日経新春杯、固い決着で出る幕なしだったw


日経新春杯は完敗。
ヤマカツライデン、もっと離して逃げると思ったんだけど案外早く捕まってしまい見てても全然おもしろくなかったなあ。

ゴール前のミッキーロケットとシャケトラの叩き合いは見応えのあるものでしたけどね。
強い馬が強いレースをした穴党には出る幕のないレースでした。

ところでシャケトラって名前、なぜ鮭・虎なのと思ってましたが違うんですね。
イタリアの幻のデザートワインの名前だとか。
確かにどうして鮭と虎なんだよ!と言いたくなる名前ではありますが、金子オーナーがそんな珍名馬にするはずもなく。

小田切馬なら絶対「鮭虎」と信じて疑わないんだけど(笑)

しかし1000万を勝ち上がったばかりでハンデ戦とはいえ重賞であのレースぶりですから、これは良いところまで行きそう。

まだキャリア5戦。
いまだ馬券圏内をハズシていないですし、今後も人気になりそうなタイプで堅実に走るとなれば穴党にとっては嫌な存在になりそうな気がします。

 
 
 

 
 
 
怒涛の実質4日間開催も終わり、今週末からは通常モードに戻るはず。首都圏では金曜日に雪の予報が出てるのがちょっと心配ですが。
 
2014年の1回東京開催が満足に土日の競馬が行えなかったという記憶がありますが、今年はもうそういうことのないように祈るばかり。
 
代替開催で競馬をやっているとなると気になって仕事も捗らないし、中途半端に馬券に手を出すとだいたいやられるし、あまり良いこともないですから(笑)
 
 
 
今夜にはまたすぐに追い切りをチェックして、明日には出走馬も確定。
なんだか慌ただしい一週間になってしまっていますが、いつものペースで週末の競馬に取り組めるようにしたいものです。
 
な~んて思いましたが土曜日は結婚式に出席しなくてはいけないのだった。
結婚式参列なんて何年ぶりだろ。。礼服用のシャツ、あったかな?
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

日経新春杯(2017) 予想


雪の影響を大きく受けた先週の開催。日曜京都が中止になって火曜日の代替開催になり、出馬投票もやり直して枠順もガラッと変わって行われることに。

今年の冬はこれからも雪で中止、代替開催がありそうな気がします。
2014年の東京開催なんて中止・代替だらけでまともに開催がなかったような印象さえあるのですが今年そんなことにならないことを願うばかりです。

さて、日経新春杯。

雪の似合うレースではあります。テンポイントが66.5kgを背負って出走し骨折したときも雪が舞っていた記憶。
翌日の一般紙の一面にテンポイント骨折の記事が載っていたことを子供ながらに覚えています。悲しかったなあ・・・

それはさておき。

出走馬に変更はありませんが枠順はガラッと変わりました。

この枠順なら、という攻撃的な?予想になりましたw

本命◎は2番ヤマカツライデン

前走の京都大賞典はキタサンブラックを意識したのか後続も離れず付いていけるスローの逃げで、結果苦手な瞬発力勝負にしてしまい8着敗退。

今回は他に逃げる馬もいませんし、今度は後続に脚を使わせるような逃げで消耗戦に持ち込んで能力をフルに発揮するレースをしてくれると見ます。

元々逃げてしぶとい脚を使って粘り切るのが得意の戦法。このメンバーで55kgの斤量なら粘り切るだけの力はあると思いますし、お誂え向きに人気になりそうなミッキーロケット、シャケトラは中団で牽制しあうパターンも十分に考えられ、展開は向くと思います。

幸い枠順も当初の7枠11番から2枠2番と絶好枠になりましたし、これはヤマカツライデンにいい風が吹いてきたのではないでしょうか。

おそらく人気は5~6番人気くらい。

相手は手広く5番ミッキーロケット、3番シャケトラを本線に、14番レーヴミストラル、1番トルークマクト、8番モンドインテロ、9番レッドエルディスト、4番マドリードカフェ、11番アドマイヤフライトの8頭に馬連3連複で。

仕事もあるのでそんな馬券を出勤前に投票してレース結果を待ちます。
 
 
 

 
 
 
そして今週末には早くも中山京都の1回開催も最終週、中山ではアメリカJCC。
 
ゼーヴィント、ミライヘノツバサ、リアファル、タンタアレグリア、シングウィズジョイ、クリールカイザーと4歳勢や牝馬・古豪と個性的なメンバーがスタンバイ。
 
なんだか休む間もなく競馬が続いて、変則開催は終わったはずなのに、変則開催が続いている感じになります。
 
だらだらと馬券を買ってると間違いなく負けるのでw、メリハリつけて楽しみたいと思います。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

