「予想」カテゴリーアーカイブ

小倉大賞典(2018) 予想

昨日の東京10R白嶺S、クライスマイルが嬉しい2年7カ月ぶりの勝利。
すっかり人気を落として11番人気になってたが信じて良かった。
一昨年の同レースでは1番人気だったんだよなあ・・・
 

さて、小倉大賞典。

連勝中の上がり馬トリオンフが人気。
しかも前走の準オープンでは2着に4馬身差と強さを見せての完勝だけに人気も当然か。

しかし
馬場もまだそれほど荒れていないようだし、ここは外から寄せてくる逃げ馬を見ながら内の好位で進められそうなダノンメジャーに期待しよう。

全6勝中5勝を挙げる1800mはベストの距離だし、小倉コースも2.0.0.1と得意。昨年の当レースが11着と大きく負けているのは気になるが、逃げて強いマルターズアポジーを追走する先行で終い脚をなくしたもの。近走のレースぶりから当時よりも安定して先行押し切りが期待できるだけの成長を見せていると考える。
心配なのは大きいところでイマイチ頼りない鞍上とハンデの56.5kgのみ。
初重賞制覇を期待する。

相手はスズカデヴィアス、ストレンジクォーク、サトノアリシア、ダッシングブレイズ、トリオンフ、ヤマカツライデン、ウインガナドルまで。

馬連7点で。
 
 
 
 

 
 
 
 
フェブラリーSはやはりサンライズノヴァ本命で行く。
 
昨日の白嶺Sを見てると差し追込はちょっと厳しい馬場のようにも思えるが、同じコースの500万クラスでは差し、差し、追込で決着しているし、ペース次第で後方からでも届くものと決める。
 
前残りになったら仕方がない。ここで予想を変えて結果サンライズノヴァが馬券になったときに大きく後悔するよりは開き直ろうと。
 
昨日の京都牝馬Sがデアレガーロ2着で的中したし、きっと今は好調なのだろうという自分を信じて馬券を買ってみる。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

京都牝馬S(2018) 予想

土曜京都メインは京都牝馬S。

外回りの芝1400mにちょっと距離が長そうなタイプと逆に足りなそうなタイプが集結してきた雰囲気だなあ~と思うのは私だけだろうか。

距離が1400mに短縮されて今年で3年目。ヴィクトリアマイルを目指す牝馬の始動戦という位置づけだが、去年のレッツゴードンキのようにここから高松宮記念に向かうというのも多く、今年もどちらかというとスプリント路線での活躍を目指す馬が集まっている感じだ。

しかし、どうもピンとくる存在がない。

去年のようなパターンならソルヴェイグとワンスインナムーンで決まりかという気もするが。
割って入ってミスパンテール。

これじゃ上位人気3頭、おもしろくもなんともない。
 
 
 
 

 
 
 
 
スプリンターズSを逃げたワンスインナムーンが2番枠でやはり前に行くソルヴェイグが3番枠と隣り合っているので前半案外早いペースになるかもしれない。
 
直線平坦な京都コース、しかも短距離なので多少ペースが早くても前に行った馬がそのまま押し切るというのは往々にしてあるが、昨年の不良馬場での開催を受けて今年は馬場も重たいし、しかも連続開催の最終週、穴を狙うなら外からの差し追い込みに賭けるというのはどうだろうか。
 
 
それならば。
 
10番デアレガーロ、7番サザナミはどうか。
 
2頭の複勝とワイド、または2頭軸3連複総流し。
当たる確率は相当低いと思うが、そんな遊びをするのもありかもしれない。人気どころの馬連2点くらいを押さえておいて・・・(笑)
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ダイヤモンドS(2018) 予想

前のエントリーで予想は変えないと思うと書いたのに、サンライズノヴァが大外になってちょっとう~むと唸っているw
連軸じゃなくて3連軸くらいにしておいたほうがいいだろうか(笑)
 

さて、土曜日の東京メイン、ダイヤモンドS。

おそらく1番人気に押し出されるフェイムゲームは大外14番枠。

府中の芝3400mは向こう正面の中ほどからのスタートで最初のコーナーまでは260mほど。
十分な距離とまでは言えない長さだからやはり外枠は少々不利になる、と考えたくなるが過去のレース結果をみるとけっこう7枠8枠も馬券になっている。3年前なんか枠連8-8で決着しているし(勝ち馬フェイムゲームでその時も一番人気w)

JRAサイトのコース紹介ページより

なのであまり気にしなくてもいいんだろうな。それよりも前走2着時から1.5kg増えるトップハンデ58.5kgをどう考えるかのほうがポイントだろうか。
しかしこれも2年前の同レースで大外16番枠ハンデ58.5kgで2着しているし、こちらもネックになるということはなさそうだ。
であれば、現在の調子、能力を単純に評価すればいいということになりそうだ。

