違うし、それでいて今回はハンデ55kgと前走からは3kgも軽くなる。
4走前の阪神大賞典で0.8差5着ならスタミナにも不安はない。

思い切ってこの馬から手広く流してみたい。
金曜日に投票した競馬ブログランキングの重賞予想とは違ってしまったのはご容赦 m(_ _)m

相手を絞るのは難しいが展開利を見込んでヴォージュ、サンマルティンを筆頭にフェルメッツァ、ストロングタイタン、ケイティープライド、バンドワゴン、ベルーフまで。

単勝と馬連で。
 
 
 

 
 
 
レパードSはエピカリス断然人気だし、たぶんこの馬が強い競馬を見せるんだろうという気しかしない(笑)
 
しかしそれでは馬券的には面白みもあまりないので狙うならハルクンノテソーロ。
 
エピカリスの能力が抜けているとはいえ遠征先で不安を発症してレースを回避した海外帰り、仕上がり8分なら取りこぼしもあるかもしれない。
 
エピカリスがいなければハルクンノテソーロとタガノディグオの2頭がこのメンバーなら能力上位だろう。
 
 
馬券を買うかはわからないが、ハルクンノテソーロからエピカリス、タガノディグオの2頭を相手に3頭目に穴馬が来てくれることを狙うような3連系の馬券がいいように思う。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

閃光特別

夏競馬最初の直千は古馬500万条件の閃光特別。

中心は4歳降級組のグラミスキャッスルで仕方がないだろう。
逃げ馬が揃っているがこのメンバーに入れば力が違う。逃げ争いを制して押し切りに期待。

人気馬から入るので相手には差し追い込みを中心に据えたい。
外枠に入ったコウユーココロザシを相手筆頭に、内枠だが直線競馬は上手い西田騎乗のミキノドラマーを3番手に、アースミステリー、パストラル、ダークプリンセスを押さえる。
馬連5点で。

これで明日のアイビスサマーダッシュの馬券の練習。
 
 
 
 

 
 
 
 
開幕週とあって芝の状態は絶好。
 
土曜日前半の芝レースは10レース中8レースで逃げ馬が馬券になっている。ペース次第では差し馬が上位を占めているレースもあるが、すんなり先手を取れると思える馬は重視したほうが良さそう。
 
どの馬が逃げるかを見極めるのが意外に難しかったりはするがw、各場とも展開を自信を持って見極められるレースに絞っていけば案外馬券は取りやすそうな気がする。
 
まあそううまくいかないのが競馬だが(笑)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

中京記念(2017) 予想

ヴェロニカグレースのデビュー戦は道中後方の内々を進み、あの位置でどうなのかと心配したが直線ではいい脚を見せて3着に食い込んでくれた。

あの末脚があればどこかで勝ち上がることもできそうだ。今後も無事に進んでほしい。
 
 

さて、中京記念。

ウインガニオンが2枠3番に入ったのでここはすんなりハナを取りそう。
ピークトラム、トウショウピスト、サンライズメジャーあたりも前に行きそうだが、競りかけていくとは思えず序盤は淡々とした平均ペースか。

土曜日の中京芝のレースを見ると差し追い込みが決まっているのでやはり終いにしっかり脚を使えるタイプが優位のレースになりそうな気はする。

となるとやはり人気のブラックムーンやグランシルクに目が行くのだがグランシルクは先に目を据えた緩めの仕上げに見えるし、ブラックムーンも休み明けの前走で見せたあの鬼脚をはたして立て続けに繰り出せるものなのだろうか。

だいたいハンデ戦の中京記念がそんなにすんなり上位人気で決まるとも考えにくい。

ならば。
 

牝馬のキレに期待してアスカビレンに本命を打ちたい。競馬コンシェルジュの辻三蔵と本命が被っているのが不安ではあるがw

前々走では牡馬を相手に牡馬を相手にオープン特別を上がり最速で勝っている。G3のハンデ戦なら能力的には足りるだろう。
中団の後ろから前をうまく捌いて抜け出してくることを期待する。

対抗にはグァンチャーレ。やはりスクリーンヒーロー産駒は印上位にしてしまうが、調教も絶好、展開が向けば久しぶりの重賞制覇も可能性ゼロではないだろう。

以下、マイネルアウラート、ブラックムーン、ダノンリバティ、グランシルク。
穴にケントオー、大穴でピンポンまで押さえてみたい。

 
 
 
 

 
 
 
 
函館2歳Sはナンヨープランタン、ダンツクレイオー、スズカマンサク、デルマキセキ、ベイビーキャズ、パッセの6頭で。
 
今日は函館と福島の新馬戦に2頭のスクリーンヒーロー産駒が出走。
函館のジェネラーレウーノは単勝1倍台の抜けた人気になっているがすんなり初戦勝ちを決めてくれるだろうか。
 
福島のスターリバーは5番人気くらいの模様。どちらも頑張ってほしい。
 
また中京9R渥美特別にもナムラマルが出走。ここは何とか勝ち上がって菊花賞に望みをつないでほしいところだ。
 
他にもダイナアクトレス牝系のトランプが函館1Rに、ヒドゥンパラメータが福島9R栗子特別に出走。
 
なかなか忙しい一日になりそうだ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!