モーリス引退式と、2着馬がわからない一日


2017年1月15日、中山競馬場。

急遽、モーリスの引退式が最終レース終了後のパドックで行われることになり、寒いからなかなか中山に行くのも億劫な時期ですが勇んで行ってきました。

行くからには朝からレースも楽しもうというわけでいつもの友人と馬頭観音前に9時半に待ち合わせ。

9時15分ころに到着した私はまず引退式の記念撮影抽選券をもらって馬頭観音へ。
すぐ近くにポニーが2頭お出迎えをしていたのでパチリ。

とにかく寒い一日で中京競馬、京都競馬は雪のため中止。
寒い寒いと文句を言いつつも中山は快晴でいつも通り開催されることに感謝しつつ、いつもは一般席派の私たちもB指定席に潜り込みました。寒かったからねw

1レースにはスクリーンヒーロー産駒サンクララが出走するということで、ここはモーリス引退式だからスクリーンヒーロー産駒が爆勝する一日になるだろうと勝手に決め込み、単勝と馬連流しを購入するもサンクララは5着。
△-無印-△の決着。

その後、4,5,8レースを購入したのですが△-無印-◎、▲-無印-◎、◎-無印-△という決着。

いい感じで荒れてて穴党の私には向いたレースが多かったと思うのですがまったくダメでした(笑)
グァンチャーレの出走したニューイヤーSではまった当たる気がしないのでグァンチャーレの応援馬券単複を買うと見せ場なく12着、メインの京成杯は1番人気を嫌った馬連6頭BOXにしたら1番人気コマノインパルスが強い勝ち方w
ここは2,3着馬は持ってたんですけどねえ・・・

そして最終レース。
ここにはモーリスの馬主吉田和美さんの馬サンタフェチーフが出ていたので注目してみると調教が馬なりで抜群の時計だったので本命に。
堀厩舎の1番人気馬を厚めに馬連流しを購入。

すると直線外からすんなりと11番サンタフェチーフが抜け出し先頭に。
2着争いには10番人気12番コウキチョウサンが馬群から伸びてきたところ、さらに1番人気7番ブライトバローズが差してきた。
どちらも持っていたのでここは当然「そのまま!」と絶叫しましたが、残念ながらハナ差でブライトバローズが2着に。
コウキとの馬連だったら160倍あったのになあ・・・

でも、なんとかボウズは免れてwモーリスの引退式へと向かいました。
 
 
 

 
 
 
パドックに行くと寒い中思ったよりもずいぶんとたくさんの人が。
 
やっぱりファンの多い馬だったんだなあとつくづく思う。
 
スマホのカメラで写真を撮ってましたがあまり綺麗には取れず。
こういうのがあるとちゃんとしたカメラ欲しいなあと思う(笑)最近はプロというわけではなさそうな女性でも立派な一眼レフを持って競走馬、レースを撮ってる人も目につくけどそうしたくなる気持ちはよくわかりますね。
 

 
↑自分が撮ったなかで一番マトモそうなのがコレ(む~)
 
そして記念撮影抽選券、残念ながら私はハズレてしまったのですが当選した30名の人達は10人ずつモーリスと一緒に写真におさまり、そのあとそれぞれモーリスを撫でさせてもらっていました。
 
羨ましい!場内からも羨ましがる声がアチコチから。
けっして馬に慣れているわけではない人たちにも素直に撫でられているモーリスは賢い仔なんだろうなあと思わせてくれる姿。
 
モーリスは人参が入ったカゴを目の前に出されて躊躇なくかぶりついたり、関係者の人から貰った人参をボロボロとこぼしながら嬉しそうに食べていたり。
王者の風格を見せながらも可愛らしい部分もたくさんファンに見せてくれました。
 
ジェンティルドンナやオルフェーヴルのようにレース後の引退式というのもいいですが、こういうファンと近い場所での引退式というのも何だかホンワカとした良さがあったなあと思いました。
 
残念ながら記念写真撮影には当たりませんでしたが、吉田和美さんのメッセージの書かれたカードとモーリスの人形を貰って帰ってきました。
 

 
馬券収支はマイナスでしたが、いい一日だったな。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

愛知杯、狙うなら人気薄の逃げ先行馬かなあ


今週から第1回中京開催も始まり3場開催。2017年も本格化といったところ。

その中京開催の初日を飾るのは牝馬限定のハンデ戦愛知杯。
メンバーを見ると前にも書きましたが重賞惨敗組vs条件戦好走組といった様相。
なんとも狙いの絞りにくいメンツで全頭BOXにでもしないと当たる気がしませんw

過去10回の単勝平均配当が1808円という如何にも牝馬限定ハンデ戦という荒れ具合のレースですし、もしかしたら全頭の単勝を買ってもペイしそうな気さえします。

牝馬は格より調子という格言もありますし(そんなのあったか?)、ここはコースの特徴を踏まえて展開が向いて、かつ好調な馬をピックアップするのが的中への道じゃないかと決めつけてみます。