ならばこのメンバーであればやはり馬券からははずしにくい。人気でも押さえざるを得ないだろう。

しかし、ハンデ戦で押し出されての1番人気を本命にしてもつまらない。

プレストウィック本命でどうだろう。

前走ステイヤーズSでは2着フェイムゲームから0.3差の3着。その時の斤量56kgから今度は55kgに1kg減。
対してフェイムゲームは57kgから58.5kgへ1.5kg増。斤量差は1kgから3.5kgに広がる。
枠も3番枠とフェイムゲームよりずいぶんとロスなく進められそうな枠順。ここで逆転して重賞初制覇、そして登録のあったオーストラリアのシドニーカップへと駒を進めてほしいものだ。

 
 
 
 

 
 
 
 
相手にはもちろんフェイムゲーム、次いでリッジマン(父スウェプトオーヴァーボードに違和感を禁じ得ないがw)の2頭を本線に、ハンデ戦でもあるし手広くいきたい。
 
内からホウオウドリーム、ソールインパクト、リッチーリッチー、レジェンドセラー、グランアルマダに大穴トレジャーマップまで。
 
馬連流しにするか、3連複流しにするか、相手を8頭も挙げているだけにちょっと悩むがどちらかで遊んでみたい。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

フェブラリーS(2018) 予想

焦点はゴールドドリームの連覇なるか、テイエムジンソクのGⅠ初制覇か。

多くはそんな予想になりそうなフェブラリーS。しかし穴党がそんな予想に落ち着くわけもなく。
 

東海Sであんな強さを見せつけたテイエムジンソク、逃げるにしても番手に控えるにしても緩いペースでは行かないだろう。先行馬には少し厳しい流れになると想像している。

ならばこのメンバーなら中団の後ろから運ぶことになりそうなサンライズノヴァに展開が向くのではないか。

武蔵野Sでは惨敗したが、ユニコーンSは2着馬に4馬身差完勝のコース、決して東京ダ1600を苦にするわけではない。
根岸Sではノンコノユメにハナ差敗れたが人気を背負って勝ちに行った結果差されたもの。
今度はゴールドとテイエムが人気は背負ってくれる。自分のタイミングで末脚を繰り出せるだろう。

展開面からはこれが本命に浮上すると考えている。
 
 
 
 

 
 
 
 
相手はどれか。
 
展開から差し馬を狙う以上はゴールドドリームは相手筆頭ということになるが、狙ってみたいのはインカンテーション。
比較的前に位置取りそうなタイプではあるが前半4F47.3-後半4F48.2という流れの武蔵野Sを番手先行で押し切り、2~3番手で先行できればしぶとく伸びてくる可能性もあるのではないか。
 
もちろんテイエムジンソクも相手には加えるが、他にベストウォーリア、サウンドトゥルー、ケイティブレイブ、ノンコノユメまで手広く押さえたい。
 
 
まだ枠順も決まっていないが、今回はそれほど枠順で予想が変わることもなさそうだ。
 
サンライズノヴァから、馬連流し7点。上手く嵌ってくれると嬉しいのだが。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

京都記念、共同通信杯(2018) 予想

共同通信杯

グレイルが断然人気になりそうだが、逆らうのは難しいだろうか。

ただ2戦2勝の内容を見ると、2戦とも極端な後継ラップを好位から上がり最速で押し切ったもの。

今度はレースを引っ張るコスモイグナーツがいて、他にも先行馬が揃っている。これまでのようなスローの展開は望めない。
それでも楽に好位から鋭い末脚で押し切るようなら一躍クラシックの有力候補に名乗りをあげることになるだろう。
はたしてそれだけの器なのか。ここは試金石。

それで圧倒的な一番人気になるのだとしたら、ここは逆らって相手筆頭の評価に留めたい。

本命はオウケンムーン。

新潟の未勝利戦は2着馬を6馬身突き放すレコード勝ち、続く500万は我が期待馬ヴェロニカグレースを1馬身半退ける完勝。
そんな勝ち方をしているなら初の重賞挑戦もすんなりと突破してほしいという願望を込めて。

対抗にはやはりグレイル。前走京都2歳Sで2着に下したタイムフライヤーはその後GⅠホープフルS勝ち。それを考えれば対抗以下には落とせない。

以下、近年共同通信杯に強いサドラーズウェルズの血を持つアメリカンワールドを3番手、ゴーフォザサミットを4番手に取り上げ、押さえにサトノソルタス、コスモイグナーツ、ステイフーリッシュまで。

馬券はオウケンムーンからグレイルを本線に、他5頭への馬連流し6点とオウケンムーン1着固定、2着にグレイル、アメリカンワールド、ゴーフォザサミットの3頭を置いた3連単流し15点を少しだけ。
 
 
 
 

 
 
 
 
京都記念はやはりレイデオロが強いのだろう。
 
しかし、それでは馬券はつまらない。
 
ここは展開利を願ってクロコスミアからの馬連流し。
 
相手はレイデオロ、アルアインの2頭を筆頭にディアドラ、クリンチャー、モズカッチャンまでの馬連5点。
 
ここは万が一のレイデオロが3着に取りこぼしてくれることを期待しての均等買いで。
 
ハマってくれるといいのだが。。。
 
 
 
では、今から小倉に向かって2泊の遠征に行ってきます。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!