[コース図]

上のコース図を見てもらってもわかるように2000mのスタートは直線坂が始まってすぐの地点。
坂を登ったあとも向こう正面中程までなだらか上りになっているので、前半早くはなりにくいコース形態。
残り1000mの手前から直線に入るまでは下りが続くのでここでピッチが上がるものの、直線では中山並の急坂が待ち構えているため前半スローになりやすいものの上がり時計も意外に掛かるタフなコース。

これから天気が崩れて馬場も悪化するであろうことを考えるとある程度前目の位置で競馬をできるタイプを上位に考えたい。

出走馬を見渡したところ先手を主張しそうなのはプリメラアスール。この枠順ならば無理なくハナを取れそう。
 
ハンデも52kgと手頃だし、スローだったとは言え前走GIで勝ち馬に0.5差5着しているだけに楽に逃げられるようなら頭までありそうな存在ではある。

京都外回りよりも長い直線があることから中団から進めそうな人気どころはじっくりと構えそうなので、人気薄の前残りには特に注意をしたい。

4枠の2頭ウインリバティとプリメラアスール、それに3連勝中の7枠12番クリノラホールは押さえておきたいところだと思う。

軸をどれにするかというのはなかなか決めがたいが、前走阪神の内回り2000mで好位から押し切ったクインズミラーグロあたりが良いのかなあ。。。

馬番で1,5,6,7,10,11,12,14の8頭を上手いこと組み合わせて買おうかと今のところは考えている。
馬連8頭BOXでももしかしたらイイのかもしれないとも思うけど(トリガミ覚悟w)。
 
 
 

 
 
 
土曜日のスクリーンヒーロー産駒は5頭。
 
ですが、そのうち3頭は中京での出走。
愛知杯について考えておいてなんですが、雪で中止の可能性もあるんですよね~。
 
中山は問題なく開催されるでしょうが、中京・京都は微妙な雰囲気。
どうか雪で中止、月曜日に代替開催とならないことを祈ります。
 
 
確か去年?一昨年だっけ?
2月の東京開催が立て続けに雪で中止になって代替開催になり、そのときは東京開催があった感じがしない年があったことを思い出します。
 
やっぱり月曜日や火曜日の開催になってしまうとあまりレースを見ることもできないですしねえ。
 
無事に開催されることを祈ります。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

モンサンレガーメ 米3冠レース登録


キタサンブラック、春は大阪杯→天皇賞春→宝塚記念というローテーションだそうで。
王道ですな。

昔、テイエムオペラオーが1年間古馬GIを総ナメした時、確か秋の3戦(天皇賞秋、JC、有馬記念)をすべて勝ったら報奨金1億円とかあったと思うんだけど、今度の春の3戦ではそういうのはないのかな?

それとカトレア賞勝ちのモンサンレガーメが米国3冠に登録するとか。
ケンタッキーダービー出走権を争うポイントシリーズで一歩リードしてる同馬が次走ヒヤシンスSで出走権を確定したら鞍上・木幡巧也で遠征する予定だとか。

これはなんだか凄く嬉しいニュース。

日本馬の海外挑戦で鞍上が武豊と外国人騎手ばかりじゃつまらないよね。
もっと若手騎手にも良い経験を積ませてあげたい。
木幡巧也はJRA賞で最多勝利新人騎手を受賞してる期待の若手。
どんどん良い経験を積んでほしいし、巧也で行くと決めてくれた馬主さんや調教師の気持ちがとても嬉しい。

今日イチ嬉しいニュースだ。
 
 
 

 
 
 
今週の出走馬も確定したのでスクリーンヒーロー産駒の出走予定をチェックしているのですが・・・
 
土曜中山6Rの新馬芝1600mにサンオースティン(母父ネオユニバース)が出走予定なのですが、鞍上が二本柳壮騎手。
 
う~ん、、、どうなんでしょう。鞍上を見る限りあまり期待はされてないんだなという感じが伝わってきてガッカリ感半端ないんですが。
 
絶対人気はないだろうなあw
 
 
他にスクリーンヒーロー産駒の出走は、
土曜中山1R未勝利ダ1200m ヴィアグローリアス
土曜中京3R未勝利ダ1200m キンシノスパーク
土曜中京6R500万ダ1200m ミスズスター
土曜中京12R1000万ダ1200m ウインオスカー
日曜中山1R未勝利ダ1200m サンクララ
日曜中山10RニューイヤーS芝1600m グァンチャーレ
 
日曜中山ではモーリスの引退式もありますし、サンクララ、グァンチャーレには特に頑張ってもらいたいなと思ったりします。
 
グァンチャーレなんかはけっこうチャンスあると思うんですがどうでしょうか。
願わくば内目の枠を引いてくれるといいなあ。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

ホワイトフォンテンで競馬の虜になった男の日記